Atsuさんへの返事に代えて 

御大なんて言う言葉は、本人に向かって発せられる場合、何かしら棘が含まれている言葉だよな、と思いつつ、Atsuさんのコメントにはいろいろと考えさせられた。

先日のポストの最後で述べた通り、この恐らくニューカマーの出現を祝福こそすれ、邪魔にするとか、ましてや失礼な方だなどとは露ほども思っていない。是非、オンエアーでも直接でもお目にかかってみたいと思っている。私にも同じ仕事をしていた経験があるので、孤独な立場に恐らくおありになるだろうこと、アマチュア無線が、外に開かれた窓になるであろうことが共感を持って理解することができるような気がする。恐らく、この開業医の方は、私より10歳前後若い方だと思う。仕事にも、無線にも頑張ってもらいたいものだ。ライバル出現などとふざけた表現をしたが、私の本心はそこにある。

御大と言う言葉の込められた意味について、考えてみた。確かに、年齢的にも、またアマチュア無線への没入の度合いから言っても、私はすでに高齢者の爺ハムになりつつあるのだろう。それは、事実なので、それに対する呼称であるとすると、その通りだなと思う。一方、無線に関わることについて、偉そうに薀蓄を垂れたり(大した薀蓄ではないが 笑)、またはシビアな指摘を、他のハム等に向かってすることもあった。すべてとは言わないが、その大多数は、アマチュア無線と、それを楽しむ若い方々のことを考えての発言であった積りである。この点は、表現方法等をよく検討しなければいけないと反省した。

アマチュア無線と私の関わりそのものについても、改めてこころに迫ってきた。少し、のめり込み過ぎなのではなかろうか、ということだ。趣味にしろ、仕事にしろ、のめり込むことが必要だったり、それが良い結果を生むことも多い。だが、人生の長さのスパンで考えてみると、のめり込みによって生まれる価値なぞそれほどあるものでもない。まぁ、この点は、複眼視的な見方が必要なのだが、我々は、というか私は、ものごとから距離を置いて考える、行動することができなくなっているのではあるまいか、と思い至った。

過日、PMFの創設者であったバーンスタインが、71歳のときにその後の人生何をして生きてゆくかと自問して、若い音楽家の教育、即ちPMFの活動に行きあたるという話しをしているYoutube画像を偶然目にした。彼のように実力もあり、老後にも選択肢があれば、それに向かって生きてゆくことができるし、そうすべきなのだろうが、私は違う。それほど、世のためになるようなものは持っていない。むしろさまざまなことから距離を置いて、生きることが、これからの私の課題なのかもしれぬと思った。話は違うが、佐渡裕の振ったPMF2014のショスタコ5番は素晴らしい演奏だった・・・。

人生で価値があると思ってきたこと一つ一つと距離を置くこと、やがて人生を終えるために準備しておくことだ。いや、無線にしろ、音楽にしろ、これまで通りに楽しんでゆくことは続けるが、何かしらそれができない状況になっても慌てず、そっとそこから身を引く準備である。

Atsuさんは冗談のつもりでかるい気持ちで述べられたのだと思うが、改めて考える機会を与えて頂いた。彼にはコメントを感謝したい。

ライバル出現! 

今日、普段あまり通らぬ近くの道を車で通り過ぎた時、某医院の屋上に立派なビームが上がっているのに気が付いた。2,3か月前にはなかったので、最近上げられたのだろう。我が家から、直線距離で500m前後しかないのではなかろうか。同業(私はリタイアした身分だが)の方が、仕事場にアマチュア無線のアンテナを上げられたことに驚いた。ライバル出現である 笑。

001_20140929181151faf.jpg

下はクリエートデザインの714T、上が14メガの3エレ?よく分からないが、なかなか堂々としたアンテナである。ルーフタワーにこれらのアンテナを上げるとは、なかなかの通である。

でも、この局の信号を聴いたことがない。恐らくSSBメインなのか。同じバンドに出てこられたら、バリバリ混変調が起きそうな距離なのだ。VHFのコーリニアーと思われるバーチカルも立っている。どのような方なのか、興味津々 笑。いつか無線でお目にかかることもあろうかというものだ。

実は、我が家から北に1、2kmのところに、やはり無線をなさっている同業の方がいらっしゃる。一頃は、かなりactiveだったが、最近は信号を殆ど聞かない。また、蜘蛛の巣(失礼!)のように張られていたアンテナも、トライバンダー一つにダウンサイズされたようだ。本業がお忙しいのだろう。

開業医というものは孤独な身分である。また、長い休みを取ることが難しい。アマチュア無線は、きっと余暇を手っ取り早く楽しむために好都合な趣味なのかもしれない。私も、長い休暇を取ることなく突っ走った20数年を改めて思い起こした。ご近所の同業の方々には、アマチュア無線でほっとする時間を持てって頂きたいものだ。

Jim Talens N3JT ご夫妻歓迎会 

Jimが、奥様と、観光旅行で日本を訪れる。Jimは、FOCの古参メンバーであり、かつCWopsの創設メンバーでもある。私も、1980年代から親しくさせていただいている方でもある。リタイアした弁護士。

ご夫妻の歓迎会を、下記の要領で開催する。幹事をJE1TRV谷口氏に依頼した。参加希望の方がいらっしゃったら、この発言へのブログ主宛てのコメント、ないしメール(nuttycellist2006アットyahoo.co.jp)でお知らせいただきたい。

10月24日金曜日 18時半から

赤坂近辺 寿司屋

予算 一人当たり1万円以内の予定



御嶽山の噴火に際して思う 

御嶽山の噴火には驚かされた。多くの方が外傷を負い、中には命を失った方もいるようだ。救助を山小屋で待つ方も多数。無事に救出されることを望みたい。

この噴火には、予表があったというが、それは後になって意味づけられることであって、噴火予知はできなかった。日本には、活火山が110あり、内47では観測が続けられているらしい。だが、噴火予知は、一般的にまだ困難なようだ。考えてみると、10年とか100年とかいう時間の単位は、地球の歴史からするとほんの一瞬のことであり、その短い期間に起きる地球の現象を正確に予測することは本質的に至難のことなのだと思う。

だが、その噴火予知を正確にできると言っているのが、川内原発を管理する九州電力と、それをチェックした原子力規制委員会である。始良カルデラの噴火を事前に予知し、その間に核燃料を安全な場所に移送する、ということを彼らは主張している。だが、それが現実的ではないことが、火山学者の多くから指摘されている。過去の原発安全神話は、それを述べる本人たちも信じていた形跡があるが、この噴火予知の話はいわば詐欺である。川内原発周辺に住む人々、さらには国民をも騙そうと言う明確な意図をもった詐欺的見解である。彼らの目的は、ただ原発再稼働である。

日本の火山、地殻活動は、活動期に入ったと言われている。環太平洋火山ベルトの上に位置するわが国で、原発を稼働させる危険は、さらに高まっている。

川内原発周辺の火山噴火予知に関して、こちらの記事が参考になる。

大学の序列化による管理と、基礎的学問の軽視 

大学への公的補助金が毎年1%ずつ削られ続けている。その一方、予算の重点的配分として、少数の研究者、施設に補助金が配られる。その「重点化」は、研究者に一定期間内に結果を出すことを求める。さらには、文学部の哲学科のような基礎的学科を廃止する、ないし企業利益に結びつく「実学」に変更させる動きもあるらしい。

こうした問題を、京大の理学部学部長の立場から批判的に論じておられるのが、こちら

結局、予算配分によって行政が大学を縛り、大学の序列化を生むことになる。下記の記事にあるように、少数のグロー^バル大学、スーパーグローバル大学に予算を重点的に配分する一方、それ以外の大学、さらに基礎的な学問を研究する学部・学科には、存続の可否まで含めた厳しい要求が突きつけられるのだろう。特にスーパーグローバル大学に選ばれた大学には、すでに予算が重点的に配分されている。このプログラムで配分される予算は、その額に比べると大した額ではない。このプログラムから外された大学への補助金を減らすための口実であるとも言える。

こうして、教育予算を増やすことなく、大学の中央集権化・序列化、行政による支配を強化するのだ。教育内容の「実学化」によって、基礎的学問研究が、ないがしろにされる。基礎的学問をないがしろにするところでは、応用的技術の飛躍的な発展は望めない。安倍内閣の経済成長戦略に掲げられた「科学技術イノベーションの推進」という、うたい文句が空しく響く。


以下、引用~~~

グローバル大学37校を選定 国際化進める大学支援

記事:共同通信社
14/09/26

 文部科学省は26日、世界レベルの研究を行う大学や、国際化を進める大学を支援するため「スーパーグローバル大学」に国公私立大37校を選定したと発表した。期間は10月1日から2023年度末まで。

 104校が応募し、文科省の有識者委員会が審査した。世界トップレベルの教育や研究を目指す「トップ型」には東京大、東北大、広島大など国私立計13校、新しい取り組みで国際化を先導する「グローバル化牽引(けんいん)型」には金沢大、会津大、立命館大など国公私立計24校が選ばれた。

 選定された37校は今後、各大学の構想に基づいて海外のトップレベルの大学と共同での大学院の創設や、海外の大学との連携などを推進する。

 文科省は教員の人件費など必要経費を支援。支援額は大学によって異なり、「トップ型」が1校あたり年間4億2千万円、「グローバル化牽引型」が1校あたり年間1億7200万円を標準額としている。

マスコミも必ず誤る 

朝日新聞が、慰安婦問題と吉田調書問題の誤報で、袋叩きにあっている。両者ともに、それだけ大きな問題であることを反映しているのだろう。各々の問題について、ここで取り上げないが、この「袋叩き状態」、挙句には「非国民」呼ばわりまで出てくる状況に異様なものを感じる。

誤報問題への対処をリスクマネージメントとして捉えた、この論考が参考になる。

誤報は決してあってはならない、誤報をしたらそのマスコミは社会から姿を消すべきだ、という論調niは、医療過誤の問題、それに対する社会、マスコミの対応に通じるものを感じていた。

健全なマスコミは、時の権力を監視し、批判する存在として、私は必要だと思う。こうした事件を、一部のマスコミや、時の権力者が、自らの見解の正当性を強め、権勢を伸ばすために利用することはあってはならない。

誤報は常に起きうるものであり、それの生じた背景・原因を検証し、対処すること、その際に原則責任を直接追及しないこと。また、上記論考の著者が述べる通り、誤報の生じる背景にある、誤報に近い記事へ対処することが必要だろう。

賄賂国家 

経団連が、自民党に対して50から100億円の政治献金をすることにしたらしい。一頃は、政治献金を止めていたのではなかったろうか。

その一方、法人税減税が、2%されると、1兆円ほどが、黒字企業である大企業の懐に転がり込む。法人税は、すでに3、4割が減免されているので、実質の減税割合はもっと大きくなる。

その財源は、増税された消費税である。8%への増税時点で、5兆円程が国庫に多く収められることになり、それが10%になると8兆円まで膨らむ。消費税増税の目的とされた、社会福祉・医療費は切り詰められることが決まっている。また、国家財政の立て直しにも、消費税増税分は充てられていない

結局、消費税増税によって、国の予算が増え、その一部が大企業、さらには自民党に流れる、とい構図だ。これは、明らかに賄賂の構図でもある。自民党への政治献金は、様々なルートでなされている。議員個人への企業献金は制限されているが、議員の選挙基盤地域の政党支部を使っての献金が大きい。経通大臣になった小渕優子議員なぞ、政党支部を二つ持っているらしい。こうした様々な方法で、政治献金を集めまくっている。地方議員の政調費の比ではない。

このままでは、国が立ち行かなくなる。

1925」年製バグキー 

何とはなしに、記事をアップすることなく時間が過ぎてしまった。いろいろと考えさせられることが多いのだが、なかなかまとめられない。

今日は、軽い話で、バグキーの話題。バグキー好きというか、バグキーしか使わないDon WB6BEEが、eBayでまたバグキーを入手したらしい。一種の中毒だと、自ら仰る。1925年製の、バイブロプレックス オリジナルモデルだ。状態がよく、きれいに掃除して、接点を磨いただけで、使える状態になった様子。昨日、そのバグキーを使って、呼んできてくれた。

彼の手元には、1930年代製のMcleroy 1945年製のバイブロプレックス オリジナルモデル、それに現代のG3HGE作のバグキーとがあったのだと思う。G3HGE作のダブルレバーのバグキーはお気に召さなかったらしく、お蔵入り。今回入手した1925年製と、上記前二者とを交互に使って、送信してくれた。1925年製は、極めてわずかにクリックが感じられたが、ドットのウェイトと速度以外は、殆ど変らず。構造からして、当然と言えば当然だ。

facebookにアップされた、1925年製と1945年製を見比べると、後者の方が、重りは重く、かつ重りの位置は離れた位置にある。で、ドットの速度は、1925年製の方が遅い。Donによれば、ドットを作るU字型のバネの長さが、1925年製の方が長い、すなわち固有振動数は低めであることが、その理由だろうと言うことだ。なるほどと納得した。

1925年というと、スパークから発振回路へ移行する時期だったのだろう。恐らく、その後20年間の間に、モールスでのメッセージ通信の需要は増え、通信速度を上げる必要があったために、バグキーも高速に対応するモデルが作られたのだろう。

facebookにアップされた画像に、素晴らしいとコメントを入れたら、キー、オペ本人どっちがだ?と彼の突込み。現在67歳の彼が、あと22年間生きたら、きっとこの1925年モデルと同じくらいに立派になることだろうと返事をした。1925年に作られたバグキーが、簡単な構造であるとはいえ、今もこうして現用できるとは素晴らしいことだ。

再び、社会福祉充実のための増税だそうで・・・ 

恐らく、こんな理由づけは、財務省官僚が言わせているのだろうが、それにしても国民を愚弄していることよ。

「医療介護にも充当しなければならず」というが、昨年の選挙期間中は、消費税増税は全額医療介護社会福祉に回すと、安倍首相は言っていたのではないか。選挙が終わったら、安倍首相の主張は法人税減税にガラッと変わったが 笑。

さらなる消費税増税の理由づけとして、子育て支援の財源不足ときた。来年の統一地方選挙が終われば、また法人税減税等の本音に回帰するのだろう。

もっとも、10年間で200兆円という大風呂敷を広げた公共事業計画も、2014年度予算では、実質664億円程度の増額に終わっている。73%が国債に依存する予算編成では、あまりに硬直しており、予算で新たな政策を実行する余裕がないというのが本音なのかもしれない。

現在の行われている「未曾有の金融緩和と財政出動」も、結局財政破たんの先延ばし策に過ぎない。

何故、このように見え透いた嘘を、財政当局、政府はつくのだろうか。本当のことを言うべきなのではないか。


以下、引用~~~

子育て支援3千億円不足

2014年9月15日(月)2時0分配信 共同通信

 消費税率を8%に据え置いた場合、政府が消費税増税によって確保するとしている子育て支援の財源7千億円に対し、3千億円程度の不足が2015年度に生じることが厚生労働省の試算で14日、判明した。税率の5%から8%への引き上げによる増収分からは、医療や介護の充実にも充当しなければならず、子育てには4千億円強しか回せないためだ。

 安倍晋三首相は年内に15年10月から税率を10%に引き上げるかどうかを判断する。据え置きとすれば、子育て施策は大幅に圧縮せざるを得なくなり、政権が最優先課題に掲げる女性の活躍推進や人口減少対策が足踏みする可能性がある。

Kam N3KS 

7メガが、午後3時頃から北米に開けるようになってきた。実際にのんびり交信できるのは、午後5時過ぎ位からだ。昨夕は、メリーランドのN3KS Kamから呼ばれた。バックにノイズも混信もなく、とても快適。Kamは、800Wに3エレだそうで、そのためかもしれない。交信時間は45分ほどにもなったが、ずっと589から599で、国内信号のように聞こえていた。これまで、K3を二台並べて運用していたのだが、FTDX5000が気に入り、その機械二台に入れ替えた、と言って笑っていた。コスタリカにコンテスト局TI5Wも所有しているようで、そちらはK3とのこと。持ち運びしやすさのためだ、とのことだった。

彼は50歳台半ば。この夏にリタイアしたらしい。GPS Trackingのビジネス(って一体何だ・・・聞きそびれた)の会社のトップをしていたのだが、辞める前3年間ほどは英国の会社との関係が深まり、ストレスを感じることが多かった由。QRZ。comで調べると、お名前がKamalというらしい。あまり米国では聞かない名前だが、インドかパキスタン辺りのご出身かと尋ねた。エジプトの出身との返事。父親が、エコノミストをしていた関係で、いろいろな国・・・20か国で生活をしてきた、とのことだった。

彼は、恐らく米国で教育を受け、育ったのだろうが、エジプトのご出身というと、中東の問題には関心を持っておられるのではないか、と伺った。勿論だ、エジプトには家族がいるし、中東のニュースにいつも心を痛めている、現在の混乱は、経済が回復しないと収まらないのではないか、20年間ほどはかかるのではないか、と仰っていた。銃では、問題は解決しない、と。

第二次世界大戦後、欧米諸国の都合で、恣意的な国境線が引かれ、それによって宗教的、文化的な軋轢が各国、各地域で深まったのではないだろうか、またテロリストが民衆に受け入れられる余地が、民衆の生活レベルの問題等から生じている、銃で解決しないのは明らかだ、日本政府も、米軍と共同して、中東の戦争、武力衝突に自衛隊を関与させようとしているが、私は賛成できない、と申し上げた。彼は、大いに賛成だと言ってくれた。

彼の両親はリタイアし、フロリダで生活しているのだが、夏の間、そちらが余りに暑いために、真夏の7週間ほどは彼のもとに滞在しているらしい。彼は、これまであまりに忙しく、両親と時間を過ごすことができなかったので、せいぜい自宅で両親と過ごす積りだ、と言っていた。そうだ、時間は瞬く間に過ぎる。私も、同じ敷地内に両親と生活していたが、彼らはあっという間に、帰らぬ存在になってしまった、ご両親と貴重な時間を大切に過ごされるようにと最後に申し上げた。彼が、両親を大切に考えていることを聞き、少々こころ動かされるものがあった。

米国南東部には友人が何人かおり、FOCの集まりが定期的に開かれている。きっと、その集まりのどれかでお目にかかれることができるだろうと言うと、彼は、161と別れの挨拶を送ってきた。

これからしばらく、夕方日の暮れるころ、秋本番のパスが7メガで開ける。

「テロリスト殺戮、殲滅」は可能なのか、それで問題が解決するのか? 

Iイスラム国SISの兵士と思しき米国政府の言うテロリストたちを、ミサイルで攻撃、殺戮している状況を録画したvideo clipを、ネット上の某サイトで目にした。ある知り合いが、某サイトにアップしたのだ。イラク戦争の時に、ゲームよろしく敵を攻撃する赤外線カメラでとらえた映像と同じ。逃げ惑う「テロリスト」をピンポイントで爆撃している。至近弾を受けた人は、動かなくなる。気分が悪くなった。

ISISには、欧米から500人前後の参加者があるという。彼らは、欧米流の「民主主義」に絶望をして、この「テロリスト集団」に身を投じているのだ。グローバリズムによって、社会からはじき出された若者たちである。中東問題は、第二次世界大戦前の欧米列強による植民地支配、彼らによる恣意的な国境線の画定、さらにユダヤ人へのイスラエル建国の約束と実行等も背景にある。また、石油権益等も欧米がからむ背景にはあるのだろう。それらに否と言う人々を、武力で押さえつける、テロリストを殺戮しまくることで解決できるはずがない。暴力の連鎖を生むだけだ。

あのvideo clipを平然として眺め、これは必見だと述べるメンタリティは、問題をさらに深刻にさせるだけのような気がする。そのポストを行った方に対して、この殺戮では、問題は解決しないとだけ、コメントをした。

テロリズムは否定すべきだ。だが、それが1生まれる背景、また人々に彼らの思想が受け入れられる背景を理解し、それに対する息の長い対処を続けることが、必要なのだろう。

我々が受け取る情報は、欧米からの報道・その解説であることが多い。情報が偏っていることを常に念頭に置かなくてはいけない、と思う。

国際関係とその国々の国民への理解の不足は、わが国で見られる、中国・韓国およびその国民への「嫌悪」ともつうじるところがあるような気がする。根拠のない嫌悪感が、ネットやメディアに溢れている。国際関係の背後にあるものをよく理解すべきであろうし、またその国政府への否定的な感情が、当該国国民への嫌悪となって現れるのは、正常なことではない。


Chas NK8O 

Chas NK8O, 4月にお目にかかった時には、オレゴンの自宅から運用しておられた。何しろKX3のQRPの運用なので、会話を成立させるのが難しいのだ。前回のその交信では、ベランダに張った5mほどのワイアーから出ておられた。今朝は、25mほどのワイアーを木に引っかけて出ているという話しだった。でも、またKX3の5ワット。

Chasは、小児科医である。今回、コロラド、それにユタを回ってオレゴンに戻ってきたと仰る。旅行でもしていたのかと思ったら、各々の場所で大体2か月ほどパートの仕事をして回っているそうだ。元々は、自分の医院で仕事をしていたのだが、経営的にやって行けなくなったので、仕事を閉じ、現在のような仕事をするようになった由。詳細を伺えなかったが、現在の政府の保険制度ではやってゆけないということのようだった。仕事をたたむ小児科が多いらしい。

Chasは、仕事を楽しみ、そして時にこうやって無線でリラックスしている、と言っていた。でも、60歳を過ぎて、奥様とは離れて、「巡業」を続けるのはどんなものなのだろう。彼は、これからまだ数人の子どもたちを診察すると言って、無線機から離れて行った。

わが国の政府は、医療費が40兆円に届くとして、今後とも医療の「効率化」を進めると言っている。新たに厚労大臣に就任した塩崎氏は新自由主義経済の信奉者らしいが、彼は改めて医療の「効率化」と明言した。「効率化」とは、聞こえが良いが、結局、予算を減らすことだ。入院施設を減らし、既存の入院施設も入院期間をできるだけ短縮する、さらに外来では検査を極力しない、投薬はジェネリック、そして安価な薬を用いる、当局が医療機関に指示することは分かっている。行政からの「指導」という名の命令で、そうした「効率化」が徹底的に行われてきた。これ以上discountの医療を続けるためには、労働集約型の産業である医療では、人件費を減らすことしか対応方法があるまい。Chasの医師としての生き方も、他人ごとではなくなるのかもしれない。

で、結局、ツケは国民に回される。混合診療という、金の切れ目が命の切れ目という制度がさらに拡充され、さらに自由に診療を受ける施設を選ぶ権利もなくなる。現在の酷い国家財政は、医療によって生じたものではなかったはずだが・・・。

週末の夕食 その36 

相変わらず、夕食作りは欠かしていない。今日、14メガで会ったJoe W6KZに、リタイア生活はどうだと尋ねられて、こんな風に私は答えた。

医師として仕事をしてきたときには、何時も何かしらの目標を掲げて、それに向かって進んできた。だが、リタイアすると、その目標がなくなる。自由さにホッとする反面、目的がなくなったことで当惑も感じている、と。

彼は72歳。15年ほど前に、公的にはリタイアしたが、現在もJupiter Reserach Foundationという組織の長をしており、ザトウクジラの生態を研究している様子。

私には家事という新しい仕事ができたではないか、Joeは言う。すぐに割り切れるものではないが、そういうことなのだろうと、少し無理やり頷いた。徐々に、新しいこの生活に慣れてゆくのだろう。

話しはがらっと飛んで、今夕のメインディッシュは、鶏肉と野菜のトマト・バジル煮込み。鶏肉のトマト煮込みは、新婚時代の家内の「唯一の」十八番。レジデント時代に、先輩や同僚をあの狭いレジデントハウスにお呼びして、この料理をふるまったものだ。フォーレのバリトンによる歌曲集なぞをかけて、夜の更けるまでおしゃべりに興じたものだった。それをちらっと思い出して、作ってみた。なかなか上手くできた。問題は、二人分にしては大量に作ってしまうこと・・・。今日の調理中のバックグラウンドミュージックは、ショーソンのコンセール。

011-1_201409021921305f8.jpg