選択療養制度という名の混合診療 

選択療養制度という新しい呼称の混合診療を、規制改革会議が提唱、安倍内閣も「成長戦略」の一環として、それに乗る気配である。こちら

厚労省は、医療の安全が担保されぬと躊躇するそぶりを見せているが、恐らくは、TPPで米国から混合診療の大幅な解禁を政府が迫られており、その意向を組み、自らの利益にもなると考えた財界が、こうやって主導しているに違いない。

これだけ国家財政が厳しくなってきたからには、市場原理を医療に持ち込み、国民負担を大幅に増やすことは致し方ないのかもしれない。公的保険診療が実質的に混合診療化されてしまっている現実もある。それを追認し、さらに混合診療を進めることになるのだろう。

保険者が反対しているようだが、彼らは、混合診療により保険者負担分が増えることだけを危惧しているに過ぎない。混合診療が大きく拡大し、保険者の負担が減ることになれば、決して反対しないはずだ。

混合診療については過去に数限りなくアップしてきたが、ここで再びまとめておこう。混合診療が、患者のためになるというのは、嘘っぱちである。確かに、医療の選択肢が増えるかもしれないが、それはベラボウな経済的負担を負うことと引き換えである。

医療・医療保険というものは、市場原理に本来なじまない。生命にかかわることになると、経済原理が通用しない。すなわち、生命にかかわることになると、人の多くは、経済合理性を超えて経済的負担を負うことになるのだ。そこに営利企業がからむと、医療は天井知らずの「成長産業」となる、即ち社会的弱者である患者はそうした企業からむしりとられることになるのだ。混合診療によって選択肢が増えるのは、ごく限られた裕福な人々だけである。大多数は、公的保険による限られた医療資源を利用できるだけとなる。生命にかかわる病気にかかると、その治療のために全財産を払うことを余儀なくされる。

医療提供サイドから言えば、民間保険資本が自己診療分に参入してくることで、利潤追求を第一義とする彼らとの交渉に手こずらされることになる。また、中小医療機関は、保険資本などのからむ大きな医療機関グループに吸収されることになる。日本の場合、行政の力が強いので、行政による支配もさらに進むことだろう。混合診療によって、医療にバラ色の将来が待っているかのような幻想を抱いている医療者もいるが、それはあくまで幻想である。

規制改革会議で、財界人が、「国民のために」混合診療を推進しようというのは、奇異な風景である。彼らの念頭にあるのは、利潤追求だけであるから、だ。さらに、政府が混合診療を「成長戦略」に据えるのもおかしなことだ。混合診療は、国民の富を米国の保険資本に差し出すことに他ならないからだ。「国民のために」「成長戦略として」というスローガンは、嘘である。


一期一会 

このところ、CQを出しても、応答がない。先週末、コンテストが二つ開かれていたことがあり、日中、様々な時間に、国内狙いで7メガでCQを10回以上出した。だが、応答はない。普通の交信を楽しむ人々が、殆ど絶滅しかかっているのだろうと改めて思った。

今夕、14メガでAE5KC Martinに呼ばれた。もともとメキシコの出身だそうで、家族に会うためにメキシコにでかけ、ダラスまで戻る途中だとのことだった。モービル局である。ダラスまであと3時間のドライブ。少し休もうと思い、停車したとのこと。休むのであれば、お邪魔してはいけないと、早々にファイナルを送ろうとした。すると、こちらの時刻は何時かと尋ねてきた。午後3時過ぎだと答えた。あちらは午前1時とのこと。

Martin、長いドライブの途中で、異国のハムと交信することができ、何とはなく、去りがたい心境になっているように聞こえた。それも理解できる。無線を通して、交信するということは、まさしく一期一会なのだ。彼がそのように感じてていたかは分からない。が、深夜、ドライブ旅行の休憩時に、小さな設備でアジアの私と声を交わすことができた、ということは、何らかの感慨を彼にもたらしたに違いない。一休みして、またダラスに向けて走るのだろう。仕事場に直行するらしい。短い時間でも十分休めるように、そして残りの旅程を無事走り切るようにと祈ってお別れした。

この交信の醍醐味は、599QSL式の交信では味わえない。だが、自分の楽しみ方をほかの方にアピールするのは止めよう。各々の楽しみ方で良いのだ。私は、これまで通りの楽しみ方で行くだけだ。

タミフルの抗インフルエンザ効果は限定的 

タミフルの効果が限定的であることを示すデータが、いろいろなところで公表されつつあるようだ。一方、鳥インフルエンザ感染症に対しては、唯一の切り札候補でもある。

健常人の通常のインフルエンザ感染には、タミフル等のニューラミニデースインヒビターを常用するのは控えるべきなのかもしれない。

下記の記事で取り上げられた論文には直接当たっていないが、他の総説でも同じ結論のものがあった。

備蓄薬のコスト、100億円の単位だろうか・・・。


以下、引用~~~


抗インフル薬タミフル「効果は限定的」 英医学誌など

記事:朝日新聞
14/04/11


 英医学誌BMJと世界の臨床試験を検証する国際チーム「コクラン」は10日、抗インフルエンザ薬タミフルを服用しても効果は限定的として、服用基準の見直しを世界各国の政府機関に求める声明を出した。

 英オックスフォード大のグループが、タミフルを製造するロシュ社(スイス)から臨床試験の未公開データを入手して分析した。

 グループによると、タミフルをのんだグループは、のんでいないグループに比べ、感染して発熱などの症状がおさまるまでの期間が成人では0・7日短くなった。しかし、未成年者の場合は有意な差がみられなかった。また、成人、未成年者にかかわらず、感染者が肺炎など重症な合併症を引き起こすのを減らす効果も確認できなかったという。

 タミフルは、インフルエンザの症状の軽減や予防に効果があるとされる。新型インフルエンザ対策として、国と都道府県は2013年時点で約5420万人分を備蓄している。

官僚利権国家 

独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)が、全国にある約60の社会保険病院等(社会保険病院、厚生年金病院、船員保険病院)の民間委譲を進めてきた・・・はずだった。が、いつの間にか、RFOがそれらの病院の経営の元締めになっていた。さらにRFOは、独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO:ジェイコー)と変わり、それらの病院の経営を積極的に推し進めるらしい。こちら。そのトップは、尾身茂氏である。彼は自治医大の一期生で、行政畑を歩いてきた、厚生官僚である。

病院を整理し民間に委譲する役目を担ってきた独法が、いつの間にか、病院経営を推進する独法に変わり、官僚の天下り先になるという構図である。準公的病院を、厚生官僚の天下り先、利権を生み出す組織にする、組織替えである

最近、こうした新たな厚生官僚利権の拡大が目立つ。

日本医療機能評価機構は、元来の医療機関・産科医療での利権だけでなく、医療事故調の機能も獲得しようとしている。医療機関・医師の、ランク付け、さらに医療事故に関わる利権の獲得組織の誕生である

専門医の総元締めの独法もできるらしい。日本専門医制評価・認定機構である。専門を持たぬという専門を新たに作り、すべての医師を網羅して、医師の偏在の解消も目指すらしい。案の定、厚生労働省はこの独法に予算をつけない。専門医の取得、更新の手数料で、独法を運営するらしい。学会とも一線を画すらしいので、卒後医師の人事・生涯教育を担う、一種の全国規模の医局組織の誕生だ

また、今春の診療報酬改定で、医療機関が受け取るべき、消費税に対応する診療報酬を基金化して、それを地域医療の推進のために使うことにした、とある。日医の現会長が提案した形になっているが、日本医療機能評価機構の初代理事長に日医の会長が収まったことを思い起こさせる。日医会長は、厚生官僚によって、うまい具合に利用されている。毎年数百億円規模の基金となる。本来は、医療機関が直接得るべき消費税分の金なのだ。この基金の多くが、地域医療のために用いられるとしても、結局は厚生官僚の利権の元になるはずだ。その事務方には、当然厚生官僚が居座るのだろう。いわば、言葉は悪いが、診療報酬のピンハネ基金の誕生である

こうしてみると、医師の卒後教育・人事から始まり、医療機関の評価、準公的医療機関の経営、地域医療、医療事故に至る、医療のすべての側面で、厚生官僚が利権をむさぼる構図が完成しつつある。

問題は、そのような官僚主導の医療制度がどこまで持つか、だろう。恐らくは、国家の様々な分野に、同じような官僚の利権構造が網の目のように張り巡らされているに違いない。そうしているうちに、国の経営は大きく傾きつつあるわけだ。

メガファーマの闇 

4月3日、スイスにあるノバルティスファーマの本社社長は、「日本の社員は、患者との関係よりも、医師を優先する傾向がある。欧米とは異なる。変革が必要だ」と語ったらしい。高血圧治療薬の治験データを改ざんして宣伝に用いていた問題についての発言である。

彼の発言の主旨は、日本支社固有の問題であること、日本の医療現場では医師が優先されていることの二点である。この発言の背後には、今回の問題は、日本の社会および医療制度固有の問題であって、ノバルティス社の問題ではない、ということだろう。

はたして、そうだろうか。

日本の医師が優先されているという言い方には、苦笑させられたが、医師全体をノバルティス社は敵に回したも同然である。同社の高血圧治療薬治験の問題を指摘したのは、そのほかならぬ日本の医師であったのだ。

ノバルティス社は、現時点でも、米国で医師への収賄が問題にされている、また、GSK社等と一緒に、中国でも、賄賂を送ったことが問題になっている。少なくとも、日本固有の問題と切り捨てることはできない。むしろ、グローバル企業としてのノバルティス社の企業倫理の問題と言えるのではないだろうか。

ノバルティス社は、1996年、ともにスイスの製薬企業の老舗であったチバガイギー社と、サンド社が合併してできた。医療用医薬品では2012年度には製薬企業として世界で最高の利益を上げたらしい。名実ともに、世界有数のグローバル企業である。

規模を拡大し、グローバル化をする企業の常として、内部留保を最大化し、企業買収によって、さらに規模拡大を目指す、いわば自動運動を始めることが多い。地道な研究活動をするよりも、その方が、利益を大きくする可能性が高いのだろう。そのような企業活動を続けていると、利益を最大化するためには、汚れた方法を取ることも厭わない、という会社の体質が生まれるのではないだろうか。

恐らく、ノバルティス社は、そんな指摘を受け入れるはずはないだろう。しかし、同じような問題を世界各地で起こしているのは事実。今回の問題を、日本固有の問題と片付けて恥じないノバルティス社トップの言動は、むしろこの体質こそが、ノバルティス社の一番の問題であることを示唆しているように思える。

ジャンドロンの弾く、バッハ無伴奏チェロ組曲2番 

最近、バッハの無伴奏チェロ組曲を、弾けるものからさらい直している。楽譜が、全音のもので、監修者はモーリス ジャンドロン。私が学生時代にはよくFM等で耳にした演奏者だ。最近は、あまり聴くことがない。ジャンドロンの指定、時にどうしてなのだろうと思うことがあるが、何度も弾き続けていると、その指定の意味が理解できるようになることが多い。

実際の彼の演奏はどうだろうと思い、Amazonで組曲一式w納めたCDを購入した。Youtubeにも、二番の三曲がアップsれている。



1960年代の録音だと思うが、輝かしい音で録音されている。テンポや、ダイナミックの変化は、最小限に抑えられ、正統なバッハが鳴り響く。現代の演奏家は、ときに奇矯なまでにテンポや、ダイナミックを揺らす。ジャンドロンは、バッハが本来そうあるべき通りに弾いている様に思える。アプリオリな演奏とでも言うべきだろうか。

旧い演奏者ということで、カザルスと、トルトゥリエも同じ曲で聴いてみた。各々古き良き時代、といってもロマンチックな演奏ではなく、堂々たる演奏を聴かせてくれる。でも、驚いたことに、カザルスはプレリュードで明らかに、譜面と違う音を二、三か所で弾いていた。何らかの根拠があってのことなのだろうか。トルトゥリエは、技術的に詰めの甘く感じられるところが少しある。この曲、二番に関しては、ジャンドロンが良い。

学生時代に、ジャンドロンの演奏は聴いたように思うのだが、これほどまでに印象には残っていなかった。今回、彼の演奏に再び巡りあえたのは、嬉しいことだった。

消費税の増税分は、全額社会保障に充てるという嘘 

消費税が今日からアップされた。政府は、税収増分5兆円を全額社会保障に充てると言っている。こちら

しかし、補正予算5.5兆円の使い道は、こちらである。社会保障には3000億円だけしか充てられていない。

税金で集めたお金に色がついているわけではないので、増収分を何に用いたかは分からない。補正予算は、一時的なものという議論も聞こえてきそうだが、税収の増額分とほぼ同じ補正予算額であるから、消費税増税が補正予算となって消える、ということだ。そして、補正予算の中に占める社会保障費は上記の通り6%弱に過ぎない。公共事業が、一時的な景気刺激効果しかもたらさないことは1990年代以降の自民党政権の景気刺激策で重々実証済みである。

補正予算の大部分は、公共事業の積み増しと大企業への刺激策だ。復興関連予算が多いとはいえ、被害者が待ち望む住宅建設等への予算は少ない。

政治家、とくに政府は、増税に関して嘘をつくべきではない。消費税増税を全額社会保障に回すとは、嘘っぱちである。

こうしたやり方が、国民の痛税感を高め、おそらく今後も必要になる増税を忌避する空気をもたらす。さらに、社会保障を充実させることによって、国内需要を高めることも無理になる

意図的な妨害局について 

つい、2、3日前、日没のころ、7026前後で北米の局と交信を始めた。勿論、始める前にはQRL?を打ち、その周波数が使用中でないことを確認した。その上下2,3KHzも使われていなかったと思う。ところが交信中に、短点と長点を連続して出す輩が、「ほとんど」ドンピシャに現れた。幸運なことに相手の周波数とは微妙にずれていたので、相手の局の打ってくることはしっかりコピーできた。一方は、インディアナからバーチカルなのにしっかり入感しており、なかなか良いCONDXだったのだ。

そのジャミングを出す局は相変わらず電波を出し続け、その内和文で何事かを打ち出した。意味不明な文章のようであったのと、米国の局をコピーすることに集中していたので、相手が何を言っているのかはよくわからず。交信中でなければ、いくら高速であっても和文で対応することもできたのだが、やはりこうした輩は無視するのがベストなのだろう。

何かお互いに理解しあえるバックグラウンドがあれば、議論にもなろうが、匿名性を良いことに、邪魔することを目的として被せてくる局とは互いに理解しあうことは無理だ。きっと何か気にくわぬことでもあったのだろう。しかし、私はこんな馬鹿者の相手をしている時間はない。結構な強さで来ていたので、結構大きな設備だったのだろう。お金と手間暇をかけて、こんなことしかできない自分が情けなくならないのか・・・。でも、繰り返すが、このような輩は無視するに限る。

ただ、こうしたマナー違反が蔓延るようになると、そうでなくても下がり始めている無線のactivityがさらに下がってしまう。無線界全体で、こうしたことをする輩を排除する運動をすべきではないだろうか。このような匿名の暴力をそのままにしておくと、空は居づらい場所になってしまう。こうした妨害活動をしている局がローカルにいたら、是非その方に直接意見をしてみて頂きたい。できなければ、JARL、場合によっては電波通信監理局が対応してくれることだろう。

私が妨害を受けたって、痛くもかゆくもないので、私にとってはどうでもよいのだが、これが無線文化に巣食い始めるとろくなことはない。皆で早いうちに芽を摘む必要がある。

東電は原状回復・損害賠償を拒否 

[福島県などの住民約2600人が、原子力発電所事故による放射能汚染からの原状回復や損害賠償を求めた裁判で、被告の東京電力が「莫大な費用がかかると予想されること」などを理由に拒否する姿勢を示した。]

だそうだ・・・さもありなんである。東電福島第一原発事故が起きるまで、深刻事故に対する保険は最大支払額1200億円だったそうだ。現在までのところ、除染費用だけで5兆円以上かかっている。これ以外に廃炉のために莫大な費用がかかる。その上限はまだ見えない。結局、これらの事故対応のコストは、電気料金として我々が支払うことになる。

現時点でも、政府の茂木大臣等は、原発のコストが低廉だと、時々述べている。以前のように、それを原発のセールスポイントのように主張することはなくなった。が、原発を再稼働させるためには、根拠のないことを述べ立てる。

以下のことを改めて記しておこう。

〇東電福島第一原発事故の収束はまだ先が見通せない。コストの面だけからもゆうに10兆円は超えるだろう。それは、すべて電気料金として我々が負担することになる。

〇原発の深刻事故は、東電福島第一原発事のこれまでの経過のように揮発性放射性物質が拡散するだけで済む場合と、原子炉自体が作動中に爆発することによって全組成の放射性物質が拡散する場合とがある。後者の方が圧倒的に被害は大きく、条件次第では、国家予算を優に超えるほどの経済的損失が生じると、予測されている(1960年、原子力産業会議)。

〇上記の原子炉作動中の事故のリスクは、原子炉の中性子照射による経年変化によって高まっていることはすでに何度も記した。原子炉作動中の深刻事故が起きたら、日本の国土の半分程度が酷く汚染されると予想されている。上記の経済的な負担だけでなく、国土の喪失という点からも、日本という国が立ち行かなくなる。



東電福島第一原発事故は、まだ終わっていない。そして新たな事故が起きたら、その時我々は母国を失うことになる。

父の日記 

一昨日、春めいた陽気に誘いだされるように、庭で草むしりに精を出した。前傾姿勢を取り続けると、腰に来るが、それでも気持ちが良い。

ほどなく、家に入って休もうと、玄関に回った。玄関のドアが開かない。仕事が今日休みの家内が、カギをかけて出かけてしまったらしい。何時かは、これをやるのではないかと思っていた。家の周囲を歩き回って、窓や出入口の開いているところがないか、探し回った。ない。万事休すだ。

両親がかって住んでいた離れに入り、お茶碗に水道の水をくみ、母親がいつも座っていた、リクライニングの椅子に腰を下ろした。離れの空気の入れ替えがてら、そこでしばらく休むと決めた。

本棚の本も多くが、両親が生きていた頃のままになっている。何か本を読んで過ごそうと考えた。加藤剛のエッセー等に目が留まった。また、父が私淑していた高橋三郎先生の著作集にしようか・・・。ふと、父がかかさずつけていた、日記に目が留まった。父がなくなってもう十年ほど経つのだが、彼の日記を読むことはなかった。彼の内面に踏み込むようで、躊躇したのだ。昭和37年の日記・・・ページをめくってみた。

私たち子供のことが多く記されていた。中学生になり、無線に関心を持ち始めた私についての記載が多い。あの当時勉強しろ等とは、記憶にある限り、言ったことのない父だったが、「明日から試験だというのに、ラジオの部品を買いに行った」と私のことが記されいた。私自身子供を育ててきて、父が私たちにどれほどの関心を抱いていたのか、今になってみると痛いほど分かる。

あの当時、そして成人してからも、父に対して関心をもち、父の心配と希望を、どれほど理解してあげただろうか・・・全く足らぬことの多い息子だったのではないか、もう取り返しのつかぬことだが、親の期待と愛情に育まれてきたことを、改めて感じた。父とは行き違いもあり、なかなかそのこころに飛び込んでゆくことをしなかった。今になって後悔しても仕方ない。

自分の子どもたちが、私の思うように行動しないとしても、もう彼らを遠くから見守る以外にあるまい。もし、彼らが私に目を向けてくれれば、それは望外のことなのだ。親子関係は、繰り返すのだろう。それで良いのだ。そう父が私に向かって語りかけているような気がした。

002-1_2014032619323201a.jpg

両親が住んでいた離れの前の紅梅。ほぼ満開だ。