老化と電信 

先日、Ben AA6BKと14メガでお会いした。この2,3年、しばしばお目にかかる方だ。80歳を超した年齢だが、海外旅行によく出かける。来月には、息子さん家族の住むロンドンに出かけるのを楽しみにしている、とのことだった。知的にもしっかりしておられる。

彼は、イスラエルから1960年代に米国に移住なさった方で、一頃、商船の無線通信士をしておられたようだ。受信はいくらでも早くできるのだが、送信がどうもままならないと不満な様子。確かに、短点が多すぎたり、少なすぎたり、また短長点の移行がスムースにいかないこともある。だが、送られる内容自体は問題なく了解できる。その旨、申し上げたが、やはり昔テキパキと送信できていたころがあっただけに、忸怩たるところがある様子だった。

電鍵操作は、手、指、それに一部腕の筋緊張(のコントロール)と俊敏な動きが維持されないと難しい。加齢とともに、筋緊張が増し、筋緊張のコントロールと俊敏な動き両者が難しくなるのは事実だろう。筋肉自体よりも、中枢神経系の老化がその原因だろうから、若い時代の能力を維持し続けるのは難しいのかもしれない。だが、電鍵操作も一種の運動だ。運動を続けることによって、老化の進展を防ぐ、ないし遅くすることはできるのではないだろうか。楽器の演奏も運動の側面がある。昔、チェロの名手ロストロポーヴィッチが、ナショナル交響楽団の指揮者に就任する際に、チェリストとしての技量が落ちるのではないかというニュアンスの質問をされ、「いや、毎日2時間ほど練習を続けるから大丈夫だ」と答えていた。この2時間という練習量に驚かされたものだが、練習を続けることの大切さにこそ目を向けるべきなのだろう。我々が皆ロストロポーヴィッチにならねばならないわけではないのだから。

問題は、老化に伴い、モノローグの一方通行が増えることだ。送信内容が画一化され、自分語りだけになってしまうこと。これは、かなり意識していないと、誰でも歳をとるに従い、生じる問題のような気がする。電信の知的な側面がかかわることであり、常に様々なことに興味を持ち、他者へ関心を抱き続けることが重要なのだろう。老化による知的側面の退行は、将来への関心を抱かなくなること、周囲への興味の喪失、そして自分の殻のなかに閉じこもることとして出現するのではないだろうか。これを完全に防ぐことは難しい。だが、そうならぬようにと意識すること、普段の交信のなかでそうした退行がないか自らチェックすることが大切なのではないか。

運動・知的活動両面から、立派な電信を聞かせてくれる高齢の方にお目にかかると、自分自身願わくばそうありたいと思うものだ。私自身への戒め、目標として記してみた。

でも、意味のある交信自体が少なくなってきているのは繰り返し述べている通りだ。このポストの内容も、何回となく述べたことがある…老化か。

暗記受信を試みる方へ 

CWの暗記受信をものにしようとチャレンジする方が少なくなってきているように感じる。暗記受信をしない選択もある。コンテストや、ラバスタの交信を楽しむこともできるし、いざとなればdecoderの出番である。

しかし、やはり暗記受信によって、丁々発止の会話を楽しむことは、やはり魅力的であり、永続的に楽しむには必須のことだ。

すでに、暗記受信の方法論については、何度も記した。が、ここでもう一度まとめておきたい。

〇英語の問題で尻込みする方も多いのではないだろうか。ただ、繰り返し述べている通り、リスニングとスピーチは必要ない。もっぱら、書くことと読むことと相似の能力だけが必要だ。そして、構文、単語ともに中学生レベル程度で十分間に合う。ただし、綴りは正確な知識が必要になる。簡単な文章を定期的に読み続けること。簡単なことがらを英訳してみること。その際に、スペルは正確さが必要だ。私は、いまでもノートを時々つけている。繰り返すことと、正確なスペルを把握するためだ。とくに送信する英語については、単語の羅列でも通じることが多いが、相手の送信内容を読むことは会話が成立するために必須である。

〇単語単位で意味を把握すること。暗記受信とは、聞いた英文をすべて暗記することではない。また、単語の一部を音として覚えることでもない。単語の一つ一つの意味を理解し、それを記憶に留めることが、暗記受信の本態だ。このためには、単語の間のスペースが十分あることが望ましい。もし、単語の羅列で意味がとれないとしたら、単語間のスペースが不十分なこともある。その場合は、相手に単語間のスペースを空けてくれるように依頼すべきだ。文字間のスペースを不必要に空けられると、かえって取りにくくなることが多い。文字間と、単語間のスペースの総体的な比率で、単語を単語として認識するからだ。例えば、

1)I AM A RETIRED PEDIATRICIAN

2)I A M A R E T I R E D P E D I A T R I C I A N

単語間スペースは同じでも、文字間のスペースが大きい 2)は読みづらいことが分かるだろう。受信でも事情は全く同じである。単語間スペースを十分に空ければ、最初からある程度の速度のCWでも受信できることが多い。

単語単位で意味を取ることにより、文章の構造、さらには、その後に来るであろう単語を予測できることも多い。さらに、以前に送られた内容の理解を振り返り訂正することもできる。ある瞬間において、その先の予測、過去の反省を繰り返しつつ進める。これが暗記受信の本態だ。

〇暗記受信がある程度できるようになったら、ぜひ双方向性の会話、というか会話そのものを楽しんでいただきたい。こちらの言いたいことを述べる、相手の反応を聞く、それに対する意見を述べる、という一連のプロセスが、まがりなりにも進行するようになれば、楽しみは大いに増す。残念ながら、CWの世界では、nativeの方であっても、モノローグになってしまい、モノローグの応酬で終わることが結構多い。JA同士の間では猶更その傾向がある。そこから一歩抜け出すと、さらに広やかな世界が目の前に広がる。

と偉そうに述べたが、私もまだ学習途上というか、劣化防止途上である。相手をして下さる方がいれば、7メガで暗記受信での交信をお願いしたい。きっちりとしたスケジュールは無理だが、ある程度の融通を効かせる約束であれば、実行できる。交信内容の検討をメールで、交信終了後に行うことも可能だ(というか、それが学習を進めるために必要だろう)。もし希望者がいらっしゃったら、このブログの私宛の秘匿コメントで一言頂きたい。その際に、返信メールアドレスをお忘れなく。

最後の光芒 

陽が落ちる2,3時間前から、7メガは北米に開け始める。これまで何度も記してきたことだが、このバンド、パスが私の一番の好みだ。無線を始めて、海外からの信号を初めて聞いたのが、この時間帯の7メガだ。ラグチューに目覚めて、西海岸や、オーストラリアの局に相手をしていただいたのも、このバンドだ。これも繰り返しているが、最近は、この時間帯に7メガに出てくる西海岸のOM達がめっきり、というか絶滅近くまで減少している。本当に時折、Ellen W1YLや、限られたOM・YLが出てくるだけだ。

この愚痴を、無線関係者の多いSNSで記すと、北米のハムからのリスポンスは二種類。一つは、その時間帯には寝ちゃっているよ、という至極当然なもの。もう一つは、ラグチュワーは3.5メガに移っているというもの。

あの時間帯に西海岸のOMが聞こえなくなった本当の理由、それはハム人口の高齢化だろう。1960年代、1980年代、まだあの時間帯に7メガに出没していた、ラグチュワーの多くは、60から80歳台。そして、昔、プロの通信士だったという方も多かった。そうしたOMが夜な夜な出てきては、日本の若いCWオタクを相手にしてくれていたわけだ。W6JAL、W4BW、K5BGB、W6VIJ、K6NB、K6PA、K6RA、K7UQH等々・・・これ以外にも多くのコールが脳裏に浮かぶ。彼らの多くは、すでにサイレントキーになったか、activityを落としたかのいずれかだ。プロの通信士上がりの方の楽しみ方は、CWを用いての会話だけである。年齢とCW能力の豊かさから、遠い極東からCWで話しかける若者の相手をするだけの余裕を持っていたのだろう。彼らの大多数がバンドから姿を消したことは事実だ。

寝っちゃっているという方は、仕事をしているか、少なくともリタイアで悠々たる生活を送っていない方が多いのかもしれない。もう一つの理由、3.5メガに移ってしまったというのが少し気になる。ラグチュワーは、ワイアーアンテナでベアフット、場合によってはリニアを炊くという設備の方が多い。CONDXのためなのか、はたまたJAでラグチューを楽しむ方が皆無になってしまったためなのか、WのそうしたOM連中は、国内同士での交信を楽しむために、国内CONDXの安定している3.5メガに移ったということなのかもしれない。JAのラグチュワーが減ったことが直接の理由ではないにしても、国内同士の交信に軸足を移している、ということなのだろう。Wのラグチュー好きなOMがゆっくりと相手をしてくれることが、JAのラグチュワーが育つ大きな要因だったような気がするので、この現象、一種のモンロー主義(!)は、JAのラグチュー志向のCWマンにとっては憂慮すべきことではなかろうか。

14メガも、大同小異のような印象がある。はてさて、我々はCWで会話を楽しむ時代の最後の光芒が消えつつある時代を生きているということか。

太陽活動サイクル最低期に突入 

バンドは、高い方はほぼ全滅、低い方も聞こえていても何かベールを通して聞くような具合だ。午後早く、7メガでは西海岸が安定してはいるはずなのだが(それが私のもっともお気に入りのパスだった)、聞こえても弱い。そして、西海岸の夜更かし組が出てこない。

それを某SNSでぼやいたら、某ポピュリスト大統領の任期と同じ期間、バンドは低調になるね、とW6の某氏がコメントをくれた。また、別な私と同世代のWのOMは、私信で、あと何回solar cycleを経験できるか、と書いてよこした。太陽黒点数はゼロが続き、太陽活動サイクルの底が始まったことを意味していると、こちらにはある。

無線をあきらめるか、ネット上のバーチャル電離層を利用するか、それとも冬ごもりよろしく細々と続けるか。考えどころではある。

と、ここで愚痴を書いていたら、今夜は少し持ち直したようだ。今週末は、北米のNAQP。

CW Fix 

最近はあまり聞こえないが、14メガで朝方、米国では午後遅く、N7RC Dickが時折出てくる。以前にこのブログでも紹介したが、リタイアして、北カリフォルニアで農場を営んでいる方だ。家畜相手の仕事や、農場の作業で疲れて、CW fixを楽しみに出てきた、というのが常である。CW fixとは、一服のCW交信といった意味なのだろう。

一服するというと、お茶がつきものだが、お茶にはカフェインが入っており、意識レベルを高め脳の機能を活発にする作用がある。疲れた体に、そうした刺激が心地よいのだ。CWにも同じような効果があるのかもしれないと、最近つとに思うようになってきた。人間の知的作業は、working memory WMという機能が中心的な役割を果たしていることが分かっている。WMは、short term memoryとlong term memoryを橋渡しし、両者の統合を行う場ということらしい。言い換えれば、直近の記憶と、以前からの記憶を統合して、何事かの知的作業を行う、ということだろうか。

毎朝、私は、目を覚ますと朝食とコーヒーを作り、シャックにこもる。今日はどのようなCW fixがあるか楽しみにスイッチをオンにする。だが、残念なことに、何も聞こえないか、まるで仕事をするかのようにナンバーの交換をしている局が聞こえるだけ、ということが多い。これでは、CW fixにはならないなとつぶやきながら、スイッチをオフにすることが多い。

昨夜7メガで会った、Ken N7KMによると、ラグチュワー達は3.5メガにたくさん出ているらしい。現在、7メガは近場にはスキップすることが多いので、米国同士の交信だと3.5メガが好都合なのかもしれない。でも、東アジアのこちらからは、3.5メガでラグチューするのはちとつらい。 こちらの夕方早い時間帯に7メガが全世界に開け、それを利用して、ラグチューを楽しむ、という習慣は廃れてしまったのか。小規模の内輪の集団で楽しくやるのも良いのだが、やはり電離層を利用して遠くの友人とCW fixをするよりも刺激的で、楽しいことはないように思うのだが・・・。

DXとDXぺディションの問題 

先日、Lou VK5EEEから同胞メールがあり、DXCC、DXについてかなり過激な内容が記されていた。

フィジーでは、Conway Reef とかRotumaでの運用許可を得るために、DXぺディショナー達が免許発行当局者に露骨な賄賂・饗応を行っている、というのだ。そうした海外から短期間運用するためにやってくるハムにより、現地のハムが迷惑をこうむっている、という。そして、短期間の運用者達は、バンド中を混乱させる。これだったら、DXCCには現地のハムの運用だけを認めることにすべきではないか、というのがLouの提言だ。

私が、友人たちとXUに出かて無線をした経験、そのご某有名DXぺディショナーがXUを訪れて様々な無理難題を当局に押し付け、その結果XU8DXが閉局に追いやられた経緯からすると、彼の言うことに一理はある。アマチュア無線が国際親善に寄与すべきだという目的からすると、DXぺディションが現地のハムに迷惑になったり、当局に不味い印象を与えて同地のアマチュア無線事情を悪化させることはあってはいけない。

また、それ以前に、DXとは何かという問題もある。本来は自分の通信環境と通信技術を試すためにあった。その建前はすでにほぼ過去のことになってしまっている。現在は、大多数のDXerは、既製品のリグとアンテナでただただ一番乗り、相手を蹴落として交信することだけを目的としている。あのバカでかいアンテナと高価なリグに莫大な投資をして、皆よりも先に応答を得る刹那的な快感だけを求めている。彼らの大多数は60歳かそれ以上の年配者だ。昔、小さな設備で苦労していた記憶を、現在の大きな設備で塗り替えたいと思っているのか。だが、そうした一時的な楽しみは長く続かない。また、若い人は、そうした一時的な快感に共感しない。やがて、年配者のDXerが現役引退すると、DXというカテゴリーが成立しがたくなることだろう。

DX、DXぺディションの現実には大きな問題がある、ということだ。

A1 Club CW講習会・ワークショップ 

A1 Clubが、CW講習会を開催するようだ。こちら。

CWの技能や、知識、運用方法等は、かっては先輩から後輩に受け継がれたものだ。損得抜きで、無線やCWの楽しみを共有し、技能を伝達していた。そこで利益を貪ったり、権力を求めたりすべき場ではなかった。だが、最近は、先細りつつあるように見えるアマチュア無線をも、マーケットと考え、そこで利潤追求をしようという輩が多い。もちろん、雑誌やアマチュア無線機器は、商売として成立しないといけない。だが、アマチュア無線の技術の伝承に関わる本質的なものを商売の対象にするのは、アマチュア無線をさらに窮乏化させ、その意味を貶める。結局は、アマチュア無線に携わる人々の数を減らすことになる。最近のJARDの動き、CQ出版社の催しを見ると、その感を深くする。

アマチュア無線は、趣味とはいえ、無線通信技術を通した全人的な趣味である。それは、単なる楽しみ以上に、技術的な追求・習得、趣味を同じくする人々との国境を越えた交流等大きな意味を持つ。それは、無償で世代間で受け継がれてきた。いわば、社会的共通資本の一つなのだ。そこで、もっぱら経済的利潤追求を行ってはならない。この趣味を貶めることになる。

A1 Clubの上記の講習会は、アマチュア無線という全人的な趣味を、さらに次世代に受け渡し、高めようとするボランティア活動であり、それを催される諸氏には全幅の敬意を表したい、また、大いに評価し、できる限り支援したい。

自作リグにスプリアス実測規制 

新スプリアス規制に関わる、自作リグの実測の料金をJARDが公表したらしい。よくわからぬが、基本料金は4000円で、各メニューごとに結構な料金体系だ。

しかし、よく考えてみてもらいたい。これまでも、スプリアスの規制はあったはずだが、なぜこれまでこうした実測を当局ないしJARDは要求してこなかったのか?


過去、スプリアスの実測を行わずに免許を下してきたのは(まぁ、あの書類上の無意味な保証認定という制度の無意味さは置いておくとして)、アマチュア無線が自己研さんの趣味であり、自作がその大きな部分を占めたためではないのか

自作リグのスプリアス実測要求そして法外な料金体系、これは、JARL役員の横滑り組織、かつ官僚の天下り組織であるJARDが、あからさまに新たな利権漁りを始めたということではないか。ITUが新たなスプリアス規制を公表した、それに乗じて、金儲けをしようではないか、とJARD執行部と天下り官僚が企図したのではないか。

高々数千円程度の自作リグに対して、その数倍のコストのスプリアス実測を義務付ける。これは、アマチュア無線を破壊することに他ならない。

この新規制をきちんと適用するならば、自作リグに少しでも手を入れたら、スプリアス実測をし直すことが必要になる。

このような規制のもと、自作を続けようとするアマチュア無線家は皆無になる。諸外国では、古い無線機を含めて、こうした規制はない。

アマチュア無線によって、若い人々が探求心を得るということが無くなる。

アマチュア無線を破壊したのは、JARLからJARDに横滑りした有給の理事たちと、天下り官僚である、と後々記憶されることになる。

こうした利権漁りが、官僚と彼らと組んだ一部の民間業者・組織ないし学会によって、わが国のいたるところで行われている。この構造が、わが国自体をダメにするのではないか。これは、単なる「趣味に関わる小さな不正」ではない。社会に蔓延する不正構造の一角なのだ。

JARLの現状 

JARLの現状をネットで調べてみた。

JARLは、代議員による間接選挙になっており、末端会員の声がきわめて届きにくくなっている。さらに、2012、2014年度の理事選挙では、上位で当選した理事おのおの4、2名が社員総会で就任拒絶されている。就任を拒否された理事は、象さんグループという改革を志向する集まりの方々だった。JARLは、ごく一部の方々による独裁的な運営が可能になり、実際彼らにより独占されているように見える。JARLの執行部に批判的な理事を排除する仕組み、それに間接選挙を導入した時点で、JARLの改革は不可能になった。

JARL会員は、最大で19万人だったものが、6万人まで減少している。JARLの財政では、終身会員からQSL転送料を取るようになり、赤字幅は減少しているが、それでも赤字は続いている。その一方、確認はしていないが、ネット内の情報では、専務理事と事務局長は、年収1000万円だそうだ。財務内容で気になるのは、会員からの収入が減少し続けていること。会員数の減少があるので、当然と言えば当然だが、財務は1990年代から悪化の一途を辿っている。さらなる会員数減少、収入減少は避けられないだろう。

JARLの理事だった方が多数JARDの有給の役員に横滑りしている。JARDは、新たな保証認定で利益を上げようとしている。一方、JARDの財務から分かることは、余剰資金が7000万円あり、投資活動をしている、ということ。JARLとJARDは一体化しており、JARLはJARDの業務拡大だけに腐心しているように思える。

JARL・JARDの幹部になっておられる方々は、アマチュア無線家から様々な手数料を得て、JARDの収入をさらに増やすことに腐心しているように思える。そのための批判勢力排除だったのだろう。

これは、もう沈みゆく泥船以外の何物でもない。JARL・JARDの幹部たちには、アマチュア無線を次世代にどのように受け渡そうとしているのか、何もビジョンがない。

JARDの不透明な現状 

JARDについては以前に取り上げたことがあった。原元会長が、JARLが行っていた養成事業と、JARLの資産とを持ち出して立ち上げた法人だ。JARLの財政が一気に悪化したのは、この組織を原元会長が立ち上げたことによる。原会長は、JARDの理事長を経て、現在名誉理事長という職にあるらしい。

こちらに、評議員・理事名簿、予算・収支報告が載っている。

理事長は、JA1HQG有坂氏である。彼はJARLの理事を長年務め、JARD理事長に横滑りしたようだ。他にも、名前からコールが分かる評議員・理事が多数いる。

問題は、予算・収支報告がいかにも形だけで、予算・収支の内容がまったくわからないこと。評議員・理事には給与を支払うとあるが、その額がまったく不明。事業規模は3億ちょっと。事業は赤字のようだが、7000万円を投資しているとある。預金は普通投資とは言わないだろう。一体、何に投資しているのか。こうした公的な性格の法人が投資活動をしてよいのか。投資をするほどの財政余力があるなら、JARLに資産を移転すべきではないか。すでに述べた通り、JARLの財政の窮状は、JARD設立にその一因がある。いずれにせよ、JARDは、情報公開をまったく行っていないのと同じだ。

我々の免許制度の根幹にかかわる事業を一手に(TSSはそのうち切られるのだろう)引き受ける組織の透明性がこれではいかにも不味い。スプリアス保証認定でおそらく数億単位の収入を見込むこの時点で、情報公開をすべきではないか。JARDが、アマチュア無線の振興に寄与する組織であるとするならば、情報を公開し、その運営に透明性を確保すべきだ。

マスコミに情報提供すべきか?