FC2ブログ

芸能界の闇 

先日、ジャニーズ事務所という芸能プロダクションの創設者が亡くなった。テレビは一時彼の業績をたたえ、彼の死を悼む番組であふれかえった。

一人の方が亡くなったことに対して哀悼の意を表すのは悪いことではない。だが、それがテレビ全体を覆うのには違和感を感じた。

特に、その創設者は、自らの権力をかさにきて、多くの若い男性芸能人(その候補)に対して、セクハラを行っていたという明確な事実がある。それは、裁判で確定し、さらに被害にあった複数の芸能人がその件について手記を記している。

テレビ番組は、その問題を捨象して、彼の業績だけを強調していた。

さらに、このような報道が流れてきた。

ゆるねとにゅーすから引用;

・2019年7月17日、ジャニーズ事務所から退所して芸能活動を行なってきた元SMAPのメンバー、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんについて、ジャニーズ事務所が3人をテレビ出演させないように、民放のテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとして、「公正取引委員会が事務所を注意した」とNHKが報じた。

・このNHK報道に対して、ジャニーズ事務所は即座にコメントを発表し、圧力をかけていたことを否定。公取から調査を受けたことは事実と認めた上で、「今後は誤解を受けないように留意したい」とコメントした。


同事務所が圧力をかけていたことを否定しているが、元SMAPの三人のメンバーが民放から「干されていた」のは事実だろう。

SMAP解散の際に、彼らと同事務所の間で軋轢があったと言われている。

芸能事務所が、芸能人の生殺与奪の権利を握っている状況が見える。

先日の、吉本所属の芸人の「闇営業」でも同じような構図が見え隠れしていた。吉本は、芸人ときちんとした労働契約を結ばず、低賃金で酷使している現実が明らかになった。吉本に職属する6000人の芸人は、吉本が絶対権力を持っているために何も言えないのだ。

芸能界は元来暴力団との近い関係が指摘されている。直接の関係はなくなったとしても、芸能事務所が、芸能人を暴力団のように支配し搾取する構図は温存されているということだ。

その芸能事務所に所属する芸能人と嬉々として会食をしていた首相がどこかにいた。

ある俳優の思い 

日本では、芸能人・俳優の政治的発言、とくに反政権の発言はご法度とされているようだ。

敢えて、それをすると、「干されて」しまうらしい。

だが、それを覚悟で積極的に反政権の発言を続けている俳優がいる。古舘寛治さん。

彼が発言を続けられる背景には、所属事務所の社長の理解があるらしい。どの世界にも、こうした人はいる。ありがたいことだ。

そのインタビュー記事。彼はtwitterで、もう選挙投票日まで時間がないから、行く先々で政治の話をするうるさいおじさんになる以外ない、と述べている。

我々も、うるさいおじさんになるべきだ。

以下、朝日新聞から引用~~~

たとえ干されようとも いだてん俳優、覚悟の政治発言

2019年7月14日15時00分

 芸能人が政治に絡む発言をすると、ハレーションが起きる――。SNS上では見慣れた光景だ。大河ドラマ「いだてん」の可児徳役で知られる俳優の古舘寛治さんもその一人。最近になってツイッターでの政権批判のツイートが度々注目を集めているのだ。古舘さん自身、「仕事を干される」覚悟で発言しているという。俳優生命をかけなければならない理由とは。

「安倍政権支持」の空気

――参院選まっただ中ですが、最近、政権批判のツイートをするたびに、多くの人にリツイートされるなど、注目を集めていますね

 今回の参議院選挙、自民党が憲法改正を公約の一つに掲げているでしょ。党の改憲草案を見たけれど、とにかく国民一人一人の権利を弱め、全体主義を強める内容で恐ろしいと僕は感じた。言いたいことが言えない社会になるのが嫌なので、21日の投開票日まで必死になって発言しています。

――政治に関する発言は最近になってからですか?

 いいえ。2011年の東日本大震災の少し前に、ツイッターやフェイスブックを始めたんですが、その頃からつぶやいていました。(中東や北アフリカで独裁的な政権を崩壊させた)「アラブの春」でSNSが大きな役割を果たしたことに衝撃を受け、興味を持ったんです。最近でも、沖縄・辺野古での新基地の建設強行に憤りを感じ、反対を訴えるツイートをするなど、コンスタントにつぶやいています。

――では、ここにきてなぜ注目されたのでしょうか

 そんな僕のツイートを批判してきた人に向けて、7月2日にこうつぶやいたからでしょう。

 「『政治のことなんか触れず、いだてんの宣伝だけしとけ』ってのがまた来た……(中略)……私一俳優ではありますが、一有権者でもあるんで、一つの存在に閉じ込めるのはやめてください」

 本来は仕事の話と、政治の話は明確に線引きしているのですが、ツイートに「いだてん」の名前があったことで、俳優だと気づく人が出て、一気に拡散された。その時にフォロワーが1日で1万人ほど増えたんです。多くの人が発言を支持してくれた。もちろん「俳優の分際で」「いだてんの宣伝だけしてろ」といった批判もありましたが。

――知名度が高まる中で、政治に関する発言をすることにちゅうちょはありませんでしたか?

 もちろんありますよ。自分が関係している仕事場への影響は気になる。大河に出ていて、周りからどう思われているのかなと心配になります。でも「仕事がなくなって、干されてもそれは仕方がない」という気持ちでやっている。

――相当な覚悟を感じます

 しかも僕の場合は、権力に異を唱えています。民主主義社会といっても、権力は大きな力を持っているから、何かしらの不利益を被る恐れはゼロではない。でも、国民一人ひとりの「個」が立ち上がり、発言し、行動するのが民主主義なわけで、その中で沈黙することはとても危ないと僕は思う。それに今回の一件で応援してくれる人だっている。だから、僕は仕事を干されようとも、発言はやめたくない。

――事務所は止めなかったのですか?

 もちろん、発言を相当気にしているとは思いますが、社長も「間違ったことは言っていない」と言ってくれます。その寛大さ、本当にありがたいですよ。

――古舘さんの発言が目立つのは、そもそも政治発言をする芸能人の数が絶対的に少ないからではないでしょうか

 一つは、国民が芸能人に対し、政治的に中立であってほしいと思っている状況がある。それ以外にも、日本の俳優やタレント、特に映像の世界で食べている人たちの大きな収入源はCMであることも大きい。CMはテレビ局などのスポンサー、つまり企業の顔ですよね。企業は政治色を帯びることを嫌う。芸能人が発言しにくいのは当たり前です。一方、米国はそんなシステムではない。だから、ハリウッドはアンチトランプが多いし、アカデミー賞では政治的な内容のものが受賞できる。

――実際、発言を続ける中で、陰に陽に圧力を感じることってありますか?

 それを言うのは怖いですね……具体的には言えませんが、僕は感じていますよ。

――芸能界の知り合いの方々はどんな反応ですか?応援してくれる人はいますか

 もちろん共感してくれる人はたくさんいます。でも「古舘君、がんばってね」って感じです(笑)。

――「がんばろう」じゃない、と。それはなかなか寂しいですね

 「がんばろう」は難しいですね。でもね、さっき言った理由で、日本の俳優に過度に期待をするのはかわいそうですよ。仕事を干される覚悟がないとできませんから。

――なぜ、古舘さんはそこまで覚悟を持って、動けるのですか。その衝動の原点はどこにある?

 27歳の時に、車の事故に遭い、生死の境をさまよった。奇跡的に一命をとりとめた時、これからはエキストラライフ、おまけの人生だって思うようになったんです。やりたいことやって、何が起きても、生きていること自体がプラスだなと。そんな体験が関係しているのかもしれません。だから、これからも必死で発言は続けますよ。

映画「新聞記者」HPへの攻撃 

映画「新聞記者」のHPに、何者かが攻撃をしかけ、アクセスしずらい状況になっている由。

その説明と、上映映画館の情報は、こちら。

攻撃者のipアドレスが判明しているようなので、その内攻撃者の素性が明かされることだろう。だが、これほど表立った攻撃もない。やはり、評判上々のこの映画に危機感を抱いている人物・組織が存在するということだ。

攻撃をしかける人物・組織に対して、この映画が大きな打撃を与えているということだ。

映画「新聞記者」 

昨日全国で上映が始まった映画「新聞記者」を、今日家内と観てきた。近くの巨大ショッピングモールにある映画館。駐車場は買い物客で満杯。だが、映画館は6、7割の入りだったろうか。中高年の観客が多い。

映画の紹介は、こちら。

かの望月衣塑子氏の原案による社会派サスペンスだ。

国を誤った方向に向かせる政策を、ある新聞記者と内調に所属する官僚が阻止しようとするが・・・という内容。

現政権の公文書改ざんや、特区を用いた利権誘導等もプロットに加えられている。望月女史他、前川喜平氏等も、ちょこっと画面に出てくる。とくに内調という政権中枢に存在する秘密警察のような現存の組織が、政権反対派潰しに動くところは迫真である。

最近、官僚を目指す学生が減っているという。このドラマが現実そのものではないだろうが、官僚は内閣人事局に人事を完全に握られ、政権に隷従することを要求される。その官僚の世界に飛び込もうとする優秀な若者が減っている、ということだろう。新聞記者を演じた韓国の女優が特に好演。なかなか良くできた作品だ。

この作品を生み出そうとする製作者、全国上映する関係者は、きっと様々な圧力を受けたことだろう。マスコミの大部分が、現政権の圧力に屈して、わが国の問題を正面から報じなくなっている。映画という限られたメディアだが、このような現実の問題を指摘する作品を生み出した製作者・関係者に拍手を送りたい。

この映画を一人でも多くの方に、とくに若い方に観て頂きたい。これは、すでにドラマの世界のことではなく、現実に進行中の出来事なのだから・・・。


トランプの相撲観戦 

昨日の大相撲千秋楽、幕内前半戦だけで観るのを止めてしまった。優勝が決まっており、興味がなくなったのと、トランプ御一行が来場することになっていたからだ。

トランプは、升席にしつらえられた椅子に座り、その周囲を多数のシークレットサービスが取り囲んでいた。さらに、大統領杯を朝の山にトランプが渡すとき、土俵上でトランプはスリッパを履いていた。相撲の「伝統」なるものがあるとしたら、トランプのために易々と「伝統」を破壊した。

これまでの外国からの招待客がそうであったように、トランプは貴賓席で観戦するべきだった。また、土俵上に下足の一種であるスリッパ履きで上がることも止めるべきだった。

だが、そうした「伝統」をトランプに慮って易々と破る。安倍首相は、保守主義者ではない。保守主義とは、人間への懐疑を根底に持ち、伝統を重視する立場だ。安倍首相は、エセ保守、いや無思想なのだ。あるのは、米国大統領に奴隷のようにヘリ下り、国の「伝統」さえも彼のために破り去る、それは自分の権威を高めるため、という利己主義だけである。

その延長線上に、農業分野での大幅譲歩を行い、それを参院選が終わるまで秘密にすることをトランプにお願いしている。自己利益だけを考えた、売国奴のやり口である。

トランプの相撲観戦、そこで蔑ろにされた「伝統」について英文ブログに記した。それをリンクしたfacebookで、米国の友人が「なんだったら、トランプをあげるよ。」と言ってきたので、いやいやご免こうむる、こちらの首相をお土産に持たせたいくらいだと返答しておいた。

「新元号の由来」 

内田樹氏によると、新元号の由来・・・

「国書から」と誇らしげに発表したのに後漢の詩人張衡の「仲春令月時和気清」が出典でした

ということらしい。

別なtweetでは・・・

張衡「帰田賦」(AD78-139) ←晋王朝の安帝の時代の人物

王羲之「蘭亭序」(AD353)

昭明太子「文選」(AD501-531)

大伴家持「万葉集」(AD759)

安倍晋三「令和」(AD2019)


万葉集の和歌からの引用だと述べて、安倍首相は、強引に日本の四季につなげているが、中国にも四季はある、ということだ。

私は元号は基本使わないので関心が殆どないのだが、元号制定を鳴り物入りで盛大にやって、これでは恥ずかしくないのだろうか・・・。

本当に、知性を欠く首相、その取り巻き達だ。あの有識者たちは一体何の有識者なのだろうか。

ホーキング博士 追悼 

ホーキング博士が亡くなった。各界から彼の死を悼むコメントが出されている。

彼はユーモアのセンスがあった。ある時、電動車いすに関心を持ったチャールズ皇太子に電動車いすを動かして見せた。ところが、彼の足を「轢いて」しまった。残念なことに、サッチャーの足を轢くことが念願だったが、それは実現しなかった、と生前ホーキング博士はどこかで語っていた。

地球温暖化への危機感も持っておられたようで、その点でオバマ前大統領とも同じ考えだった。トランプの環境政策に反対を表明していた。

オバマの彼への追悼の言葉がこころに沁みる。今は、時と空間を超えた世界で愉しく過ごして頂きたい、とオバマは述べた。

以下、NYTの記事を引用~~~

Everybody Needs To See Obama’s Response To News Of Stephen Hawking’s Passing
MARCH 15, 2018 BY KEVIN BIGGS

Stephen Hawking, the man who explored time and space as no one else could, passed away Wednesday morning at the age of 76. The news was confirmed by a spokesperson from Hawking’s family.


There has been an outpouring of grief on social media for the late author and physicist, but one person’s tribute has been striking a chord, capturing a sentiment that fits the loss of such an incredible mind.

After hearing the sad news, former president Barack Obama took to Twitter and offered a short and poignant farewell to Hawking: “Have fun out there among the stars,” Obama tweeted.

Barack Obama

@BarackObama
Have fun out there among the stars.

11:58 PM - Mar 14, 2018

The two men had met before at the White House in 2009 when Obama presented Hawking, a British citizen, with the Presidential Medal of Freedom. Though it is usually only presented to American citizens, Obama made an exception for Hawking and bestowed upon him the highest civilian honor for his lifetime of work.

“From his wheelchair, he’s led us on a journey to the farthest and strangest reaches of the cosmos. In so doing, he has stirred our imagination and shown us the power of the human spirit here on Earth,” Obama said of Hawking.

Before achieving world-recognition for his many contributions to physics, Hawking was a graduate student at the University of Cambridge. In 1963, he was diagnosed with a motor-neuron disease, specifically amyotrophic lateral sclerosis (ALS) or Lou Gehrig’s disease.


His work in physics and cosmology continued on, despite losing his speech and being confined to a wheelchair. His most notable book was published in 1988 and titled A Brief History of Time. In it, Hawking explained complex concepts like space and time in nontechnical terms for a general audience.

In more recent years, Hawking became a major proponent of environmental awareness and praised Obama’s dedication to conservation and sustainability.

On the other hand, Hawking was an outspoken critic of Donald Trump and his stance on climate change. In the past, Trump has referred to climate change as a hoax.

“We are close to the tipping point where global warming becomes irreversible. Trump’s action could push the Earth over the brink, to become like Venus, with a temperature of two hundred and fifty degrees, and raining sulphuric acid,” he told the press last year.

Since taking office Trump has pulled out of the Paris climate agreement, one of the things he promised during his campaign. The U.S. is the only country on Earth that has not promised to limit carbon emissions to the standards set from the Paris climate agreement.


Trump has not issued any condolences or tributes to Stephen Hawking thus far today.

「Sacrifice」 

こちらで出てきた、Tarkovskyの「Sacrifice」という映画、Youtubeにアップされていたので、見た・・・暗い映画だ。Tarkovskyが死期を悟りながら監督した最後の作品。我々が毎日何事もないかのように平和に過ごすことができるのは、我々の知らないところで犠牲があるためなのではないか、と語っていた由。「Sacrifice」では、それが人類規模のこととして描かれ、イエスの十字架上の死とパラフレーズされている。最後の場面で、マタイ受難曲のあの有名なEr barme dichがpppから徐々にクレッシェンドされてバックで流れる。武満徹は、Tarkovskyの映画を愛し、彼の映画作品はそれ自体音楽のようだと語っている。そして、武満もマタイをこよなく愛し、とくにこのアリアを好んでいたらしい。

また、あの大震災の起きた日が巡ってくる。

『不安の夜』再び 

Face Bookで、Greg DF2ICが、「村上春樹の新作が出る、日本語の勉強を続けておけばよかった、この新作は翻訳で読むしかないか」と発言した。彼の息子さんは、日本に留学していたこともあり、大の日本びいき。日本語を勉強していたのは事実だろう。そこで、半分冗談だったが、「遅すぎることはない。私もアルブレヒト ゲースの『不安の夜』をドイツ語で読み始めなければ・・・」とコメントした。先日、本棚の整理をしていて、『不安の夜』の原書をコピーしたものが出てきたのだ。拙ブログを検索してみると、2011年に同書を入手していたことが記されていた。はなはだ頼りない装丁の本だったので、コピーを取っておいたのだった・・・読まずに、そのまま・・・。

読むものの心をとらえて離さない、この小説のことを、ググってみた。すると、「ムッシュKの日々の便り」というブログがヒットした。どうも著述業の方らしい。その方も、『不安の夜』に感銘を受け、原書でも読まれた様子。この小説を放送用の台本に書き換えられていた。こちらに、『不安の夜』の解説があり、その後連続して放送用の台本が掲載されている。当然のことながら、大分省略されているが、作品の雰囲気は十分に味わえる。私もまだすべて読み終わっていないが、あとでゆっくり楽しませて頂こうと思っている。

以前Gregに『不安の夜』のことを伺った記憶がある。Goesのことは知っていたが、この小説のことは知らないということだったような気がする。上記のブログを記されている方を存じ上げているわけではないが、彼がこうして感銘を覚えた小説の一つとして記されていることを知り、同じように感じておられる方がいることにひそかな喜びを感じている。

ドイツ語から離れて云十年、また一つ頑張ってみるか・・・。

AI技術のもたらすもの オバマ大統領の見識 

facebookで、アマチュア無線の友人がアップしていた記事。オバマ大統領の、AI研究者との対談である。こちら。興味深い内容だ。オバマ大統領が、AIについて優れた見識を持っており、政治家としてAI技術へコミットする仕方について語る内容は、一聴の価値はある。

AIは、知識の集積、それによる正確な判断はもたらすかもしれないが、最終的には、価値や人間関係については判断できないのではないだろうか。人が生きるうえで、選択をしなければならないわけだが、その究極のところは、生を賭けて選択することになる。そこでは、価値や人との関係が大きな意味をもつ。その最終的な選択には、AIは決定的な判断を下せないのではないか、ということを感じる。

AIは、人間の生活を便利にしてくれるかもしれないが、利用に関するセキュリティが大きな問題になる。政府や、独裁的な政治家、さらにはグローバル企業が、AIから得られる情報を独占することは危険極まりない。技術が独走をして、いつの間にかそれが特定の人間だけが利用できることになっては、まずい。そうしたセキュリティに幾重にも安全装置を施す必要があるのではないだろうか。

オバマ大統領の能力、見識に改めて驚かされる。上記リンクを張った記事はお勧めだ。