壮大な無駄の社会的実験 

数日前、「くすりの福太郎」に引き続き、イオン系列のCFSコーポレーションでも、服薬記録の未記載が発覚した。8万件弱あったらしい。両社が不正に得ていたと思われる診療報酬(薬剤服用歴管理指導料)は、単純計算で1億円になる。この様子だと、他の調剤薬局も同じように未記載で、診療報酬だけ請求していた可能性が高い。

厚労省は、それでも動く気配がない。動くと何かまずいことが露呈するのだろう。恐らく、今春にも行われると言う、薬局関係の診療報酬改定でバッサリこの指導料を減額することで、済まそうとしているのではないだろうか。大甘である。

医療機関であれば、このような不正請求があれば、即刻、監査の上、保険医療機関指定取り消し、さらには詐欺罪で刑事告訴もありうる。

調剤薬局が、服薬記録によって得られる指導料の算定要件は以下の通り。

~~~

薬剤服用歴管理指導料は、患者に対して、次に掲げる指導等のすべてを行った場合に処方せんの受付1回につき41点(410円;ブログ主)算定する。ただし、ハを除くすべての指導等を行った場合は、所定点数にかかわらず、処方せんの受付1回につき34点(340円;ブログ主)を算定する。(ブログ主;行政の個別指導で、服薬記録の記載が問題にされなければ、調剤薬局は、すべての患者に対して41点を請求するはずだ。)

イ 患者ごとに作成された薬剤服用歴に基づき、投薬に係る薬剤の名称、用法、用量、効能、効果、副作用及び相互作用に関する主な情報を文書又はこれに準ずるもの (以下この表において「薬剤情報提供文書」という。)により患者に提供し、薬剤の服用に関して基本的な説明を行うこと。
ロ 処方された薬剤について、直接患者又はその家族等から服薬状況等の情報を収集して薬剤服用歴に記録し、これに基づき薬剤の服用等に関して必要な指導を行うこと。
ハ 調剤日、投薬に係る薬剤の名称、用法、用量その他服用に際して注意すべき事項を手帳に記載すること。
ニ 患者ごとに作成された薬剤服用歴や、患者又はその家族等からの情報により、これまでに投薬された薬剤のうち服薬していないものの有無の確認を行うこと。
ホ 薬剤情報提供文書により、投薬に係る薬剤に対する後発医薬品に関する情報(後発医薬品の有無及び価格に関する情報を含む。)を患者に提供すること。

~~~

要するに、投与薬剤の一般的な説明、服薬状況の確認、後発薬について情報提供である。こういっては何だが、患者の病気の個別の状態を把握しての指導等、手間と専門性が必要となる指導では決してない。一言二言言葉を交わすだけで済みそうな内容に思える。

で、服薬記録の記載を常態として行っていなかったとなると、こうしたお題目が殆ど意味のないものであることが露呈されたといえる。院外処方制度が開始されてこの方、この指導が不十分なために何か大きな問題が起きたということは少なくとも表にはなっていない。

ということは、院外調剤制度の意味がないことを、院外調剤薬局自体が証明している、ということではなかろうか。壮大な無駄の社会的実験である。

それにしても、この問題に対して行政がすぐに動かないのは解せない。背後に何があるのだろうか。院外調剤薬局の梯子が外されるのか、それとも何か別な意図があるのか。いずれにせよ、国民が本来ならば怒らねばならないのだが・・・世論はあまり動かない。

天下りが増えている 

官僚の天下りが、日本社会を劣化させ不必要な公金を垂れ流すもとになっている。

社外取締役の増員を進める、という。社外の「識者」の意見を取り入れて、企業の経営に透明性と効率性をもたらす、といった表向きの理由があるのかもしれない。が、実態は、天下り先を増やすことにあるという。

以下、日刊ゲンダイから引用~~~

安倍政権が成長戦略で企業統治(コーポレート・ガバナンス)の強化を打ち出したことを受け、東京証券取引所は24日、上場企業に対し、社外取締役を選任する規則を公表した。6月にも出す「企業統治指針」に盛り込む予定で、東証1部、2部企業は「2人以上の社外取締役」を置かなければならなくなる。政府のゴリ押しに企業側は悲鳴を上げているが、霞が関は大歓迎だという。

引用終わり

最近、厚労省も社会福祉法人の評議員(会)を充実させる方針を打ち出した。評議員には、地域の人間、学術経験者を入れるともあるようだが、結局、地方公務員、ないし厚労省の地方出先機関官僚の天下り先にされるのではないだろうか。社会福祉法人に対する批判的なニュースがこのところ度々出ていたが、それは、こうした天下りをもっとたくさん入れろという官僚の圧力だったのかもしれない。

しばらく前、国立大学が、法人化される時に、やはり評議員会が形成され、そこに天下りがどさっと入り込む、という話を聞いたことがある。

こうした評議員、理事等に、どれだけの官僚が天下りしているのか、天下りによって、様々な公的資金の援助が増えているということがないのか、少なくとも公表すべきだろう。

Rick W7KNG、萩本欣一さん 

今朝も21メガが北米に良く開けていた。こんなに良いCONDXが続いてよいものだろうか、あとのリバウンドでの落ち込みが怖いなどとたわいもないことを考えつつ、CQを叩いた。ペンシルバニアのK3BVQ、今朝は579で強い。以前5WのQRPで運用していた時に交信したことがあったので、あれからQROしたのか尋ねた。いや、5Wのままだと言う。アンテナはダイポール。その設備でこれだけの信号強度が得られるのであれば、確かにアンプは不要だ。

Rick W7LNGは、S9+である。以前交信したおぼろげな記憶。彼は、私の年齢まで覚えていてくれた。私よりも、2か月だけ若い。PCログにはヒットしなかったので、最近3年間は交信していないはずだ。QRZ.comの彼のページをめくると、オペラのテノールで歌う彼の画像があった。シアトルオペラ・・・プロの団体なのだろうか・・・で、魔笛に出演したときのものらしい。ただ、歌手としての限界を感じて、60歳で歌うのを辞めたらしい。声量の問題なのかと尋ねたら、高音域がでなくなるためとか。確かに、人体を楽器とする声楽では、声帯の老化は避けられず、声楽の第一線で活躍する時間は長くないのかもしれない。だが、年齢を重ねると、人生の機微を知り、表現に幅が出てくるものだろう。是非、歌い続けられるようにお勧めした。そうだね、少し声量を落として、歌おうかと言っていた。若い美人の奥様は、イタリア人だそうで、ピアニストでもある由。伴奏者が身近にいるのは羨ましい限りだ。

私のチェロを彼の歌と比較するのはおこがましいのは良く分かっている。が、老化現象により、早いパッセージで指が回らなくなる、少し根を詰めて弾くと手や腕に疲れが生じやすくなっているのを感じる。しかし、このところ音階練習を繰り返す、曲を弾くのと同じ時間またはそれ以上に続けることによって、音感が向上し、またハイポジションでも音が取れるようになっているのを感じる。今まで、第一ポジションであっても、運指によっては、いい加減な音程になっていることも分かってきた。劣化との時間の戦いの様相もあるが、悲観的にならずに続けることだと改めて自分に言い聞かせる。

楽器演奏とは違うが、役者の萩本欣一さんが73歳で、某大学の仏教学部に社会人入試で合格したそうだ。受験にむけて英語を一生懸命勉強したらしい。素晴らしいことだと思う。私の歳でも本を読んでどれだけ記憶に残るか悲観的になることも多いのだが、70歳過ぎて勉強する、その意気が素晴らしい。楽器ともども、語学や、社会科学、哲学を勉強し続けようと、改めて思った。若いころは、何事かを形として残す・・・受験、医師の資格等々・・・ための勉強であったが、今は、純粋に知的好奇心とより良い社会を次の世代に残すための勉強である。すぐには結実させる必要はない。これほど自由に知的な世界に遊ぶことができるということは今まではないことだった。恵まれていることだと改めて思う。 

愉しめた交信と、認知症予備軍と 

ここしばらく、といっても数日だが、腰を落ち着けて朝の21メガで北米相手の交信が十分できなかった。今日は、特に予定もなし。少し遅かったが8時半くらいから、コーヒー片手に21メガに居座った。JA1KIH TAKAさんも聞こえるが、あまり呼び手がいない様子。14メガに降りたりしたが、満足のゆく交信相手がいない。21メガに戻って、W1AWをモニターしてみると、S9で聞こえるではないか。

改めて、CQを何度か出すと、John K3TNがコールしてきてくれた。強い。599だ。少しエコーがかかっている。リモートコントロール特有のキーイングの乱れがあり、K4VVからリモートに運用していることが分かった。雪が大分降った様子。学校の先生をしている奥様が、雪が降るのがいつも週末で、学校が休みにならないとぼやいているとのこと。雪が余り降らない方が良いが、次に降るときには、是非月曜日になるように祈ろうと申し上げた 笑。近々、アパラチア山脈のハイキングを楽しむ予定だとのことだった。その後、常連、Dan K2YWEがコールしてくれた。CONDXが少し落ち気味。あいさつ程度でお別れした。先週末もARRLコンテストでCONDXが絶好調だったらしいが、それが引き続き続いているようだ。

ただ、過日、7メガだったか、Rob N6KIXに呼ばれたときに、同時にN6**という局が呼んできてくれた・・・私はRobに応答したのは、確実に分かるはずだが、このN6**は、最後まで私との架空の交信を続けていた。N6**の方がわずかに強く、Robとの交信はオジャンである。N6**は、他人のコールを騙った意図的な妨害ではなさそうだった。確証はないが、ゆっくりしたCWで通り一遍の交信を続ける、他の多くの同様のオペレーションをする局と同じく、年配の方のようだった。こうした「妨害局」を何度も経験して、感じることは、彼らが老齢からくる認知症なのではないか、ということだ。多くの場合、彼らはコピーが満足にできない。また、たとえコピーできたとしても、その内容を理解し、会話を相手とする能力がないのである。高齢化がとくに進むCW界で、この現象は今後ますます進むことだろう。CWが老化を防ぐというのは、かなり楽観的な予測だ。現実は、このような運用をする局が増えてゆくのだ。それへの対策?何もない。自ら、その傾向が出てきたと思ったら、運用、少なくとも送信は手控えるべきだろう・・・が、それができるなら、世話ない。

599QSL式の交信を続けている方は、とくにこうした認知症オペの予備軍なのかもしれない。

バッハアンサンブル富山演奏会 

二日前の日曜から、昨日にかけて、富山市で行われた、バッハアンサンブル富山の演奏会に出かけてきた。詳細は、英文ブログの方に記した。

このアンサンブルのことは、磯山雅教授のブログで知った。磯山教授は、バッハ研究の大家であり、バッハの音楽について、該博な知識と深い理解を、簡明な言葉で語られる方だ。彼が、昨夏、このアンサンブル(アマチュアコーラス)を訪れ、マタイ受難曲について講演をなさった。それ以来、行きたいと念願してきた。

列車で北陸方面に行くのは初めて。越後湯沢の先、新潟の内陸部には結構な雪が残っている。

002-1_20150224130713e89.jpg

富山に近くなると、天候がよくなり、海は凪いでいた。この辺りは、車で何度か走ったことがある。

016-1_201502241307498bc.jpg

富山駅の手前、雪に覆われた立山連峰が美しく毅然とそびえていた。

035-1.jpg

演奏会に先立ち、磯山教授の短い解説があった。バッハの生きた時代と場所から遠く離れた富山で、この曲が初演されれるのは意義深い、この音楽で、バッハはイエスを殺した犯人を論い、非難しようとはしていない、むしろ我々の罪、不安そして苦痛をイエスが代わりに負ってくださったという福音を伝えようとしている、宗教的な文脈によらずとも理解し、共鳴できる、という話だった。

043-1_201502241309249af.jpg

演奏を一言で語りつくすことは難しい。ソロの歌い手に、少し難のある方がいた(具合が悪かったのか)。が、全体として、この大作にチャレンジし、歌いきろうとする意欲にあふれた演奏だった。ペテロの否認の場面、それに終曲ですべてのことに和解し、安らかに眠ることを祈る場面に思わず落涙する思いであった。

048-1_20150224131009fe2.jpg

出かけた甲斐があったというものである。

ホール近くのホテル。ロビーには、梅の花を用いたオブジェが飾られていた。

066-1.jpg

夕食は、ホテルのレストランでとった。演奏会の成功を祝して、一人祝杯を挙げた。

059-1_201502241311105a3.jpg

翌日、天気がよければ、レンタカーかタクシーで立山連峰を眺めに行きたいと思っていたが、あいにくの曇り空。霧で遠くが見渡せない。ホテルで帰りの電車がでるぎりぎりまで休み、帰路についた。北陸本線の「はくたか」は乗り心地が良く、眺めも良かったが、上越新幹線の「とき」の二階建て車両の一階は何も見えず最悪。高崎で途中下車、両毛線を使って、のんびりと帰ってきた。・・・最後に、昔の「てっちゃん」の顔を出してしまい、我ながら苦笑・・・。楽しい旅行だった。

日本人人質事件、一つの可能性 

TBSラジオの番組で、日本人人質事件について社会学者の宮台氏が下記のように述べていた。

〇後藤氏家族が後藤氏の拉致が判明した時点で、後藤氏が入っていた捕虜保険に、ISISと交渉してもらおうとしたが、日本政府はそれを止めさせた。背後には、米国の意図があったようだ。

〇ヨルダンに捕らえられていた死刑囚と後藤氏との交換を、ISISが持ちかけてきた時点で、ISISに捕らえられていたヨルダン軍捕虜の生存の確認を求めた。が、この時点で、その捕虜はすでに殺されていた。

〇ヨルダンは、ISISと交渉する際に、ヨルダン軍捕虜が殺されていたことをすでに知っていた。さらに、ヨルダンがそれを知っていたことをISISは知っていた。そのために、同捕虜の生存確認を持ち出してきた時点で、ISISはヨルダンに交渉の意思がないことを理解し、後藤氏を殺害した。このヨルダンの動きの背景にも米国の意思があった。

容易に信じがたい経過だが、可能性としては十分ありうる。1月20日、日本政府がようやく動き出した後、安倍首相が「極めて厳しい状況だ」と繰り返すのを、私は訝しく聞いていた。このシナリオ通りだとすると、彼がそのように繰り返し述べたことも納得が行く。

やはり、こうした状況で、安倍首相が中東にでかけて、「ISISとcontted withする国々に援助を行う」と述べたことは、軽率であった。日本政府が、何時からどの情報を知っていたのか、今後の危機管理の問題もあるので、明らかにすべきだろう。

国際関係のなかでは、一人や二人の国民の生命はないがしろにされる、ということだ。

南京大虐殺 

産経新聞が、南京事件の「再検証」を始めたらしい。そのものを読んでいないが、旧日本軍の兵士の証言から、南京大虐殺はなかったという趣旨の論陣を張っているようだ。これは、これまでの歴史学的な合意に明らかに背くもので、修正主義的な報道である。旧日本軍兵士だけの証言で、記事を構成するとしたら、片手落ちであることは明らかであろうし、確実な証拠はないはずだ。このようないい加減な記事が、過去からの亡霊のごとくに全国紙に載ること自体日本人として恥ずべきことだ。

南京事件については、殺された中国人の人数については議論が残るが、虐殺自体があったことは、歴史のコンセンサスである。日中いずれからも距離のある外国人の遺した記録に基づいて書かれた、笠原十九司著「南京難民区の百日」を読んでみるが良い。記録者は、当時南京に滞在していた宣教師、研究者それにジャーナリストたちである。中には、ナチ党員であるドイツ人もいる。

南京への日本軍の攻撃は、軍部の独断で決められ、上海を攻撃した予備役兵の多い軍隊が回された。兵站の補給が乏しく、「現地調達」という周囲の農村の人々からの略奪で、兵士は飢えをしのいでいた。当時の日本のマスコミは、どの部隊が南京を最初に攻略するかを煽り、日本国民もそれに応じていた。規模で勝る日本軍は、ほどなく南京に攻め入るが、多数の市民・敗残兵が城壁で囲まれた限られた空間に残されていた。そこで、如何なる地獄絵が繰り広げらたか、読んでいて息をのむ。難民区で中国人のために奮闘した宣教師は、戦後自殺を遂げた、という。そのエピソードから、この本は始まる。

自虐史観だなとと誤魔化さずに、まず事実を知ることだ。そこから始めないと、本当の隣国との融和は始まらない。

BPL実験局に免許 

米国のFCCが二つの短波帯のBPL実験局に免許を付与した、との記事。バンド帯域は、広いもので1MHz。3.5から14メガの全アマチュアバンドがカバーされてしまっている。出力は50W。ほかの通信に妨害を与えたら、直ちに送信を止めること、という条件付きらしいが、産業化、実用化されると、力関係では、アマチュア無線は不利になる。

短波を用いたアマチュア無線、一体どうなるのだろうか。

記事は、こちら

一期一会 

春のCONDXというと、西半球に良く開ける印象があるのだが、今年は北米が、どのバンドでも良く聞こえる。陽が落ちるころ、7メガで東海岸が、ひそやかな信号で聞こえていた。

今朝、21メガでとある北米中部の局を呼ぶが、応答なし。そこに、Pete K4EWGが、さっと割り込んで呼んでくれた。ベアフットだと言うが、十分な強さ。今年になって初めての交信だ。彼は、新しい受信機を製作中である由。すべてメタルGT管で、メカフィルを装着しているらしい。中間周波段を手掛けている、とのこと。メタルGT管というと、1950年代に盛んに用いられた真空管か。大き目なので、配線するのは楽かもしれない、などと下らぬコメントをした。アナログの機械でどんな音がするのだろう。奥様が、私がチェロを弾き続けているのかと、尋ねている由。バッハの無伴奏を少しずつ毎日練習している。負け戦のチャレンジだけど、と半分本音を言う。覚えていてくださって、ありがたいことだ。ある程度弾けるようになったら、Youtubeにアップして、urlを送るから、笑ってほしい(というか、笑わないでほしい)と申し上げた。

そのあと、すぐにJim W6YAから呼ばれた。強い。僅かなエコーを伴いつつ、どっかんと入感する。太平洋に面したロケーションからいつも強い信号を送り込んでくる。リタイアして、最近は、天体写真を撮ることに凝っているらしい。サンディエゴ近郊の彼の町では、夜間の灯りの「汚染」があまり良くはないのだが、星雲を撮影しているようだ。3月に、以前手術したのと反対の足の膝関節の手術だそうだ。すぐに、海岸を走れるようになる、と申し上げた。彼には、リタイアしたら、自宅から外にできるだけ出た方が良いと言われた。正にその通りだ。30分後には、娘さんのご家族、特に初孫とスカイプだと言って、楽しそう。

21メガは、こちらの朝遅くまで北米に開けている。その後、2,3局と交信して、今日はお仕舞。この太陽活動極期のCONDXも何時まで楽しめるだろう。一期一会のCONDXと交信である。

農協改革という名の農業グローバリズム化 

農協改革を、と政府は急に言い出した。中身は、我々、農業、農業政策に携わらないものにとって、良く分からない。農協は、55年体制の産物で、農業を安定化させ、さらに自民党の集票組織として機能してきた。組織は、かなり疲弊しているという話を耳にする。人事などが、コネで左右されている、ということだ。何らかの「改革」が必要な組織ではあるのだろう。

だが。政府が目指す農協改革、というか農業制度の変更は、どうも内実は、農業の株式会社化、グローバル化を促すもののようだ。我々、非農業人が分かる範囲では;

〇全中という農協の中央組織を実質的に潰す積りのようだ。農協も独占的な地位を失うことになるのだろう。

〇農業の大規模化を進め、株式会社の参入を促す。中小農業は、存続しえなくなる。特に、米農家の打撃は大きい。

〇この「改革」の要望者は、国民でも、農業人でもなく、「規制改革会議」である、ということ。背後には、米国が控えている。

これが、真の改革なのか、疑わしい。結局、規制改革という名の、重要な社会的共通資本の一つである農業の、グローバル企業への移譲なのではないか。規制改革会議は、結局、経済界の要求を政府につきつける組織になっている。

農業というのは、その土地、国でしか行えぬものだ。グローバル化とは相いれない。日本には、日本の農業の特性がある。また、国民の生命の安全保障に直接結びつく。消費者としては、農産品が安くなったと喜んで、この「改革」を受け入れるのだけは止めたいものだ。農業の健全かつ安定した発展に寄与する改革でなければ、この「改革」には否というべきなのではないか。

規制改革会議の次の標的は、労働法制、そして医療制度だろう。ともに、利潤追求の論理だけで扱えぬ領域だ。

こうやって、我々の生活に密接に結び付く社会の基盤となる制度が、利潤追求の対象にされてゆく。どれほど国民の生活が貧しくさせられることだろうか。