FC2ブログ

Entry Navi - Category  [戦争責任 ]

靖国神社宮司の天皇批判 

靖国神社は、明治時代に国民を統合し、戦争に国民を関与させることを目的に創建された神社だ。具体的には、戦死者を祀る、戦死者を神とするという報償を与えることによって、国民を戦争に駆り出す、そのための宗教的な装置である。国家神道と不可分の関係にある。

その靖国神社のトップが、天皇の「戦地慰霊の旅」を批判している。戦地には遺骨があるかもしれないが、慰霊は自分たちの靖国神社にある、したがって、靖国神社への参拝をせずに、戦地慰霊の旅をする天皇は、靖国神社を潰そうと画策している、というはなはだ自分勝手な論理である。昭和天皇、今上天皇が靖国神社を参拝しないことも批判している。天皇の政治への関与を天皇自らが抑制していることを理解しない。このようなトップが靖国神社にいることは極めて危険なことだ。

結局、靖国神社という国家神道の疑似宗教施設・組織を守り、その権益を肥大させることだけを、この宮司は考えている。靖国神社に参拝する政治家は、靖国神社の思惑を共有し、戦前体制へ逆戻りすることによって自分たちの権益をさらに確実にすることだけを考えている。国家神道は、我が国の近代化の過程で生まれた必要悪の疑似宗教であり、すでにその役目は終わった。むしろ、戦争犯罪に関して、国家神道・その組織に連なる人々は、さらに責任を追及されるべきだ。

「戦地慰霊の旅」を続けてきた天皇を宮司が批判することで、靖国神社の本性が露わになった。このような組織、それに連なる政治家は、国の政治には関与すべきではない。

以下、NEWSポストセブンの記事;

こちら。