昔のログ 

今朝いつになく早く目が覚め、定番のトーストの朝食を取り、無線機の前に座った。7メガしか開いていない。ヨーロッパがDL辺りまで何とか聞こえる。何局か簡単な交信。DL1BUGがFOCメンバーだが、CONDXが悪く、ラグチューはまともに出来ず。Z3の局でFT101Eを現用中の局がいた。QRZ.comの彼のページを見ると、もう50歳はゆうに超えている様子だが、10歳台の写真もあり、それに同じモデルが映っていた。同じ機械らしい。40年前後使い続けているのか。WARCに出られないのが不便だが、よく働いている、とのこと。

少し下を聴くと、KH2LがCQを出している。強力な信号。今までに交信したことはあっても、ラグチューをする方ではなかったような気がしたので、彼が呼ばれず、立ち去るまで、しばらく聞いていた。例によって、QRZ.comの彼のbioを読むと、1960年代後半にKA2EPで日本からオペレートしていたことを知った。そのころ、私も米軍補助局の方と知り合いになり、お宅にお邪魔したことがあった。関東村だったことだけは覚えているのだが、コールや名前は思い出せない。KH2L Edにメールをしてみた。すぐに返答があって、当時私と会った可能性は大いにある・・・思い出せないが・・・とのことだった。JA1AEA、Yaesuの創始者JA1MP等とは会った記憶があるらしい。

無線を始めた1963年から、大学受験のためにQRTした1969年までのログ、9冊の大学ノート、が奇跡的に保存されていた。大学に入ってからはオケに夢中で、無線にカムバックすることなど微塵も考えていなかった。このログも、廃棄されるべき運命だったのだが、どういうわけか、どこかにしまい込まれて生きながらえた。自作の無線機はすべて処分。無線関係の機器で残ったのは、HK3という縦ぶれ電鍵一つのみだった。

で、ログをすべて見直してみた。残念ながら、Edのコールを見つけることはできなかった。二つ三つのKAコールはログにしっかり記録されていた。当時、軍補助局という位置づけだったKA局は、交信が禁じられていたわけだが、KA局の方から呼ばれたこともあったようだ。昭和40年前後でまだ占領時代の名残があったのだろうか。懐かしいコールもいくつも見つけた。WB6CWDはたしか現在のK6AR Jimだ。K6KII CliffがKG6AAYとしてグアムから運用していたときにもお会いしていた。今もコンテストにactiveなJohn K4BAIはHL9KQで出ていたようだ。懐かしいWのelmerたちのコールも勿論記録されている。HL2DC Leeと最初にあった時、彼はプサン在住でそちらの大学生だった。コールはHM8DC。ZS6QU、CR7IZ、DJ2BW、ZS1XR、ZS5KI、JA7FWT、JA3JYX、JA1EQM、JA1FHX等々懐かしい・・・。

もう一つ、昔のログを眺めて気づいたことは、QSOの記録が通り一遍であったこと。再開してからは、交信内容をかなり細かに記録し、ノート1ページをまるまる一つの交信の記録に割くこともあったほど。だが、この1960年代のログは、一交信に一行と決めてあったように、余計なことは記入していない。当時からラグチューの真似事はやっていたはずなのだが・・・後で、交信局数を勘定するのに都合の良いように、そうしていたのかもしれないが、当時は何しろ局数を多くすることに主眼を置いていたということだろうか。コンテストも、のべつくまなく出ていた。あ~~あ、これに費やした時間を別なことに費やしていれば、と思わなくもないが・・・これはこれで楽しんでいたのだから、良しとすべきだろうか。

・・・と、とりとめないことを思いながら、昔のログを見返したことであった。Edを今度聞いたら呼んでみよう・・・。

忘れられぬ交信 

この数週間の間に経験した忘れられぬ交信を備忘録として記しておく。

一つは、Guy N7YKとの交信。彼とは2年ぶりくらいだったか。以前と同じく、こちらの日暮れの時刻に7メガで呼んでくれた。切れ味の良いCWなのだが、こちらの送信速度を上げると、それではちょっと取りずらいとのこと。私は、まったく忘れていたのだが、以前お目にかかった際に、筆記受信をしていた彼に、きっぱり筆記受信を止めるように私が臆することなく言ったらしい。それ以来、暗記受信の練習をしてきてだいぶ取れるようになったのだが、まだ早くなると取り切れぬとのことだ。まさに臆面もなく、よくそんなアドバイスをしたものだと苦笑したが、それを覚えていてくれて、実際に暗記受信にシフトしてくれていた、ということに驚き、かつ感動した。また、私の英文ブログも定期的に訪れてくれている様子で、両親の写真の整理をした話、それに我々は人生という行程の旅人であるという感想に共感したと言ってくれたことも、大きな喜びだった。彼も親の残した膨大な写真を整理しつつ、同じように感じた由。年齢もほぼ同じ彼は、まだ直接お目にかかったことはないが、同じように人生を歩む友人だと強く感じた。嬉しい交信の一つ。

W2MV Alanは、数か月おきに定期的にお目にかかる方だ。14メガで朝方呼んできてくれた。息子さんがこの夏に結婚すること、ご自身のガンの定期的なチェックで良い結果だったこと、新たな仕事を探していること等を伺った。こちらの近況も報告し、お空では言えないようなこともあるのだけれどね、と言うと、彼は、彼の家族だって同じようなことが一つや二つある、皆同じだよと言ってくれた。この一言が、私の少し重たくなったこころをすっとかるくしてくれた。彼は、チェンバロを弾き、バッハを愛する方だが、最近音楽の話をあまりしていなかった・・・次回会うときには、ぜひバロックの話を・・・。

John AC4CA、Alanと同じくFOCのメンバー。アルツハイマーに罹った奥様を家庭で一人でケアなさっている。落ち着いた状態にあることを伺ったが、やはり今後のことは心配なことだろう。政治についても、不安になることが多く、朝目を覚ますと、酷い不安感に苛まれることがある、と仰った。過去に私も同じように感じたことがあったが、ここまで生きてくると、これからは次の世代により良い世界を残すことに集中していけばよいのではないかと、口幅ったいことながら、申し上げた。自分で何としてもこの世界を変えないといけないと思い詰めると、不安と焦燥にかられる。だが、この世界にそう遠くない将来別れを告げるべき年齢に差し掛かったのだから、少し距離を置いて世界を見てみようではないか、ということだ。それに対して、よく理解できるとJohnも言ってくださった。米国では、ヨハネの黙示録が実現しそうなほどの混迷状況にある。それに加えて、奥様の将来のこと、彼の心痛を思った。

という具合に、記憶すべき交信を「時々」経験するが、やはりめっきり少なくなった・・・。

何時まで続けるか、それが問題だなと、最近はコールされぬCQを叩きつつ、そんなことを考えている。

Mike W7LPV 逝く 

先日、旧友Tony W4FOAと、facebookで初めてメッセージのやりとりをした。奥様が急病でERにかかったとのことだった・・・やりとりの最後に、Mike W7LPVが昨年12月10日に亡くなったことを知っているか、と彼に尋ねられた。あのMikeが亡くなったのか、と力が抜ける思いだった。この数か月、Mikeにお目にかかっていなかったのは確かだが、亡くなっていたとは・・・。78歳前後だったか。

Mikeのことは、このブログでも何度か記した。それほど古い友人でもない・・・せいぜい10数年前に知り合っただけだ。交信する回数も、数か月に一度程度だった。だが、お会いするたびに、こころあらわれるような話を聞かせて頂いた。彼は、輸出企業で忙しく働いていたが、30歳台後半にレイオフされ、そこで大学院に入る。専攻は哲学。人はものごとを知りうるのか、如何にして知るのか、という認識論を課題にしたらしい。生きるうえで基本的な問いかけを抱いて、人生半ばで立ち止まり、哲学を学ぶことは、そう容易いことではない。彼が大学院を出てから、奥様が交代で大学院に進んだらしい。仕事に明け暮れて、無線でも表面的なお付き合いになることが、自分も相手も多かった(多い)のだが、彼のように人生にしっかりと根を張って生きておられる方はとても少ない。

彼は、熱心なピアニストでもあり、いつも会うたびに、今度はどこそこで演奏することになっていると教えてくれた、教会、そして晩年はホスピスでのボランティア活動として演奏しておられたらしい。Youtubeにもいくつか演奏がアップされている。これは、ベートーベンの月光一楽章。ピアノの教師だった方が、盲目の方だったようで、いつも暗譜することを勧められたと、Mikeは語っていた。この演奏で、アイマスクをしているのは、その教師の方へのオマージュなのだろうか。



3,4年前奥様を亡くされてからも、ピアノを熱心に演奏なさっていた。交信するたびに、何時Sedona(彼の住むアリゾナの町)に来るのか、ドアをいつも開けて待っているぞ、と言ってくださった。

彼との交信のように、こころを満たしてくれる交信は、少なくなった。ほとんどなくなった、というべきだろうか。アマチュア無線へのモチベーションの一つが、彼のサイレントキーとともに失われた。ご冥福をこころから祈りたい。

最後の光芒 

このところ、毎朝14メガに出没している。夜間の7メガよりヒットする確率が高い。ちょっと前に記したChuck N6UOEとの交信も、そうした時間帯の交信の一つ。今朝は、常連になりつつあるSkip W2ZAからコールされた。フラッターを伴うが、いつもに増して安定し、強力。100ワットのベアフットに3エレで、579程度まで振っている。東海岸のパスが、毎朝開けること自体が驚きだ。磁気嵐が起きるほど太陽活動が活発ではないと言えるのか・・・。Skipは、80歳。1950年代には、HL9KAそれにBV(コールは失念)で、東アジアからactiveだった由。ロンビックを張り、米国本土とフォーンパッチに忙しかったらしい。フォーンパッチ、本国との連絡、当時はアマチュア無線の主要業務の一つだったわけだ。その後IBMに40年間勤務し、リタイアしたらしい。キーイングがおぼつかなくなってきつつあると謙遜なさるが、どうして結構な腕前だ。リグはすべて自作。先日SSBにも出れるようになった、お前は出られるか、と尋ねられたが、答えはNo wayである。彼もほぼ100%CWらしい。

Fred K7LFは2年ぶりの交信。もう74歳くらいか。海岸警備局で無線通信を担当していたそうだ。JAの船舶ともよく交信した、JAのオペは、JCS・JCT・JCUといった母国の局と交信していて、その際にはカナ(和文のことだ)を用いており、英文との切り替えがすぐさまできることに感動した、とのこと。10年ほど前まではバグキーを用いていたが、今はもっぱらキーヤーとのことだ。MAY CW BE FOREVERをZUTと略すのを知っているか、と問われて、初耳だと答えた。プロの交信でも、そうした略号を交わしていたのだろうか。昔船舶通信士だったJohn 9V1VVは10数年前、CWのことが忘れられず、アマチュア無線を始めたが、最近は、CWというとコンテストとDXばかりなので、がっかりしているようだと紹介した。それはもっともなことだ、とFredも同じように感じている様子。

こうした交信の相手は、いつものことながら、減少の一途を辿っている。これも以前から記しているが、我々はその最後の光芒が消えゆくことを見届けつつあるのかもしれない。

Jim K9JWVからの最後のメール 

二週間ほど前、Jim K9JWVから、肺がんの脊椎への転移が酷くなり、ホスピスに入ることにした、余命は2か月と言われている、とメールがあった。

彼とは、それほど親しいわけではなかったが、7メガ等で何度か交信をした方だ。以前紹介したが、QRPとトップハットのついた43フィートのバーチカルで信じられぬほど強力な信号をこちらに飛ばしてきた。大学で教えておられるらしかったが、詳しい専門等は聞かずじまいだった。平坦な砂漠地帯の住宅地に居を構え、無線を楽しんでおられるリタイアをそろそろしようかという年齢の方というイメージを抱いていた。その彼が、肺がんに冒され、闘病生活に入ることを聞いたのは昨年のことだったろうか。

何度かメールのやり取りをして、彼が効果が出ることを期待して、化学療法を受ける、という話を聞いてから、パタッと連絡が途絶えていた。そして、最初に記した通りのメールが来たのだ。

死を目前にした方に、何を語るべきなのだろう。彼のように、個人的にそれほど知っているわけでもなく、無線で話を多少しただけだったら、なおさらだ。ただ、彼の語ることに耳を傾けるだけしかできない。その旨を彼に書き送り、とても差し出がましいこととは思いつつ、もしクラシックを聴くのであれば、マタイ受難曲を聞いてみてほしいと申し上げた。メールのやり取りは、それで終わってしまった。武満徹が、亡くなる直前にこの曲を聴いて、改めてこころ動かされたという話を、奥様が書き残されている。それを、西岡昌紀氏がご自身のブログで紹介なさっている。こちら。あの有名なアリアEr barme dichをことのほか愛聴なさっていた由。私自身も、死の川を過ぎゆくときに、この音楽を聴いていたいと思っている。余計なことかと思いつつ、彼がこの音楽に慰めを見出し、新たな旅立ちへの気持ちを持てたら、と思ったのだ。

実は、Jimとは別に、まだ若い小児科医の方で、進行した肺がんと闘っておられる方が、しばらく前から拙ブログに訪れて下さっていた。忙しい小児科医の仕事を、痛みや他の不快な症状と闘いながら、こなしておられた。が、この1週間ほど前に、彼は足跡を消し、忽然と姿を見せなくなった。彼のブログをブックマークしていなかったので、そこを訪れることができないのが残念なのだが、恐らくブログも閉じてしまわれたのだろう。ご家族を抱え、これから仕事が充実するときに、このように深刻な病に冒された心境は、はかりしれないものがある。新しい免疫調節薬に期待をかけておられたのだが・・・。彼のことがあったので、Jimの件を紹介するのを憚っていたのだ・・・。

最近、両親の残した大量の日記、手紙類を処分しつつ、それらに登場する人物、差出人の多くが、すでに逝去された方々であることをひしひしと感じた。我々の人生は、すぐに過ぎ去る。我々は、一時の旅人なのだ。上記の小児科医の方には、ぜひ新しいクスリの効果が出ることを期待している・・・が、我々は、この旅をそう遠くない時に終えることになる。それは皆同じなのだ。こころ穏やかにそうした時を迎えたいものだ。それまで、悔いの残らぬように、周囲の者に迷惑をかけず、愛情をもって生きてゆくことだろう・・・。

Jimの最後のメールには、マタイ受難曲の音源を探してみる、とあった・・・。

Bob K6DDX 

今朝、14メガはそれほど良いCONDXではなかったが、北米がそこそこ開けていて、結構次から次に呼ばれた。Bob K6DDXとは、数か月ぶりの交信だった。彼は83歳になるミュージシャンで、ピアノ、サックス、ベース等を演奏する。クラシック畑でも、時にこうしたマルチのタレントに恵まれた方がいるものだが、プロとして複数の楽器をこなす方はそういないに違いない。主にジャズの演奏をするらしい。クラシックと、ジャズの訓練を長い間受けてきた、と以前聞いた。

私も、チェロを毎日のように練習している、バッハの無伴奏を1番から始め、3番のクーラントまでたどり着いたが、なかなか先に進まない、よりよく弾けるようにもうならないような気がする、と彼に言った。彼は、いや、練習を積めば、それだけ弾けるようになることを実感すると言う。83歳にして、そのような境地にあるのは素晴らしいこと。本当にそう思う。彼から、早くCDを出せと冗談交じりに言われてしまった。

彼のキーイングは、時に短点、長点の間のレバーの移行がスムースでないためのわずかな引っかかりがあるが、大体はとてもスムースだ。そのキーイングからは、年齢の衰えをまったく感じない。おそらく、楽器演奏能力と、パドル捌きの能力は並行関係があるのだろう。私も、まだ少し行けるかと少し勇気づけられた・・・練習あるのみ。

彼のTL922、入力回路にあるリレーが具合悪く、修理しなければならないのだが、アクセスするのが難しいので難儀しているとのことだった。今日は、ベアフット。予備のアンプを出してきて使おうか、とのことだった。

それほど長時間のラグチューではなかったが、こうして日常のことや、リグの問題についてゆっくり話ができる相手は、本当に少なくなってしまった。形式的な記号のやり取りだけではなく、何らかの個別のコミュニケーションを取ることが、このモードでなかなかなくなってしまった。DXやコンテストでCWがまだ生きているという主張もしばしば耳にするが、それだけではコミュニケーションのモードとしては、かなり欠けたものがあるというべきなのではないだろうか。

得難い交信と、雪の朝 

昨日の朝、14メガでSteve W7QCをお呼びした。最初、とっても弱くて、応答がなかったのだが、三度目くらいに急に信号が強くなった。Steppirをリバースしたようだ。Sにして4か5の差。今日のこちらと同じく、あちらも結構な積雪。8インチとか。彼の愛猫Marcが、雪の積もった外に出ようと、雪の上に手をそっと載せたのだが、すぐに出かけるのを止めて室内に戻ってきてしまった、と言って笑っていた。

今朝は、同じ14メガでDick K4XUに呼ばれた。昨日、あちらの有名レストランで、奥様Chrisの誕生祝をなさった様子。ただ、先月、彼女が、町中で転倒、上肢を骨折、仙骨の打撲に見舞われた由。本当は先月そのレストランに行くはずだったが、昨日まで延期せざるを得なかったようだ。こうやって家族のことを話すことができる交信がうれしいね、と言ってくださる。

両者ともにほっこりするような交信だった・・・だが、こうした交信は、何時も繰り返すことになるが、本当にめったにお目にかかれぬ出来事になってしまった。

今日は、午前中から降雪。咲き始めた梅が雪に隠れてしまった。

IMG_3695.jpg


Marathon 2017 

FOCの部内コンテストである、Marathonが先週末に行われた。CONDXは、21メガ以下しか開けなかったし、21メガが開けたときにも北米は殆ど出てこなかった。でも、7と14メガはほどほどに楽しめた。昔やっていたDXの真似事みたいなこともできた。7メガの夕方、CT9/G3TXF Nigelから呼ばれた。ヨーロッパへのパスは殆ど開いていないときに、か細い信号で呼んでくれた。K2LE Andyの運用するP40LEとは、14、7メガで交信し、日暮れ前の7メガが良いねと言い合った。彼からの希望で、3.5メガでスケジュールを設定。17時は聞こえず。その後、7メガで再会し、再び20時に決めた。そちらでは、しっかり聞こえた。3.5メガのカリブ、久しぶり。彼ももう80歳前後ではないだろうか。元気だ。ヨーロッパの古くからの知り合い、Leif OZ1LO、 Joe DL4CF、 Ron G3KTZ等とお目にかかれた。英国へのパスは、厳しく、信号は軒並み弱い。英国との交信は9局のみ。

自分の年齢を感じたこといくつか・・・まず、土曜日の8時前に14メガに出てCQを叩くと、Dick K4XUが呼んでくれた。160mのアンテナが故障したと、彼がMLに書き込んでいたので、どうしたか尋ねると、4ft積もった雪の中、なんとか修理した由。そんな話も早々にFOCナンバーを送ってくる・・・あれ、Marathonは00Zからだったのではなかったかと思ったら、21Z開始だった。すでに始まっていたのである。彼はすでに126局交信したようだ。次は、VK2IA BerndをVK2BJと間違えて、これまた話を少ししてしまったこと。間違いに気づき、歳のせいだと自虐すると、いやいやキーイングはしっかりしているから、まだ大丈夫とBerndに慰められてしまった。キーイングミスも目立つし、やはり加齢は嫌でも進んでいる・・・という当然の結論。

楽しむと言っても、私の場合は、旧友のコールを確認し、一言二言交わすことこそが楽しみだ。K6KII Cliffが、弱い信号で14、ついで7メガで呼んでくれた。南カリフォルニアから強力な彼の信号を50年近く聞き続けてきた者としては、感慨深い。でも、QRTすることなく、コロラドから出ておられるのを聞いて、嬉しかった。K1YT Billは、以前記した通り、数年前にFOCを退会した友人。14メガが東海岸に開けている間に呼んでくれた。TH7DXにうっかり許容パワー以上を入れてしまい、それ以降SWRが高くなってしまい、ハイパワーを入れられぬらしい。交信は3,4分で終了。その後、メールを頂いた。彼もも74歳。呼吸器、循環器に健康問題を抱え、また家族に心配事がある様子。14メガの朝方定期的にワッチしあおうと約束した。

この催し、私にとっては、一種の同窓会である。今年も無事終えることができた。

John K9DX 

昨日朝、14メガでJAと交信するJohn K9DXを聞いた。最後の交信以来、3年ぶりだ。とりあえずお呼びした。彼は、もともとローバンドのDXをメインに楽しまれていた方だ。だいぶ前に、3.5メガで強力な信号を聞いた記憶がある。FOCにも、私のすぐ後に加入された方だ。

前回の交信の際に、新しい場所に引っ越すと言っておられたので、新しい場所で落ち着いたか尋ねた。その返事はなく、今、W6の局をリモートで運用していること、新しい住処はノイズが酷くて無線ができないとのことだった。本当はパドルで運用したいのだが、うまくキーイングができないのでキーボードを用いている由。たしかに、昔堂々としたCWだったものが、パドルになると、ぎごちない。単語の間のスペースを十分空けるように打ちたいのだが、と仰るので、たしかにもう少しスペースが空いた方が良いかもしれない、と率直に答えた。文字ごとに打ち間違いが多少あるのだが、それ以上に、単語の間のスペースが十分でないために、コピーしずらくなっている。

彼は、その問題が、リモートでの運用と関係しているかのように考えておられる様子だったが、どうだろうか・・・やはり、文字間、単語間のスペースは、電信の打ち手で決まるのではないだろうか。彼ももう79歳前後になるはずだ。高齢化がこうした微細な運動機能に及ぼす影響は、はっきりと表れてくる。それは仕方のないことかもしれない。だが、彼は引っ越し等であまり運用できていなかったのだろう。リハビリをすればきっと以前ほどの堂々としたCWでないにせよ、実用上問題ない程度にCWを打てるようになるかもしれない。CWは、訓練を続けることで改善するものであるし、その訓練が老化を遅らせることにもなるのではないか、と思いつつ、どうぞパドルでの送信練習を続けて頂きたいと申し上げた。

だが、現実はどうなるか。分からない。その方の持って生まれた能力、それにどれだけリハビリに努めるかという熱意その他の要因で決まることなのだろう。彼にはぜひ元のようなCW能力を回復してもらいたいものだ。それを祈りながら、お別れした。

キーイングにおけるタイムラグの感覚 

一昨日、7メガの深夜、Jim W6YAに会った。彼のことは以前から何度もこのブログで記した。彼と昨年末交信した際に、最近はもっぱらDXと短い交信だけをしている、電信を叩く際に、脳の指令が手に伝わるのに時間がかかるような感じがあり、打ち間違いが多くなるからだ、と言っていた。それ以来、彼の信号を聞かなくなっていたので、ちょっと心配していた。だが、いつもの堂々たるキーイングで、彼が呼んできてくれて、正直ほっとした。

キーイング時の、あのタイムラグの感覚は、なんとなく分かるような気がする。おそらく、筋緊張のコントロールがうまくいかず、思った通りに電鍵を操作できない、といういら立ちなのだろう。電鍵操作のような微細な運動は、関与する筋の緊張を、きわめて短時間のうちにその強度を細かに変化させる必要がある。残念なことに、そのコントロールが、加齢とともに難しくなる、とくに若い時期に思うがままに電鍵を操作できたオペにとっては、その感が強くなるのだろう。

だが、以前にも記した通り、微細な手指の運動は、脳血管障害後のリハビリにも行われる運動であり、同じ微細な運動である電鍵操作はそうした脳の活性化にとって意味があるはずだ。若い時分に獲得した機能も、使っていないと劣化する。一定の間隔で、その機能を使い続けることによって、機能の保持と、もしかしたら機能を以前よりも改善することも期待できるのかもしれない。

Jimは、いまだにDXを楽しんでいる。15Z前後に7メガでロングパスが開ける、と言っていた。その時間帯によく出るようにしているらしい。彼のアンテナは、14メガのビームのブームに、頂部のエレメント水平部を並走させたループである。一応回転させることができるらしい。太平洋から1マイルほどの高台にある彼のアンテナ設備から送り出される信号は、きわめて強力だ。あの時間帯、7メガでロングパスを狙う西海岸のビッグガンがかって何局もいたのだが、もうほとんど聞けなくなってしまった。彼は、その生き残りの一人。ますます元気に楽しみ続けてほしいものだ。