FC2ブログ

新たな「フロンティア」 

ケン ローチ監督作品の「家族を想うとき」という映画が、一部の映画人のなかで評判を得ているらしい・・・私は見ていないのだが。ある男が、運送会社の「個人事業主」制度の下で働き始める。働けば働くほど収入になる。だが、会社は男を完全な監視下に置き、ノルマを達成できなければ大きな罰金を払わせられる。事故のリスクは自分で負わなければならない。そうして男は追い詰められ、家族が解体の危機にさらされる、というストーリーらしい。

この「個人事業主」という制度は、雇う側にとっては旨味のある制度だ。雇うことのリスクを負う必要はなく、福利厚生も不要、年金・退職金も要らない。契約制度なので、いつでも契約を破棄できる。非正規雇用以上に被雇用者にとっては厳しい制度。実際に、社会の中でこの制度が徐々に広まっていると聞く。

水野和夫教授の一連の著書に、資本主義社会の「フロンティア」に注目したものがある。資本主義社会は、資源を獲得し、また市場とするために、「フロンティア」を必要としてきた。東インド会社の時代に始まる、資本主義は、当初、アジア・アフリカのような地理的に辺縁の地をそのような「フロンティア」としていた。だが、アジア・アフリカ諸国が独立し、地理的な「フロンティア」は消滅した。それに代わって、電脳空間に新たな「フロンティア」が出現した。グローバル資本が、天文学的な資金に大きなレバレッジをかけて電脳空間で取引を続けた。だが、それもリーマンショックで破たんした。公的資金を導入し、信用不安を一応回避したが、現在再び進行しているバブルが破たんすると、決定的な信用不安が生じ、金融システムが機能しなくなることが予測されている。そして、現在、資本主義が利潤を上げる対象にしているのが、自国の中間層。彼らの労働環境、労働条件を劣悪化させ、そこから利益を上げている。そこが新たな「フロンティア」になっている。・・・水野教授の考えを敷衍して、現在の状況を記述すると、このようになるのではないだろうか。

だが、搾取されている中間層は、生活の困窮化、劣悪化への批判を、少数者への差別、排外主義等に置き換えるように、マスコミ等を通して教育され、コントロールされている。

この構造を、国民自身が理解しないと、「個人事業主」制度に端的に表れた搾取構造を乗り越えることはできない。

天皇制は廃止すべきだろう 

昨日の天皇即位の儀式、テレビで大々的に中継していたようだが、まったく見なかった。すべての行事に160億円以上かけるらしい。台風災害で人々が苦しんでいるときに、それに対してはたった7億円支出するのみだ。政府の対応は間違っている。

天皇制度は、基本的には廃止すべきだと考える。

一つは、天皇の名のもとに戦った第二次世界大戦へのけじめ、本当の意味での反省を込めて、廃止すべきだ。本来なら昭和天皇の時代に、これを行うべきだったが、天皇制存続しか頭になかった昭和天皇の意向と、天皇制を統治に利用しようという米軍・米国の意向が、同床異夢で重なり、何もなされずにずるずると続いてしまった。

二つ目には、天皇制度は、国家神道、それに皇国史観・全体主義と結びつき、容易にカルト化する。現在の天皇制の淵源は、奈良時代、それ以前にあるわけではない。明治時代に、国家をまとめ上げ、戦争に国民を駆り立てるための装置として、国家神道と結合させて、歪な国家観、悪しきエリート主義を生み出した。再び、その道に戻る可能性が高まっている今、天皇制度は、過去の歴史的制度とすべきである。

もう一点、天皇を大日本帝国憲法とそれほど変わらぬ「現人神」よろしく扱うのは、天皇にとって非人間的なことである。天皇に生まれつくと、80歳台半ばまで引退することもできず、公務に縛られ、人間として行いたいことを我慢し続ける人生を送ることになる。そして、時の政権が天皇を政治利用しようとする。

政治には、ある種の宗教的な統合の象徴が必要なのかもしれない。だが、それが大きな禍根を残した歴史がわずか数十年前にある。この人間社会のある種の限界を打ち破るべき時なのだ。

ご飯論法の安倍首相 刹那主義の国民 

安倍首相、総裁選でのご飯論法。

こちら。

彼は、国会でもどこでもこの調子だ。虚偽、口から出まかせは日常茶飯事。内閣のメンバーも、賄賂や不正献金を受け取り放題。で、外国からは軽く見られ、ATM代わりにされている。

この首相の政権が50%前後の支持率だという。この世論調査が本当に客観的に行われているのか疑問が残るが、それでもかなりの支持率があるのは確かだろう。

このご飯論法で、国民を食い物にし、負担をどんどん押し付ける。それが究極まで行かないと国民は気が付かないのだろうか。

宮台真司が述べていたことだが、国民の側の劣化もあるのかもしれない。刹那的にその時さえ良ければ良い、自分の利益になれば良い、という発想が蔓延している。正しいこと、理を通すことは考えない。将来のことは考えない。

これでは、国が亡びる。

韓国から学ぶべきこと 

マスコミ、ネットには嫌韓の言説が満ち溢れている。少し調べれば分かる明らかな事実認識の誤りばかり。

一種の社会病理現象ではないか。

我々は、韓国から学ぶべきことも多い。

韓国民主化を実現したリーダーの一人、金大中元大統領の講演。

日本の民主主義の根無し草的性格を言い当てている。

こちら。

韓国では、民主化は、市民が勝ち取ったもの。わが国では、民主主義は敗戦によって米国からもたらされたものだ。能動的に勝ち取ったものではない。それが、現在の政治の混迷、米国への隷従と、戦前の全体主義体制への回帰の動きをもたらしている。

カジノについてのパブコメ募集中 

「特定複合観光施設区域の整備のための基本的な方針(案)」に関する意見募集について、すなわち、カジノを含むIR構想なるものについて、パブリックコメントを、総務省が募集している。

カジノは要らない。

大体において、「カジノで経済成長」とか言い始めている時点で、この国、おかしくなっているのではないか。次の世代に、「カジノ立国」(それは土台無理だと思うが)の社会を残すのか。

パブコメは、 こちら から。

私はすでに提出した。

そのポイントは、下記の通り;

1)カジノは負ける人の経済的負担で成立する。賭場の胴元が大勝ちするようになっているゼロサムゲームであり、カジノ利用者が大負けすることで、成立する。当然そこで、利用者をギャンブル依存に陥らせる。 

2)ギャンブル依存、犯罪増加、マネーロンダリング等の社会的コストを生む。日本はギャンブル依存の人口内比率が5%程度と、他の先進国に比べて圧倒的に高い。カジノ誘致の地方自治体は、カジノで大枚が地方自治体に転がり込むと説明するが、利益の大半は、米国等からやってくる胴元に吸い上げられる。その一方、ギャンブルによって生じる社会的コスト、とくにギャンブル依存への大きな医療コストを生じる。韓国では、カジノによって得られる利益の数倍のコストがギャンブル依存の治療に必要になったと報告されている。さらに、ギャンブル依存症患者の家族を不幸にする。その社会的負荷は甚大なものとなる。

3)カジノは規制を生む。すでに公的組織が様々なギャンブルに関与している。

競馬:農水省
競輪:経産省
オートレース:経産省
TOTO:文科省
宝くじ:総務省
競艇:(国交省)
パチンコ:(警察)

といった具合だ。カジノは内閣府が利権を握ることになる。行政も利権・天下り先の確保に余念がない・・・国の経営を任されている責任感等微塵も感じられない。

安倍首相以下自民党の政治家が、このカジノ法案成立に動いている。安倍首相は、カジノ法案成立前から、米国でわが国でのカジノ解禁をトランプ大統領・カジノ業者に約束している。

規制による利権が行政・政治に必然的に生じ、腐敗を引き起こす。規制は腐敗の温床だ。特にカジノのような警察権力が関与する事業にあっては、規制により大きな利権が生まれ、腐敗を引き起こす。

~~~

次の世代に、このような社会を残すことで良いのか、今一度考えてみるべきだろう。

パブコメは形だけと言わず、国民の意見表明の貴重な機会、ぜひその権利を行使して頂きたい。期限は10月4日。

本屋の窮状 

街中から本屋さんが姿を消してから久しい。本屋という名の店があったとしても、雑誌や漫画だけしか扱っていないところが大半だ。

大阪で隆祥館書店という本屋を営む二村知子さんという方が、独立系書店の現状と問題点を記しておられる。

特に、見計らい品制度という押し売り制度はおかしい。ヘイト本が横行する下地になっている制度を改めるべきだ。

こちら。


https://www.businessinsider.jp/post-186111?fbclid=IwAR07Nzv0vDcqQHi41HGg0qAVg4gvLN7hrMudu5NPeO-gbr-pT_KrI7mRNho

労働貴族の連合が何を言っている?! 

連合という組織はつくづく労働貴族なのだと思わせる発言だ。下記の記事の連合会長の発言。

安倍政権に「姿勢を改めてもらいたい」等と述べるだけで、この政権の問題が解決するとでも思っているのだろうか。連合傘下の大企業は、「アベノミクス」でそれなりに甘い汁を吸ってきたのだ。だから、安倍政権に倒れられたら困るのだろう。非正規雇用、貧困小児・高齢者等のことはどうでも良いのである。姿勢を改めるのだったら、とっくに改めている。だが、安倍首相は憲法を改悪し、戦前の体制に戻すアナクロニズムに熱中している。

共産党は、筋を通し、社会的弱者のために仕事をし続けている。現在の経済格差を拡大させ、富裕層・大企業に利益を回す安倍政権、軍事力強化に力を注ぎ「米軍世界戦略の下で」戦前の体制に戻ることを画策している安倍政権に否を突き付けられるのは、市民の連合体しかない。そこで共産党は、中心的な役割を果たすはず。

連合という大企業労組の集まりが、国家像を云々する資格があるのか。また、それは意味を持つのか。安倍政権の提示する国家像の問題はどうなのだろうか。

現在の喫緊の課題は、安倍政権を倒すことだ。

以下、引用~~~

連合会長「共産党とは目指す国家像異なる」
2019年9月12日 19時30分

共産党が呼びかける「野党連合政権」構想について、連合の神津会長は記者会見で「共産党とは目指す国家像が異なる」として、支援する立憲民主党と国民民主党が政権をともにすることはありえないという認識を示しました。

共産党は安倍政権に代わる「野党連合政権」の構想を取りまとめたいとして、連合が支援している立憲民主党や国民民主党などに協議を呼びかけています。

これについて連合の神津会長は記者会見で「共産党とは目指す国家像が全く違うので、立憲民主党や国民民主党と1つの政権を担うことは、理屈の上からありえない話だ。共産党は共産主義の国にしていくことが最大の目的だと思うので、一緒にスクラムを組んでやるということにはならない」と述べました。

一方、神津会長は今回の内閣改造について「今の安倍一強政治は、野党の求めに応じていない。改造を機に姿勢を改めてもらいたい」と述べました。

横浜市カジノ誘致の理由 

横浜市林市長、カジノ誘致を決めた理由は、少子高齢化による社会保障のための財政難が続くから、とのこと。

だとすると、日本国中カジノだらけにしなければいけなくなる。

やがてそうなりそうで、怖い。

カジノで経済成長と言いだす時点で、この国は終わっている。

more

う〇こミュージアム 

これほど時宜を得た催しはない・・・お台場で、オリンピックトライアスロンとコラボか?!

こちら

東京湾の大腸菌数、JOCが減らすと言ったら、一日で半減したそうだが、生物界で「半減」は誤差範囲。

Vero毒素を持つ病原性大腸菌が、選手の口の中に入ったら、少数であっても感染を起こし、溶血性尿毒症症候群を起こすことがある。同疾患は、ときに生命にかかわる。

どうする積りなのだろう、JOCは?精神論で突破か?

南相馬市行 

柳美里という在日韓国人の作家がいる・・・その作品を読んだことはないのだが、彼女が、昨年だったか、南相馬市小高地区に移り住み、そこで本屋さんを始めたと語るインタビュー記事を先日読んだ。

柳美里が本屋を小高地区で始めようと考えた理由は・・・そちらにある高校の生徒たちが常磐線で通ってくるのだが、1時間に一本程度しかないため、一つ乗り遅れると長時間待たなくてはならなくなる。小さな駅舎のために中で待つスペースがない、外の階段に腰かけて待っている。彼らが列車が来るまでの時間を過ごすことのできる場所を提供したいと思った、ということのようだった。

柳美里は、家庭的にも社会的にも苦労なさってきた方のようで、若い人々にシェルターのような場所を準備したいと考えている様子でもあった。

南相馬市は、あの事故を起こした双葉町から浪江町をはさんだ北隣の街である。小高地区は、南相馬市の南端、福島第一原発にもっとも近い地区。以前にも一度記したが、小高地区には、両親の友人Sさんが住んでいた・・・もう恐らく亡くなっていることだろう。救世軍の下士官をなさっていた方。20年近く前に、両親を連れて、一度彼女に会いに出かけたことがあった。当時は、常磐高速がいわき市までしか通じてなくて、いわきから下の道で行くのだが、とても遠かった。鄙びた静かな農村が延々と続いていた。

両親二人を同時にどこかに連れて行ったのは、あれだけしかなかったと時々思い出す。あの大震災、原発事故でSさんはどうなさったのだろう。以前、一度Sさんのお住まいのあったと思われる場所を訪れたのだが、弟から聞いた話で、もっと北側の小高地区であると分かった。もう一度小高地区を訪ねて、Sさんの住んでおられたところがどうなったか、確かめてみたいという思いを持っていた・・・年齢的にSさんは既に故人になっておられるだろうけれど。

柳美里の本屋を訪ね、またSさんの消息を知るために、先日南相馬市小高地区を訪ねた。

高速道路は、以前通行止めになっていた、福島第一原発の近傍も開通し、小高地区近くまで高速で行くことができる。いわき以北は一車線になる。以前と変わらない農山村の風景が続く。福島第一原発が近づくと、路肩にある放射線量計の表示が毎時2.5マイクロシーベルトまで示していた・・・これは21mSv以上に相当する。生活者が緊急時に短期間被曝してもよいと言われる限度が20mSvだから、それを超えている。「除染」といって、表面の土壌を薄く剥ぎ、それをプラスチックの袋に入れて山積みにする作業が続けられてきた。だが、あの地域の大部分の面積を占める山野の汚染はそのままである。従って、「除染」というのは土台無理なことなのだ。こちらに住む方にとっては、故郷を少なくとも彼らの人生のスパンでは永久に失うことになった、ということだ。

浪江のインターで降りた。浪江の街は6号線で何度か通り過ぎたことがあるはずなのだが、記憶に乏しい。街並みはきれいに整備されているが、通りに人はほとんどいない。まるでテレビか映画のロケのセットみたいになってしまっている。

6号線に出て、北上。一つ低い峠を越えると、南相馬市、小高地区だ。東側は平坦で太平洋が数km先にある。西側には小高い阿武隈の山々が見える。柳美里の本屋は常磐線小高駅の近くだと記されていたので、駅に向かう。人影はやはりまばら。駅前のコンコースにある小さな花壇で草花の手入れをなさっていた方に伺う。駅からまっすぐ西に伸びる道路・・・恐らく、昔は「小高銀座」とでも呼ぶべきメインストリートだったのだろう・・・その20、30m先にあると教えて下さった。

IMG_5268.jpg

普通の人家と全く変わらぬ外観。まだ、看板も出していないようだった。ドアが開いていたので中に顔を出すと、若い従業員らしい方が、「今日は営業していないんです」と申し訳なさそうに私に話しかけてきた。なかを見るわけにはいかなかったが、壁全体が、本の表紙を見ることのできる本棚にしつらえているようだった。本屋の名前は、柳美里の主要作品のタイトルでもある「フルハウス」。

IMG_5267.jpg

柳美里の思想や生き方を十分知っているわけではないし、彼女のこの永住はまだ始まったばかり。でも、虐げられた人々の視線でものごとを見、その立場に自分を置くという生き方には共感すること大である。一時的に来るのではなく、永住しようという決断は、そう簡単に下せるものではない。実をいうと、私も、リタイア後は何か福島の方々のためにできないかと思っていた・・・非常勤の仕事でもと思って、福島出身の医師の方にちょっと相談してみたりもした。だが、本格的に動くまでには至らず、時々こちらの地方自治体に寄付をする程度のことしかできていない。柳美里はまだ若いこともあるのだろうが、福島原発事故のあった場所の近くに移り住むということはなかなかできるものではない。これからも注目し、できればサポートしてゆきたいものだ。

Sさんの住居があったと思われる場所・・・かなりうろ覚えになっているし、あの震災で津波が小高地区の東側にまで押し寄せたためだろう、様子が変わってしまっていた。だが、6号線からちょっと西に入った、その場所を大体特定できた。だが、そこは更地になっていた・・・。あの津波で家屋が壊されたのか、それともその後住む人がいなくなり、家が取り壊されたのか・・・いずれにしろ、Sさん、そのご家族は長年住んでこられた故郷をやはり失ったということなのだ。その場所にしばらく佇み、Sさんそのご家族のことを想った。

IMG_5272.jpg

帰路は、いわきまで下の道を走った。ところどころに、「帰還困難区域」という立て札が建っていた。これには無性に腹が立つ。あたかも自然現象のために帰還が困難になったかのように我々の意識を誘導しようとしている。本体は、「避難強制区域」なのだ。コミュニティ・家族・仕事を失うことは、社会的に抹殺されることに等しい。それを、我々は傍観している、いやその抹殺する側に立っていると言っても良いのかもしれない。

そして、その抹殺する側も、穏やかな死に向かっていると思えてならない。人口は減り続け、経済活動を示すGDPはドル換算で行くと縮小の一途。一人当たりGDPは、近々韓国・台湾に抜かれる。人々の実質収入も減り続けている。社会インフラも、見渡すとデコボコが放置された道路、錆が放置された橋梁等々が目立つ。あと15年もすると、四軒に一軒は空き家になると予測されている。公文書を改ざんし隠蔽する行政。三権分立が機能しなくなっている。これは近代国家の体をなしていない。

このブログの記事は、わが国の状況を平易な言葉でよく表している。

https://cakes.mu/posts/26826?fbclid=IwAR3B9_EaBzrrBGcRMFTlGMUi4lLU_9M7pubEdcuBoJAe3FWqq4x36AuhCiM

さて、どこに希望を見出して生きてゆくべきなのだろうか。