広範なインフルエンザウイルス株に効く予防接種の可能性 

インフルエンザウイルスは、突然変異を起し易く、その予防接種は、流行する株を予測して準備することになっている。

その予測が外れた場合、または昨シーズンのように予測外のハイブリッドウイルスが出現した場合等、予防接種の効果は期待し難い、または僅かな効果しか得られないことになる。

予防接種の抗原の選択と、投与方法を検討することにより、同一種のインフルエンザウイルスであれば、幅広い株(亜種)に効果が期待できると、下記の報告は述べている。Scienceという一流の雑誌なので、期待できそうな研究結果だ。

H1N1のHA抗原をコードするplasmid DNAをまず接種する。ついで、季節性インフルエンザ予防接種またはHAをコードした増殖能を欠いたアデノウイルスでブーストすると、広範なH1N1亜種に対して、中和抗体が産生される、ということのようだ。これは、マウス等での動物実験の結果だが、人以外の霊長類でも同様の結果が得られているとのこと。人での広範な株へのインフルエンザ予防接種作成への手がかりになるだろう、とのこと。


以下、引用~~~

Science. 2010 Jul 15. [Epub ahead of print]

Induction of Broadly Neutralizing H1N1 Influenza Antibodies by Vaccination.
Wei CJ, Boyington JC, McTamney PM, Kong WP, Pearce MB, Xu L, Andersen H, Rao S, Tumpey TM, Yang ZY, Nabel GJ.

Vaccine Research Center, NIAID, National Institutes of Health, Bethesda, MD 20892-3005, USA.

Abstract
The rapid dissemination of the 2009 pandemic influenza virus underscores the need for universal influenza vaccines that elicit protective immunity to diverse viral strains. Here, we show that vaccination with plasmid DNA encoding H1N1 influenza hemagglutinin (HA) and boosting with seasonal vaccine or replication-defective adenovirus 5 (rAd5) vector encoding HA stimulated the production of broadly neutralizing influenza antibodies. This prime-boost combination increased neutralization of diverse H1N1 strains from 1934 to 2007 compared to either component alone and conferred protection against divergent H1N1 viruses in mice and ferrets. These antibodies were directed to the conserved stem region of HA and were also elicited in nonhuman primates. Cross-neutralization of H1N1 subtypes elicited by this approach provides a basis for development of a universal influenza vaccine for humans.

PMID: 20647428 [PubMed - as supplied by publisher]

昨シーズンH1N1、及びH5N1予防接種に対する効果等の評価 

昨シーズンの新型H1N1インフルエンザに対する予防接種、及びH5N1インフルエンザの原型ウイルスに対する予防接種の投与回数・投与量・安全性・効果を評価した、WHOの報告。

効果とは、抗体産生で観ているだけなのか?

10歳以上の場合、大多数の予防接種で一回だけの投与で十分。生後6ヶ月から3歳の場合、二回目の投与が必要。3から9歳の場合、予防接種の種類によって、二回目の投与が必要な場合があった、ということのようだ。


以下、引用~~~


Vaccine. 2010 Jul 23. [Epub ahead of print]

Report of the 6th meeting on the evaluation of pandemic influenza vaccines in clinical trials World Health Organization, Geneva, Switzerland, 17-18 February 2010.
Girard MP, Katz J, Pervikov Y, Palkonyay L, Kieny MP.

French National Academy of Medicine, 39 rue Seignemartin, 69008 Lyon, France.

Abstract
On February 17-18, 2010, the World Health Organization (WHO) convened the 6th meeting on the "Evaluation of pandemic influenza vaccines in clinical trials" to review the progress made on new A (H1N1) 2009 vaccines and prototype H5N1 vaccines and their evaluation in clinical trials. A number of vaccine types were reviewed, including classical egg-derived and cell culture-derived inactivated vaccines, such as split virus or whole-virion vaccines, and live-attenuated vaccines (LAIV), as well as vaccines developed using new technologies. The amount of antigen needed, the effect of adjuvants and the number of doses required to induce adequate antibody responses in various populations, together with the issue of safety of the vaccines, were major topics of the meeting. The effectiveness of H1N1 vaccines and the need for standardization of vaccine potency tests were also discussed. Independent of the vaccine type and the presence or absence of an adjuvant, all A (H1N1) 2009 vaccines were well tolerated, eliciting only mild to moderate local or systemic reactions. For most vaccines tested, a single dose was sufficient to elicit a potentially protective antibody response in the majority of vaccines >10 year of age. However, a second dose of vaccine was needed to boost immune responses in infants and toddlers 6 months to 3 years of age and, with some vaccines, in children aged 3-9 years. Copyright © 2010. Published by Elsevier Ltd.. All rights reserved.

PMID: 20659520 [PubMed - as supplied by publisher]

ACIPのインフルエンザ予防接種勧奨事項 

米国CDCのACIPから、今冬のインフルエンザ予防接種の勧めが公表された。

要点は;
1)生後6ヶ月以上のすべての人々に、予防接種を行なうこと
2)生後6ヶ月から8歳の小児が、以下の条件にある場合には、最低4週間の間隔を開けて、二回予防接種を行な  うこと
  1;予防接種既往の不明の者
  2;季節性インフルエンザ予防接種暦のない者
  3;季節性インフルエンザ予防接種を昨シーズン初めて受けたが、一回だけに留まった者
  4;予防接種暦の如何に関わらず、昨シーズン新型H1N1インフルエンザ予防接種を一度も受けていない者 
3)今シーズンに用いられるべき予防接種は以下のウイルス株を含む三価の予防接種であること
   A/California/7/2009 (H1N1)-like (the same strain as was used for 2009 H1N1 monovalent vaccines)
   antigens
  A/Perth/16/2009 (H3N2)-like antigens
  B/Brisbane/60/2008-like antigens
4)5)省略


以下、抄録引用~~~

MMWR Recomm Rep. 2010 Aug 6;59(RR-8):1-62.

Prevention and Control of Influenza with Vaccines: Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010.
Influenza Division, National Center for Immunization and Respiratory Diseases.

Abstract
This report updates the 2009 recommendations by CDC's Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) regarding the use of influenza vaccine for the prevention and control of influenza (CDC. Prevention and control of influenza: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices [ACIP]. MMWR 2009;58[No. RR-8] and CDC. Use of influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccine---recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices [ACIP], 2009. MMWR 2009;58:[No. RR-10]). The 2010 influenza recommendations include new and updated information.

Highlights of the 2010 recommendations include 1) a recommendation that annual vaccination be administered to all persons aged >/=6 months for the 2010--11 influenza season; 2) a recommendation that children aged 6 months--8 years whose vaccination status is unknown or who have never received seasonal influenza vaccine before (or who received seasonal vaccine for the first time in 2009--10 but received only 1 dose in their first year of vaccination) as well as children who did not receive at least 1 dose of an influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccine regardless of previous influenza vaccine history should receive 2 doses of a 2010--11 seasonal influenza vaccine (minimum interval: 4 weeks) during the 2010--11 season; 3) a recommendation that vaccines containing the 2010--11 trivalent vaccine virus strains A/California/7/2009 (H1N1)-like (the same strain as was used for 2009 H1N1 monovalent vaccines), A/Perth/16/2009 (H3N2)-like, and B/Brisbane/60/2008-like antigens be used; 4) information about Fluzone High-Dose, a newly approved vaccine for persons aged >/=65 years; and 5) information about other standard-dose newly approved influenza vaccines and previously approved vaccines with expanded age indications. Vaccination efforts should begin as soon as the 2010--11 seasonal influenza vaccine is available and continue through the influenza season. These recommendations also include a summary of safety data for U.S.-licensed influenza vaccines. These recommendations and other information are available at CDC's influenza website (http://www.cdc.gov/flu); any updates or supplements that might be required during the 2010--11 influenza season also will be available at this website. Recommendations for influenza diagnosis and antiviral use will be published before the start of the 2010--11 influenza season. Vaccination and health-care providers should be alert to announcements of recommendation updates and should check the CDC influenza website periodically for additional information.

PMID: 20689501 [PubMed - in process]

H1N1の遺伝子変異が、H5N1に生じると・・・ 

昨年流行した新型インフルエンザH1N1の変異していた遺伝子の一部と同様の変異を、鳥インフルエンザH5N1に生じさせたところ、人の細胞での増殖が認められたとの記事。この遺伝子変異が、H5N1のヒト間の感染に結びつくかは不明だが、可能性としてはありうる。両ウイルス間の遺伝子組み換えが、in vivoで生じると、大きな問題になりそうだ。

流行が起きる前に、備えをしておきたいもの。


以下、引用~~~

昨年の大流行、遺伝子変異を特定--東大チーム:新型インフルエンザ
2010年8月6日 提供:毎日新聞社


新型インフルエンザ:昨年の大流行、遺伝子変異を特定--東大チーム



 新型インフルエンザウイルス(H1N1)がパンデミック(世界的大流行)を起こした原因となる遺伝子変異の特定に河岡義裕・東京大医科学研究所教授(ウイルス学)らのチームが成功した。6日、米科学誌「プロス・パソジェンス」電子版に掲載された。

 これまで鳥や豚のインフルエンザウイルスを作る遺伝子のうち、増殖の役割を担うRNA(リボ核酸)を構成する2カ所のアミノ酸が変異すると、ヒトに感染して増殖することが知られていた。だが、昨年大流行した新型ウイルスはなぜかこの2カ所の変異がなかった。

 河岡教授らは新型ウイルスで見つかった複数の変異のうち共通していた3カ所目のアミノ酸の変異に注目。本来ヒトには感染しにくい強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)の同じ個所を遺伝子工学の技術で変異させたところ、ヒトの細胞で増殖した。

 河岡教授は「これらの3カ所の変異のポイントに注目し、強毒性鳥インフルエンザの大流行を警戒する必要がある」と話している。【関東晋慈】

インフルエンザ再び 

明日は、立秋。暑いといいながら、秋も少しずつ近づいている。

インフルエンザのシーズンもやって来る。インフルエンザの予防接種を、季節性も含めて、国家管理下で行うようにするという、「暗い話題」が再び持ち上がっているようだ。行政はあまり当てにはできずというか、昨秋、任意接種でありながら国が予防接種事業をガジガジに管理して、医療現場は大いに苦しめられた。

それでも、インフルエンザ対策を、医療現場で考えて行かねばならない。

実のところ、インフルエンザの予防接種は、乳幼児への効果が、医療現場にいて、もう一つ確信が持てない・・・が、その年齢層がかかると重くなりうるので、予防接種を一応勧めている。昨年のH1N1の流行に際して、この年齢層での、「予防効果」について、明確なデータが出ているのだろうか・・・少なくとも、管理を仕切っていた厚生労働省からは、データが来ない。

それでも、ウイルス感染の一番の方策は、予防接種なので、今年も年幼の患者さん、基礎疾患を持つ患者さんには
勧めることになるだろう。

つい最近、東大の医科研で、昨年のH1N1が鳥インフルエンザH5N1と交雑しやすく、H5N1がヒトヒト間感染力を持つ可能性を指摘するデータが出されている。

一方、H1、H3の季節性インフルエンザ予防接種を受けた人からB細胞株を樹立し、その産生する抗体のスペクトラムを見たところ、H5の中和抗体ターゲット部位HAに対する抗体が産生されていたとの報告がある(下記)。

これらの点から、H1N1をローリスクだと片付けずに、H5N1への交叉免疫形成を期待して、H1N1の予防接種を勧める意味があるのかもしれない。


J Clin Invest. 2010 May 3;120(5):1663-73. doi: 10.1172/JCI41902. Epub 2010 Apr 12.

Heterosubtypic neutralizing antibodies are produced by individuals immunized with a seasonal influenza vaccine.
Corti D, Suguitan AL Jr, Pinna D, Silacci C, Fernandez-Rodriguez BM, Vanzetta F, Santos C, Luke CJ, Torres-Velez FJ, Temperton NJ, Weiss RA, Sallusto F, Subbarao K, Lanzavecchia A.

Institute for Research in Biomedicine, Bellinzona, Switzerland.

Abstract
The target of neutralizing antibodies that protect against influenza virus infection is the viral protein HA. Genetic and antigenic variation in HA has been used to classify influenza viruses into subtypes (H1-H16). The neutralizing antibody response to influenza virus is thought to be specific for a few antigenically related isolates within a given subtype. However, while heterosubtypic antibodies capable of neutralizing multiple influenza virus subtypes have been recently isolated from phage display libraries, it is not known whether such antibodies are produced in the course of an immune response to influenza virus infection or vaccine. Here we report that, following vaccination with seasonal influenza vaccine containing H1 and H3 influenza virus subtypes, some individuals produce antibodies that cross-react with H5 HA. By immortalizing IgG-expressing B cells from 4 individuals, we isolated 20 heterosubtypic mAbs that bound and neutralized viruses belonging to several HA subtypes (H1, H2, H5, H6, and H9), including the pandemic A/California/07/09 H1N1 isolate. The mAbs used different VH genes and carried a high frequency of somatic mutations. With the exception of a mAb that bound to the HA globular head, all heterosubtypic mAbs bound to acid-sensitive epitopes in the HA stem region. Four mAbs were evaluated in vivo and protected mice from challenge with influenza viruses representative of different subtypes. These findings reveal that seasonal influenza vaccination can induce polyclonal heterosubtypic neutralizing antibodies that cross-react with the swine-origin pandemic H1N1 influenza virus and with the highly pathogenic H5N1 virus.

新型インフルエンザ対策総括会議 

新型インフルエンザ騒動を総括する、厚生労働省の会議が議論を始めたらしい。取り上げようと思っていたら、今日付けのYosyanさんのブログで、同会議の最初の会合の内容が詳細に報告検討されている。

私が、この会議について疑問に感じたのは、会議メンバーの人選だ。メンバーは以下の通り。

金澤 一郎 ◎ 日本学術会議会長
岩本 愛吉 ○ 日本感染症学会理事長
伊藤 隼也 医療ジャーナリスト
岩田 健太郎 神戸大学大学院医学研究科教授
岡部 信彦 国立感染症研究所感染症情報センター長
尾身 茂 自治医科大学教授
河岡 義裕 東京大学医科学研究所感染症国際研究センター長
川名 明彦 防衛医科大学校教授
田代 眞人 国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長
谷口 清洲 国立感染症研究所感染症情報センター第三室長
丸井 英二 順天堂大学医学部教授

新型インフルエンザ対策(以下、「対策」と略す)を進めてきた面々が、自分達の行なった「対策」を総括する、という形式にまず違和感を感じる。国民を右往左往させ、とりわけ医療現場に酷い負担を与えた「対策」は、「対策」を策定した人物以外の方々に総括してもらいたい。もらいたいというより、第三者の目で見た批判的な総括をすべきなのだ。

もう一つ、「対策」で実際に苦労した医療現場の人間が、この会議メンバーのなかに見当たらないことも納得が行かない。特に、インフルエンザワクチンを国が買い取り、行政を介して配布するというシステムを取ったために、医療現場は、大きな労力と、経済的な負担を強要された。医療現場の人間が、今回の「対策」に多くの注文があるはずだ。神戸大学の岩田教授が、そうした医療現場の疑問・注文を代弁してくれているが、会議メンバーの多くは行政と一体化した面々にしか過ぎない。伊藤某というカメラマン、最近医療ジャーナリストと自称している人間を加える余裕があるなら、何故医療現場で汗をかいた人間を加えないのだろうか。

このままでは、行政の自画自賛の総括しか出てこない。それでは、もっと強毒のウイルスが流行した時への準備としての総括にはなりえない。

正直、厚生労働省の医系技官は、もう少し知性的な人々かと期待していたが、結局、自らの立場を守ることだけに汲々としている人間の集まりであることを露呈している。

インフルエンザワクチン雑感 

インフルエンザの予防接種の有効性に関しては、教科書的には、成人で60から90%と記載されている。高齢者や、乳幼児では、その効果は劣る、ということも知られている。一方、エヴィデンスという観点からは、高齢者の重症化を防ぐということしか言えない、という否定的な説もある。副反応は、それほど多くは無い。

そのような情報をもとに、私は、基礎疾患のある方、乳幼児(特に生後半年以上2歳以下)等には、積極的に勧めている。

が、どうも小児での効果がそれほど顕著なものではない、という臨床的な印象があるのも事実。現在行われているワクチンの効果に疑問を持たせる知見がある。インフルエンザウイルスが、気道粘膜で増殖し、十分な免疫応答が生じる前に発症してしまう(潜伏期が短い)ことや、インターフェロンや、TNFといった非特異的な感染防御能以外では、粘膜で産生されるsIgAが特異的免疫能を司ると思われるが、皮下に投与するワクチンでは、特異的sIgAは誘導されないこと等である。

特異的sIgAを誘導する鼻粘膜投与の生ワクチンの効果が優れているとの成書の記載もあるが、今回のH1N1流行に対して効果がそれほどでもなかったというニュースもあったような気がする(不確実)。

インフルエンザに限らず、ウイルス疾患に対する根本的な対応は、ワクチンであるから、明確なデータが臨床現場では欲しい。

行政が、H1N1ワクチンの配布を行っているが、その手順の悪さは、喜劇的ですらある。ワクチンを余らせるなと、現場に命じつつ、何時どれだけのワクチンを配布するかは、闇の中。投与対象、投与回数の変更も、朝礼暮改自由自在。「10mlバイアル5本(小児では約200人分)(これは当院の場合なのだが)を配給するので、2,3日以内に使用するかどうか返答しろ」と言ってきたり、突然「医療機関が学校に出張して集団的に予防接種をする」と決めたり、滅茶苦茶である。10mlバイアル配給に対応して、大急ぎで予約患者に電話をしまくって、予約を確認したが、その直後の集団的個別ワクチン接種決定で、当院でのワクチン接種のキャンセルが相次いだ。市の学童児童への説明では、H1N1ワクチンは、学校でしかできない、と言われたとのことだった。滅茶苦茶である。

パンデミックの経験が、行政になかったとはいえ、医療現場への負担、それに引き起こされる混乱を、想像する能力が全くなさそうだ。彼等にしてみると、医療現場は行政にただ黙って従うべきものと考えているかのようだ。10mlバイアルを多量に作ったことや、価格設定・国内ワクチン優先などにより、天下り先ワクチンメーカーを保護し、そこにより大きな利益を誘導する政策をとったといったことも漏れ聞こえてくる。

というわけで、地を這うような思いで、ワクチン投与を続けているが・・・最初に記したような関心事に対して、厚生労働省が的確な情報を医療現場に与えるようなことは期待しすぎなのだろうか。無理なのだろう・・・きっと。

で、ヨーロッパでは、このような事態になりつつあるらしい。結構、これが正解だったりして・・・という、小児科医としては不見識な発言を、させないでもらいたいものだ。これが鳥インフルエンザの大流行になったら、一体どうなることやら・・・。



以下、引用。

伊でワクチン大量廃棄も 新型インフル、接種率低く
09/12/16
記事:共同通信社
提供:共同通信社

 【ローマ共同】イタリアで、新型インフルエンザのワクチン接種対象となっている妊婦や医療関係者の接種率が極めて低いためワクチンが大量に余り、今後一般の人への接種が始まっても使われずに廃棄される可能性が高いことが分かった。14日付レプブリカ紙などが伝えた。

 ワクチンの副作用への不安や、季節性インフルよりも死亡率がはるかに低いなど「世界保健機関(WHO)は騒ぎすぎ」との認識が広まったことから接種希望者が少ないためで、同様の問題はオランダ、オーストラリア、ドイツなどでも発生。一部の国ではワクチンを他国に売却する計画も進んでいる。

 イタリアでは既に約743万本のワクチンを各自治体に配布。医療関係者や消防士、警察官のほか妊婦、糖尿病など基礎疾患(持病)のある人を対象に接種が行われているが、8日時点での接種者はわずか約68万9千人。医療関係者で全体の約14%、妊婦では約10%しか接種を受けていない。

 年明けから一般の人への接種を開始、人口約6千万人に対し計4800万本のワクチンを調達予定だが、接種を希望しない傾向が続く可能性が高い。同国の累計感染者約365万人に対し死者は142人で、季節性インフルよりも死亡率ははるかに低い。