FC2ブログ

Entry Navi - Archives

 2019年01月 

北方領土返還を求めるタスキもシュプレヒコールも中止! 

北方領土返還を求めるタスキも、シュプレヒコールも使わない、と決まった。

一方で、当の交渉に当たっている安倍首相は、国会で日露戦争の戦意高揚をねらった明治天皇の和歌を披露している。文脈が違うといっても、この時期に使うか、と首を捻らざるをえない。

あの和歌は、きっと官僚が準備したのだろうが、対ロシア交渉に影響がでることを考えなかったのか。または、考えた上で用いたのか。このニュースの内容からすると、恐らく、前者。本当に頭がワルイ。

安倍首相は、プーチン首相と25回会談し、多額の経済援助を約束した挙句、北方領土の要求を取り下げた。どこが外交の安倍なのだろうか。

以下、引用~~~

読売新聞より引用~~~

北方領土の日、「島を返せ」たすきの使用中止
2019年01月30日 20時53分

 北海道根室市は2月7日に開催する「『北方領土の日』根室管内住民大会」で、例年、参加者が着用している「島を返せ」と書いたたすきの使用を取りやめることを決めた。はちまきも「返せ!北方領土」から「平和条約の早期締結を」などに変更する。今月22日の日露首脳会談で、両国が平和条約締結交渉を加速させることを確認した。これを受け、地元として交渉の行方に期待する姿勢を示したものだ。

 同市の石垣雅敏市長が29日、定例記者会見で明らかにした。ただし、これらの変更が決まっているのは今回のみで、来年については未定としている。

 大会は、同市など根室地方1市4町で構成する「北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(北隣協)」が主催している。

 北隣協は、昨年12月1日に東京都内で実施した「北方領土返還要求中央アピール行動」でも、シュプレヒコールで従来の「北方領土を返せ」という表現を取りやめた。

 こちらも、今後の日露平和条約締結と領土交渉に関する動きを地元として見守る意図からとしている。

 今回の「『北方領土の日』根室管内住民大会」は、「根室管内の住民が一堂に会し、北方領土問題の早期解決に対する思いの表明」を主たるテーマに掲げ、1000人の参加者を目指している。

 弁論大会には昨年、安倍首相を表敬訪問し領土問題解決を訴えた中学生も登場する予定となっている。

電通の犯罪 

APが、東京オリンピック招致に電通が犯罪的な仕方で関わった可能性を報じている。電通が、わが国の広告業を寡占しており、政治にも食い込んでいる。そのために、マスコミは、電通の犯罪を報じない。

フランス検察当局は、電通も捜査対象にしているようだ。その事実を、わが国のマスコミはやはり報じない。

電通は、以前から放映・広告のオリンピック利権を維持してきた。多くのスポンサー企業を統括し、それらの企業の財政負担を考慮することなく、スポンサーシップを決めている。自民党の支持企業と関係が深く、安倍首相夫人がかってその職員であった。また、自社の労働者に長時間労働を強いて、過労死自殺を招いた。だが、広告業を寡占している電通について批判的な論陣を張るマスコミはない。こうした電通の問題点を、この記事は述べている。

この電通という企業は、広告業を寡占し、オリンピック招致、オリンピック報道・放送等の利権を一手に握り、IAAFの元幹部で、フランス検察により有罪とされた人物と緊密な関係にある。また、政治にも食い込んでおり、政権に有利な世論誘導を行い、その一方で様々な利権を得ている。

電通を解体することが、日本の民主主義のため、日本の外国での評価を上げるために、必要だ。繰り返す、広告報道業界の寡占による巨大な権力を持つ電通が、犯罪的行為に手を染めている。さらに、政権と癒着して、世論誘導、利権の獲得に動いている。

以下、引用~~~

French Olympic probe raises questions about Japanese firm
By STEPHEN WADE
January 24, 2019

The headquarters of Japanese advertising company Dentsu Inc. is seen in Tokyo Wednesday, Jan. 23, 2019. One of Japan's most powerful companies, the giant agency Dentsu Inc. is part of an investigation into alleged vote-buying connected with landing the 2020 Olympics for Tokyo. (AP Photo/Eugene Hoshiko)

TOKYO (AP) — An investigation by French prosecutors into alleged vote-buying connected with Tokyo winning the 2020 Olympics has raised questions about one of Japan’s most powerful companies, the giant advertising and marketing agency Dentsu Inc.

From its 48-story headquarters in central Tokyo, Dentsu is the exclusive marketing agency for the next Summer Olympics, landing that contract a year after the International Olympic Committee awarded the Games to Japan in 2013.


The agency, which is Japan’s largest advertising and marketing company, has helped line up a record-breaking $3 billion in domestic sponsorship deals — 58 local sponsors and counting. That’s more than twice the domestic sponsorship revenue as any previous Olympics, illustrating Dentsu’s unrivaled business and political connections in Japan.

“Nothing happens in Japan without them. ... Nothing like it anywhere else in the world,” former IOC marketing director Michael Payne said of Dentsu in an email to The Associated Press.

In the French probe, investigators are examining $2 million authorized by Japanese Olympic Committee President Tsunekazu Takeda and paid to the Singapore-based consulting company Black Tidings and its head Ian Tan Tong Han. Black Tidings is suspected of channeling the money to Papa Massata Diack, one of the sons of the former IOC member from Senegal, Lamine Diack.

Lamine Diack is also the former head of the International Association of Athletics Federations, the world governing body for track and field.

Dentsu has links to both Diacks and is the IAAF’s long-time commercial partner with a contract that extends through 2029.

The elder Diack wielded enormous power with African IOC members. He was eventually suspended by the IOC, and then resigned his membership. He is also being investigated from covering up positive doping tests.

The French believe the $2 million was intended to buy votes for Tokyo. They have also investigated a similar scheme involving the 2016 Rio de Janeiro Olympics and alleged corruption by former IOC member Carlos Nuzman, the head of the troubled Rio Olympics.

In an email to AP, Dentsu acknowledged it advised the Japanese bid committee about possible bid consultants just weeks before the vote. Tan was among them, and French prosecutors have suggested Black Tidings was a “shell company.

“A number of consultancies made pitches to the bidding committee after which the committee contacted Dentsu,” Shusakan Kannan, a spokesman for Dentsu, told AP.

In a 50-page report by the Japanese Olympic Committee investigating the bid, it said the committee — citing an evaluation from Dentsu — decided “that Tan was an extremely competent Asian consultant.”

It is not clear if Dentsu is a target of French investigators. A spokeswoman for the French financial prosecutor’s office refused comment, saying she was not allowed to talk about details of the investigation.

Last week, Tan was given a one-week jail sentence for lying to Singapore officials.

A powerful IOC member, Takeda last week denied any wrongdoing in a Tokyo news conference. He acknowledged signing off on the contract but said he had no knowledge of Black Tidings’ links to the Diacks.

French authorities have not decided if there are grounds to charge Takeda.

The IOC says Takeda “has the presumption of innocence,” although the probe is a stain on the Olympics, which open in 18 months. The IOC has called them the “best prepared” games in memory.

“As the case is ongoing, the IOC cannot comment further,” it said in a statement.

Kannan, the Dentsu spokesman, also cited the ongoing investigation in declining to give further details.

He said Dentsu had worked with the IAAF since 2001 “and we continue to provide services to support advertisers’ marketing activities.”

Asked about Dentsu’s relationship with the Diacks, Kannan said “we have a contract with (the) IAAF, so we have had the opportunity to meet IAAF executives in business-related settings.”

The elder Diack is being held in France, and his son is reported to be in Senegal and has avoided possible extradition.

Masa Takaya, a spokesman for the Tokyo Olympic organizing committee, said “major Japan-based advertising agencies” inquired about being the games’ marketing agency. He declined to name them, nor spell out any bidding process.

“External experts joined the evaluation as well, and the final decision was reviewed and approved by the Tokyo 2020 executive board,” Takaya wrote in an email to AP. “We would like to refrain from identifying individual companies that were not appointed.”

Denstu is ranked No. 5 among world agencies by Advertising Age and is practically everywhere in Japan: in entertainment, advertising, television, marketing and public relations. Six of the Tokyo Olympics’ 58 domestic sponsors are Japanese newspapers — Asahi, Yomiuri, Mainichi, Nikkei, and Sankei. The Hokkaido Shinbum Press is also a sponsor.

Akie Abe, the wife of Prime Minister Shinzo Abe, once worked for Dentsu, one of the most coveted employers for young graduates. Dentsu also handles the account of Abe’s ruling Liberal Democratic Party.

Ryu Honma, who has written a book about Dentsu’s role in the coverage of the 2011 earthquake and tsunami and subsequent meltdowns at the Fukushima nuclear plant, called Dentsu “untouchable” in Japan’s media. Honma is a former salesman for Japan’s rival agency Hakuhodo.

“The reason that all the newspapers and media at large are not keen to put the word ‘Dentsu’ in their reporting, their articles, is the fact they are huge recipients of advertising fees coming via Dentsu,” Honma said in 2016.

Dentsu made unwanted headlines several years ago when a 24-year employee killed herself, saying her work life was unbearable because it included 100 hours of monthly overtime. It was not the first “karoshi,” or death from overwork, at Dentsu. The company is known for demanding long hours from its employees.

In 2017, it acknowledged overcharging digital advertising clients by about $1 million.

Jonathan Jensen, who studies sports marketing at the University of North Carolina, said Dentsu is legendary for its influence on the Olympics, dating back decades.

He cited a case more than 30 years ago when Dentsu signed up Panasonic as an Olympic sponsor — reportedly without the knowledge of Panasonic executives. Panasonic is still one of the IOC’s major world sponsors.

“They (Dentsu) held so much sway that according to those involved, they committed them and then worried later about justifying the costs to their client,” Jensen said.

___

実質賃金は減少している 

昨年の実質賃金は、-0.5%であることが確定した。

実質賃金をアベノミクスの成果だとは言っていないと、安倍首相は苦しい弁明をしているが、アベノミクスの最終的な成果は、実質賃金の上昇になるべきはずだった。それが実現できないことを安倍首相自身が述べたことになる。

物価だけが上がって、実質賃金は減少する、というのは、結局、国民の財が政府に吸い上げられていることを意味する。

トリクルダウンが起きるなど、嘘っぱちであったわけだ。それを安倍首相も認めたということだ。

今後、政府による国民の財の搾取は、さらに進行するはずだ。この通常国会では、消費税増税対策を論じると安倍首相は言っているが、それらの政策が効果が薄かったり、逆効果だったりする上、すべて一時的な対策である。


日経新聞より引用~~~

18年の実質賃金は大半でマイナス 厚労省見解

2019/1/30 13:10

毎月勤労統計の不適切調査問題を巡り、厚生労働省は30日の野党合同ヒアリングで、18年1~11月の実質賃金の伸び率が大半でマイナスになるとの野党の試算について「同じような数字が出る」との見解を示した。この試算は1年前も調査対象となった事業所と比べた参考値。厚労省は名目賃金の参考値は公表したが、実質賃金は検討中として明らかにしていない。

立憲民主党など野党は実質賃金の参考値について、18年6月と11月を除き、すべてマイナスになるとの試算を示した。

毎月勤労統計で不適切な調査手法が続いていたことに加え、抽出調査の対象事業所の入れ替えに伴い、野党は18年の伸び率が実態より高く出ていると批判している。

マスコミによる愚民化 

某アイドルグループ活動停止が、NHKの7時のTVニュースでトップニュースになっていたとあちこちで話題になっていた。その後の、いわゆるワイドショーでも、そのニュースで持ち切りらしい。

トップニュースで扱うネタなのか、こうした芸能ニュースをトップに持ってこようとする意思は、どこから出てきたものなのか。

ファシズム国家で国民を統御するには、3S スポーツ、スキャンダル、セックスを国民の話題に乗せていれば良い、と言われている。それを地で行くマスコミ、その背後にいる勢力だ。

一方、まじめに政治・社会問題を扱う、TBSラジオで午後に放送されている「荒川強啓ディキャッチ」のような番組が終了になる。

アイドルグループの活動停止よりも、はるかに重要な問題が、次々と出てきているわけだが、マスコミによる愚民化は留まるところを知らない。

政府は、国民の個人情報を手に入れ、各人を支配する 

政府は、基地反対派の人物のリストを作成し、現場に配布していた。犯罪者扱いである。公安警察も同じことをしている可能性が高い。これ以外にも、反原発運動でも同じことをしていることが知られている(今西憲之、週刊朝日取材班著 原子力ムラの陰謀)。さまざまな市民運動等に対して、政府は、敵対勢力という烙印を押し、対処する。陰で何をやっているか分からない恐ろしさも感じる。共謀罪法が適用されることになると、政府にとっての「こうした人たち(安倍首相)」はたちまち一網打尽にされることが起きる。やがて、政府への抗議・反対運動が公然と力づくで抑えられるだけでなく、それに参加した人々、参加しそうな人々も拘束される社会になる可能性が高い。

その政府が、我々のインターネット環境に無差別なハッキングを行おうとしている。彼らは、そこで情報を盗み出すことはしないと言っているが、それは信じることはできない。現に今行政が行っている虚偽、改ざん、隠蔽を見よ。ハッキングして得た情報を、彼らは、公益と社会の秩序のためと称して政府に敵対する勢力を支配するために用いるだろう。自民党の改憲草案には、国民の基本的人権よりも、公益と社会秩序が上位に置かれている。政府が、そのように行動することは既定のことなのだ。

安倍首相は、通常国会開会直前に各報道機関の記者、キャップと「懇談」している。その直後に出た世論調査では、政権の支持率は軒並み上昇している。政権は、マスコミを巻き込み、世論を誘導し、さらに国民各々の個人情報を得て、国民を支配する。それは、陰謀論でも空想でもない。現実なのだ。

以下、引用~~~

辺野古移設 反対派リスト「国が指示」文書発掘
(日刊ゲンダイ)

28日の毎日新聞が衝撃の文書をスクープ“発掘”。基地反対派のリスト作成を国が警備会社に依頼したことを示す内部文書で、国が作成を指示したなら、明白な憲法違反だ。

辺野古沖の海上警備にあたった警備会社が反対派リストを作成していることは、2016年5月14日に「沖縄タイムス」が最初に報じた。今回、毎日が入手した「報告書」はその翌日の15日付で、当時の現場責任者が代表取締役に宛てたもの。沖縄タイムスの報道を受けて、すぐに上に事情を報告したのだろう。信憑性は高そうだ。
 
2016年5月15日付の文書には、15年2月ごろ、当時の沖縄防衛局調達部次長(原文は実名)から「『反対運動を継続的に行っている人及び船舶の傾向を把握し、より安全な作業を実施してゆくために、反対派リストのようなものを作り監視してほしい』旨の依頼があり作成した」と記されている。

リストは60人分あり、顔写真に通し番号が振られ、フルネーム(不明者は見た目の特徴)を記載。まるで、犯罪者リストだ。

「反対する市民には無断で写真を撮られ、管理される理由はありません。国が関与していれば、半世紀前に最高裁が認めた憲法13条のプライバシー権の侵害にあたります」(聖学院大の石川裕一郎教授=憲法)

最高裁は、京都府学連事件判決(1969年)で「何人も、その承諾なしに、みだりにその容ぼう・姿態を撮影されない自由を有する。警察官が、正当な理由もないのに、個人の容ぼうを撮影することは憲法13条の趣旨に反し、許されない」と断じた。2016年の仙台高裁も、陸上自衛隊によるイラク派遣反対派に対する監視をプライバシー侵害と認めた。

過去の判例から、国が反対派リスト作成を指示すれば、ど真ん中の違憲。だから、安倍政権は、警備会社が勝手にやったことにするハラだ。16年5月の沖縄タイムスの報道後の、同年8月に「政府として指示した事実はない」と閣議決定。菅官房長官は28日、「指示した事実はないとの報告を受けている」と改めて否定した。

「国が関与を否定すれば、警備会社の報告書は偽物か、偽造したことになりますが、警備会社にメリットはない。仮に、指示なしにリストを作成しても、リストの存在を知った時点で、国はプライバシー侵害(リスト作成)を止めさせる憲法上の義務が生じます。もし、憲法違反の行為を閣議決定で隠蔽を図ったとすれば、内閣が吹っ飛ぶ大問題です」(石川裕一郎氏)

 通常国会の大争点となり得る大問題だ。

厚労省、統計犯罪、内部調査犯罪 

厚労省の基幹統計改ざん犯罪は、以下の点で重大である。

〇統計法に明らかに違反する統計調査の改ざんを、厚労省内部の通達・連絡で行った事実。同じような犯罪行為を、行政官庁内部で普通のこととして行っている可能性がある。

〇改ざん犯罪を指示した人物、手を染めた人物が明らかでない。組織的犯罪は確実だが、最初に指示し、実行した人物を特定し、責任を追及しなければならない。毎月労働統計を当初低くなるようにした、18年度になってそれを元に近い値まで戻した。この各々には、雇用保険給付を抑える、労働賃金を高く見せるという目的があったように思えるが、各々の目的を明らかにする必要がある。それによって、各々の改ざんの首謀者が見えてくる。

〇厚労省が、外部組織と称した特別監査委員会による検証は、まるっきり省内の検証であることが判明した。これは、問題を内輪で隠蔽しようという動きに他ならない。これは、最初に挙げた、内輪で犯罪的行為に手を染めだしたことと通じている。下記の記事にある通り、深刻な問題だ。


毎日新聞 東海林智氏のfacebookでの発言を引用~~~

【この国の根腐れ厚労省の不正統計】=しまった。長くなった。我慢して読んどくれ!=

 前にも書いたが、厚労省の不正統計のこと。自分は厚労省の労働担当記者として毎勤を、それこそ毎月その推移を見てきたので、気付かなかった自分への忸怩たる思いを込めて書くが、幹基統計を偽り始めたら、民主主義国家ではないよね。自分に都合の良い数字を出して、都合の良いことを語り始めるのだから恐ろしい事だ。ウソのデータで政策が語られ、作られる。
 国民は体感的におかしいと思っていたよね。首相・安倍が何度「賃金上がった」と言っても「生活が良くなった実感はない」というのがいつもの街角の声だ。そんなウソを糊塗するかのように某公共放送は毎週のように「今、高級おせちがブームです」だの「本物志向が高まっています」だの、聞いたこともない消費ブームをニュースで煽ってみせた。
 そんな罪深い闇が少し開いたら、厚労省は経緯を徹底的に調べると言いつつ、御用学者を動員してわずか1週間で闇を明らかにしましたと、漆黒のままのお手盛り調査を公表した。そして、そんなお手盛りの調査にさらに厚労省の官房長と審議官が聞き取りに同席していました……とさ。学校でいじめがあってその調査に第三者委員会が作られ、教頭と学年主任が〝監視〟する中、いじめの実態の聞き取り調査を行う。目に見える〝箝口令〟の下で調査だ。そんで闇を明かしたという厚労省も厚労省だし、それで調査をやったという御用学者も御用学者。彼は労働政策審議会という労働政策を審議する審議会の中心的な学者だった。重要な政策の審議会にはいつもメンバーに入っていた。そんなヤツだよ。労政審の学者にはロクデナシ(まともな人もいらっしゃるが)が多だ。
 そして、同席がばれた時の厚労省・官房長の言い訳が「他の委員会もやってます」「他の役所もやってます」……と。何で同席したのか、同席して自由な発言が担保されるかの説明ではなく、まず、こんな子供のような言い訳をしたのだ。この言い訳が出て、霞ヶ関の官僚は一斉に舌打ちしただろうよ。だって、霞ヶ関の第三者委員会の調査は信用出来ませんと告白するようなもんだからね。
 いずれにせよ、基幹統計をいじったということがどんなに深刻な事態かという認識がまったくない、厚労官僚と偽造データがばれてなお国会演説で「賃金上がった」とい続ける厚顔な首相・安倍。もう、ずっと言われ続けているけれど、この国は本当に独裁国家になっているということ。本当に考えようよ。

「ハッキングをしても情報を盗み出すことはない」という言葉を信じられるかどうか、だ 

総務省の担当者は、ハッキングをしても情報を盗み出すことはしないと「シレっと」述べていた。

あれだけ改ざん・隠蔽を繰り返している政府・行政を信じられるわけがない。

東京オリンピックを口実に何でもあり、何をやっても許される、ということだ。

国民は、政府が我々のすべての個人情報を盗み出そうとしていることに気が付くべきだ。

日刊ゲンダイの記事、こちら。

早春の樹 

昨日、買い物に行く途中、小さな花が咲いている樹を見つけた。ある工場敷地の一角。車から降りて近づいてみると、梅が開花していた。7,8割の開花率か。我が家の白梅は、ようやく蕾が開きかけているくらいなので、それに比べると、とても早い。梅の種類の違いなのか、それとも北風をあまり受けず陽光を一杯に受けられる場所の恩恵なのか。

IMG_4756.jpg

クローズアップ画像。

IMG_4755.jpg

こちら北関東では、厳冬が続いている。毎朝、零下5から10度くらいまで下がる。土を掘り返そうと思っても、少し日陰に入ると、土が凍結している。

だが、日は長くなり、確実に春に向かっている。あと2か月もすると、庭の一角を掘り起こし、さまざまな野菜を植える作業に取り掛かる。

寒い冬はいつまでも続くわけではない。

世界経済後退の足音 

リーマンショック以降の世界的金融緩和をうけて低金利の負債を抱え込んだが、それに見合うだけの利益を上げられずに格付けを引き下げられる企業が増えている。

格付け会社の格付けそのものに問題があることが、リーマンショック時に判明しているが、金融緩和バブルの悪影響が出始めていることは、確実だろう。

わが国でも、この問題は例外ではない。

日経新聞より引用~~~

企業の信用格付けの低下が世界的に目立ち始めている。米格付け大手S&Pグローバル・レーティングスによると、格付け変更全体に占める格下げの比率が2018年10~12月は64%にのぼり、10四半期ぶりの高い水準となった。低金利下で負債を膨らませた企業の財務が悪化しているためだ。格付けが大幅に低下すると資金調達が難しくなるため、債務不履行(デフォルト)への警戒感も高まっている。

わが国を、不沈空母ならぬ、不沈米国ミサイル防衛基地にするらしい 

自国(米国)の防衛のためのレーダーを、日本に配備することを検討する米国。これまでは、一応わが国は主権のある独立国という建前だったのだが、わが国の意思とは関係なく、米国に対するミサイル防衛のための盾にされるわが国・・・。

日本は、これで公に米国の属国であることが表明されたわけだ。

中露北が、米国と一戦を交えるとなったら、まずレーダー基地を叩くだろう。その時は、米国の盾になって、わが国は甚大な被害を被ることになる。その被害は、米国の盾であることで生じるわけであり、わが国の防衛とは無関係である。

米国の靴底を舐める、とはこういうことを言うのだろう。自虐史観ならぬ自虐外交である。

以下、引用~~~

中露北を念頭、米が日本に新レーダー配備検討

2019年01月28日 07時17分 読売新聞

中露北を念頭、米が日本に新レーダー配備検討

 米国を狙った大陸間弾道ミサイル(ICBM)への迎撃態勢を強化するため、米政府が大型固定式レーダーの日本配備で協力を求める意向を持っていることがわかった。近く日本政府に打診し、協議を始めたい考えだ。中国、ロシア、北朝鮮による対米攻撃を念頭に置いている。

 複数の日米関係筋が明らかにした。

 日本への配備を検討しているのは「HDR(米本土防衛レーダー)」と呼ばれる新型のレーダー。米本土のほかハワイ、米領グアムなどに向かうICBMを発射地点近くから追尾する。人工衛星を攻撃する「キラー衛星」やスペースデブリ(宇宙ゴミ)の監視にも利用するほか、レーダーが得た情報は自衛隊と共有する方向だという。

 米軍は2023年にハワイで同型レーダーの運用を始める予定だ。日本配備は25年までに行い、ハワイのレーダーと連携運用することを目指している。

ひとり親家庭の子供の大学進学率で、安倍首相はまた大ウソ 

ダボス会議で安倍首相が演説を行い、子供の貧困が大きく改善したと豪語した。

子供の相対貧困率では、7名に1名は貧困状態にあるとされているし、安倍首相のこの言葉の根拠を探した。どうも、一人親家庭の子供の大学進学率に言及し、それを根拠としているらしい、ということが分かった。

安倍首相曰く;

政権発足以前、一人親家庭の子弟で高校を出た後、大学に進学した人の比率はわずかに24%でした。それが、直近の数字だと42%です。

ところが、これが大ウソなのである。内閣府の統計だと、H23年以前は、大学等への進学率として、大学と専修学校等両者への進学率を合わせた数値である。一方、H28年の統計は、大学と専修学校等各々への進学率が別々に集計されている。

H23年の41.6%という数値は、大学、専修学校等各々への進学率を合計した数値であり、H28年の数値とほぼ変化がない。従って、H28年の大学進学率も、H23年とほぼ同じ数値だと思われる。安倍首相の述べた通り、直近の大学進学率が42%だとすると、専修学校等への進学率が急に1%以下に低下したことになり、それは考えられない。

従って、H23年は大学等進学率から大学進学率を推定し24%とし、H28年は専修学校等への進学率を加えた大学進学率を取り上げ42%とした可能性が高い。それにより、大学進学率が急激に上昇したと述べている。H28年のデータに、故意に専修学校等への進学率を大学進学率に加えている。

大ウソである。

内閣府 教育の支援に関する指標;

子供の大学等進学率       H23   41.6%

     大学進学率        H28   23.9%
     専修学校等        H28   17.8%
     大学等進学率       H28    41.7% 
    

1月27日 アウシュビッツ解放記念日  

facebookで米国人の友人がアップした記事。アウシュビッツで解放を待ちのぞむ子供たちの画像とともにアップロードされた。

安倍政権の歴史修正主義は、ナチスのホロコーストに連なる思想であることをもう一度思い起こすべきだろう。

日本軍731部隊は、規模はナチスの強制収容所よりも小さかったが、ナチスと同じことを行った。

Today, January 27, marks the 74th anniversary of the liberation of Auschwitz by Soviet forces. As the Soviet army approached in the days leading up to this, Nazis marched the vast majority of the prisoners west into Germany. The few thousand remaining were thought to be too ill to travel, and were left behind to be shot by the SS. In the confusion that followed the abandonment of the camp, the SS left them alive, and these were the prisoners found by Soviet forces. Eva Mozes Kor, age 10, was one of several hundred children, many of them twins, who were left behind. She and her twin sister Miriam had been subjects in Dr. Josef Mengele’s medical experiments. She describes what it was like to see the liberating Russians. “We ran up to them and they gave us hugs, cookies, and chocolate. Being so alone a hug meant more than anybody could imagine because that replaced the human worth that we were starving for. We were not only starved for food but we were starved for human kindness. And the Soviet Army did provide some of that.” Three months later, Hitler was dead.

民間経済のエートスまで蝕む 

直近の読売新聞の世論調査では、安倍政権支持率が49%と2%の増加、不支持率が38%であり、こちらは低下している、という。「あの」読売新聞だから、と多少割り引いて見なければいけないが、地方自治体選挙の結果を見ても、地殻変動的な政治の変化が起きているようには見えない。

一方、高知県では安倍政権支持率が26%と激減したことも報道されている。

これらの世論調査の乖離をどうみれば良いのか、すぐには結論が出せないが、読売新聞の結果は、恐らく都市部中心の調査であり、何らかの操作が加わっている可能性を見るべきだろう。

だが、行政統治機構を私物化し、破壊した安倍政権であるのに、一定の支持を集めていることも事実だ。安倍政権は、大企業・富裕層優遇の政策を、強引に進めている。それが地方の疲弊と、経済的・社会的弱者のさらなる困窮を招いていることは確かだ。安倍政権は、それを知りつつ(すなわち、地方は切り捨てつつ)、新自由主義的な政策を推し進め、さらに「アベノミクス」なるmonetization of the debtを本態とする金融緩和政策を続けている。新自由主義は、小さな政府を標榜するのに、金融政策は真逆である。それの恩恵を受けるのは、大企業と安倍政権の周囲にいる組織・人物ばかりだ。統治機構に虚偽と改ざんを持ち込んで、その政策を強引に推し進めている。おそらく、都市部の人間は、その政策のわずかなトリクルダウンに与っているのかもしれない。そのための都市部での支持なのではないだろうか。

だが、この安倍バブルは続かない。日銀は、国債を大量に買い込み、国債価格が少しでも下がれば、負債が資産を超過する。そうなると、円に対する信認は低下することだろう。長期利率が1%上昇すると、国は64兆円の損失を被ることが財務省により試算されている。官製相場も、世界経済がrecessionに向かって動き出しつつあり、早晩崩れる。または、原発関連で再び深刻事故に見舞われるかもしれない。そうならないと、国民はこの安倍政治の砂上の楼閣に気づかない。痛みを負わされることによってしか、現状認識に至らないのではないだろうか。

安倍政治の虚偽と、改ざんが、民間にまで伝染しているという記事。安倍政治は、政治経済の破壊だけでなく、民間のエートスまで蝕む。

以下、引用~~~

今や日本は“粉飾大国” 民間企業もデタラメ会計処理が急増
(日刊ゲンダイ)

厚労省「毎月勤労統計」の不正調査やアベノミクスの賃金偽装が発覚し、統計への信頼が揺らいでいる。そんな中、24日、東京商工リサーチが衝撃的な調査結果を発表をした。コンプライアンスやガバナンスが叫ばれるご時世、上場企業の「不適切会計の開示」が急増しているのだ。数字のチョロマカシは国だけでなく、民間企業にも蔓延している。

■9年間で2倍超

東京商工リサーチは、2008年から不適切会計の開示企業を調査している。08年は25社だったが、16年は過去最多の57社と9年間で2・2倍に増え、昨年は2番目に多い54社と高水準だった。

経済評論家の斎藤満氏が言う。

「粉飾も、『バレなければいい』との意識を、普通の人が持っているということです。財務省、厚労省の文書やデータの改ざんなど国が率先して粉飾し、まったく責任を取らないわけです。知らないうちに、国民は不正を受け入れるようになってしまっている。“お上”がやっているじゃないかという意識です。平気でウソをつく国で、会社や国民だけが“公明正大”なんてことにはなりません」

1991年に崩壊したソ連は長年、政府が経済成長率や国民所得の統計を改ざんし、「経済はうまくいっている」と喧伝したが、企業や組織の報告でもデタラメやウソが蔓延していたという。毎勤の不正調査をこのままアヤフヤで終わらせたら、日本も粉飾大国まっしぐら。待っているのは崩壊だ。

「自分の力で食えなくなった時が死ぬ時だ」 

以前のポストにも記したが、小泉進次郎自民党厚生部会長の発言は、自民党の方針と捉えるべきだろう。

その要旨は、「人生百年時代」という発想は、日本が世界に誇れる商品である。そのためには、現役世代の定義を18から74歳にまでにする。年金は75歳から支給する。健康寿命を考慮すると、健康を害したら年金を出そう、ということ。そして、前のポストにはなかった言葉だが、食えなくなったら死ぬこと、だと彼は言う。

食えなくなったら死ねと言う言葉は、個人の信念として述べるのであれば、問題がない。だが、年金・医療の実質的な政策策定責任者である小泉進次郎が述べると、強烈な異なる意味を帯びる。国の政策を、その線に沿って決めて行くということだ。死に方の選択は、きわめて個別的であり、政治がそれを規定するのは、国民の死をも政治が支配することになる。尊厳死を通り越して安楽死を政治的に進めることになりかねない。

自民党の社会保障・医療政策は、このようなものであることを、国民は理解しておくべきだろう。

以下、引用~~~

統計不正を猛批判も 進次郎「社会保障改革」の危ない現実
(日刊ゲンダイ)

厚労省の統計不正には、さすがに与党内からも厳しい意見が出ている。その急先鋒は毎度おなじみ、自民党の小泉進次郎厚労部会長だ。

「厚労省、目を覚ましてほしいというか、ちょっと危ないぞと」などと批判し、「解体的出直しの気持ちを持たないと社会保障改革はできない」と苦言を呈している。

だが、進次郎氏が思い描く社会保障改革も、国民にとっては「ちょっと危ない」。なぜなら、それは国民に「死ぬまで働け」と強いる冷酷なものだからだ。年明けの「福島民友」に掲載されたインタビューを読むとハッキリ分かる。進次郎氏はこう話している。

■74歳まで現役で働け

<厚労部会長として社会保障改革に取り組めば取り組むほど、間違いなく「人生100年時代」は日本が世界にアピールしていける商品という思いを強くしています>

<例えば「現役」の定義を18~74歳に変えます。今のままだと現役世代の割合は大きく減っていきますが、定義を変えれば30年先でも現役世代の割合はあまり変わりません

現役世代を増やすには定義を変えてしまえばいいとは、厚労省の統計不正と変わらない発想である。人生を「商品」と言ってしまうところにも、国民を労働力としてしか見ていない本心が透けて見えるが、インタビューの中で、進次郎氏は「死に方」についても不穏な発言をしている。

<父は動物や虫が好きで「ライオンを見てみろ。自分の力で食えなくなった時が死ぬ時だ人間も同じ。だから自分の力で食べられる時までが寿命であり、それが一番幸せだ」と言っています>

<私も延命は嫌ですね。痛みは取ってほしいけど。さっき生き方改革と僕は言いましたが、生き方と終い方はセットなんですよね>

要するに、国民は74歳まで働いて税金も年金保険料も納め、自分の力で食えなくなったら延命治療を施すことなく死んでいく。そういう未来図を夢想しているわけだ。

「国民人気が高い進次郎議員ですが、その実態は、弱者に冷たい新自由主義の申し子です。根っこの思想は安倍首相と変わらない。進次郎議員の政権批判はいつもポーズだけで、結局は政権維持に協力してきました。国民はパフォーマンスにだまされてはいけません」(政治評論家・本澤二郎氏)

自民党政権が続くかぎり、国民は搾り取られる一方だ。

毎月労働統計調査についての閉会中国会審議が明らかにしつつあること 

二日前に行われた国会閉会中審議の様子を、録画で大体視聴した。あの毎月労働統計調査に関して審議である。

厚労省、それにトップの厚労大臣は、メロメロであった。特別監査委員会の中間報告が、厚労省内部によるデッチ上げであり、早期に幕引きを図ろうとするものであることが明らかだった。

与党議員ですら、かなり厳しく質問していた。野党の質問に対して、厚労大臣は、まともに答えられない。

ところが、昨日だったか、自民党森山国対委員長が、この基幹統計の改ざんは大した問題ではないと述べている。与党が、何らかの形で、改ざんに関わっていることを示す言動だろう。でなければ、この大きな問題を、大したことではない等と言うはずがない。

改ざん事実、それの様々な指標への影響を明らかにするのは当然だが、誰が何の目的で改ざんし始めたのか、さらに厚労省内部の通達でこの改ざんが始められたようだが、統計法違反という犯罪的行為を内部で実行できるシステムの問題は何かを解明しなければならない。そうしないと、同じことがまた起きる。

以前から述べているが、高プロ制度・入管法改正等の法律は、中身がスカスカで、後で省令で内容を確定する、ということになっている。立法府での議論をまともにしないで、行政・政府に丸投げする姿勢だ。それを改めなければ、行政・政府の暴走が続く。

国会の閉会中審査で明らかになったこと

名目賃金

2018年6月          +3.3%  21年ぶりの増加!!!=アベノミクスの成果!!!

3日前 同年同月       +2.8%

2日前 同年同月       +1.4%  通年では、-!!!!

「アベノミクス」の結果を改ざんする意図が明らかである。

国会でさらに解明を続けるべきだ。

佐川氏不起訴相当だが、二度と起きてはならない? 

これは、非常に不可解な議決だ。

森友学園疑惑で、佐川元理財局長が不起訴になったことを検察審査会は追認する議決を行った。その議決に付け加えて、「一般の国民感情として非常に悪質なものであり、二度と起きてはならない」とするなら、起訴すべきなのだ。

大体、国民「感情」の問題に矮小化すべきではない。佐川氏の行ったことは、行政統治機構を破壊する行為なのだ。

この問題は、将来、国の行政統治機構を破壊したこととして記録されるはずだ。

検察審査会の人選も、政府の息がかかっているのだろうか。検察が、そのように誘導するのだろうか。検察が、政権に支配される国は危うい。

以下、引用~~~

森友文書改ざん「非常に悪質」

佐川氏不起訴「相当」議決

2019/1/26 18:46
©一般社団法人共同通信社

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関し、改ざん文書を国会に提出して国会議員の業務を妨害したとして、偽計業務妨害の疑いで告発された佐川宣寿前国税庁長官らについて、東京地検が不起訴処分とし、その後、東京第5検察審査会も「不起訴相当」と議決していたことが26日、分かった。

 議決は今月11日付。議決書は、改ざん文書の提出は偽計業務妨害罪に当たらないとする一方で「一般の国民感情として非常に悪質なものであり、二度と起きてはならない」と指摘した。

 東京都内の弁護士が昨年6月、佐川氏と、元理財局総務課長に対する告発状を提出。東京地検は同8月、いずれも不起訴処分とした。

国が、国民のネット環境をハッキングする 

総務省情報通信研究機構が、家庭・企業のIoT機器に無差別侵入を行う。「オリンピックテロ対策」との建前だが、その割に5年間も続けて行うらしい。脆弱性のある機器の持主・企業には、それを知らせ、セキュリティ対策を取ってもらう、ということらしい。

だが、幾ら公的な機構であったとしても、やることはハッキングであり、不正アクセス防止法等に違反する行為。善意でセキュリティの脆弱性をユーザーに知らせるとしても、国家が犯罪行為を犯すことになる。

オリンピックテロ対策というが、無差別ハッキングをすることで、テロを防げるのか。さらに5年間ということは、オリンピック後も続けるということではないか。

ハッキングして情報を盗み取ることだけであれば、IoT機器の一般のユーザーには知られずに行われる。すると、国がユーザーのプライバシー情報を盗み取ることになる。

同機構は、サイバーセキュリティ、防災通信、脳の機能解析等を所管する研究機関のようで、公安警察等と表面上つながりはないようだが、同機構がこの無差別ハッキングによって入手した市民の個人情報・プライバシーを、公安警察等に手渡す可能性は十分にある。国家に対して性善説を信じるわけにはいかない。先日も、5600万人が所持するポイントカード「Tカード」の個人情報が、Tカードを発行管理するCCCから警察に、令状なしに、カード所有者の承諾なしに手渡されていたことが発覚した。

まさにサイバー空間で警察国家が成立することになる。

この企てには、強く反対する。

NHK NEWS WEBより引用~~~

総務省 IoT機器に無差別侵入し調査へ 前例ない調査に懸念も
2019年1月25日 19時52分

サイバー攻撃対策の一環として、総務省は家庭や企業にあるインターネット家電などのいわゆる「IoT機器」に無差別に侵入して対策が不十分な機器を洗い出す、世界でも例のない調査を行うことになりました。しかし、実質的に不正アクセスと変わらない行為を特例的に国が行うことに懸念の声もあがっています。

この調査は、総務省が所管する情報通信研究機構が行うもので、25日、国の審議会をへて実施計画が認められました。

それによりますと、調査は家庭や会社などにあるルーターやウェブカメラなどのIoT機器およそ2億台を対象に来月中旬に開始し、無差別に侵入を試みて、初期設定のままになっているなどセキュリティー対策の不十分な機器を洗い出し、ユーザーに注意を促すとしています。

実際、おととし1年間に情報通信研究機構が観測したサイバー攻撃のおよそ54%でIoT機器がねらわれていて、国は東京オリンピックに向けて対策を強化する必要があるとしています。

一方、調査では予想されるIDとパスワードを実際に入力して機器に侵入する計画で、本来は不正アクセス禁止法で禁じられている行為だけに専門家からは懸念の声もあがっています。

国は特例的に5年間に限って調査を行うとしていますが、無差別の機器に国が侵入する調査は世界でも例がありません。

総務省サイバーセキュリティ統括官室の後藤篤志参事官補佐は「IoT機器が増加する中で、機器をねらうサイバー攻撃も増加している。東京オリンピック・パラリンピックを来年に控え、国民の皆様には今回の調査にご理解いただくとともに、セキュリティー対策に関心を持っていただきたい」と話しています。

「無差別調査」 去年5月に法改正
今回の調査は、実質的に不正アクセスと変わらない行為を行うことから、国は去年5月、情報通信研究機構の業務を定める法律を改正し、5年間に限って行うとしています。

改正された法律は去年11月に施行され、他人のIoT機器にIDとパスワードを入力するという不正アクセス禁止法で禁じられた行為について、今回の調査に限る形で認めています。

専門家「通信の秘密に抵触のおそれも 慎重に運用を」

今回の調査について、情報セキュリティ大学院大学の湯淺墾道教授は、「IoT機器が急増する一方、パスワードが正しく設定されていない機器があまりにも多く、東京オリンピック・パラリンピックを前にそれらの機器がサイバー攻撃に悪用されることを防ぐためのいわば緊急措置だ」と一定の理解を示しました。

その一方で、どういった機器が調査の対象となるのかが現時点で明示されておらず、プライバシーの侵害につながる危険性があるとしたうえで、「侵入した時点でウェブカメラの映像が見えてしまったり、保持するデータの中身がわかってしまったりすることも考えられるほか、もし通信先がわかってしまえば憲法で定めた『通信の秘密』に抵触するおそれもある」と指摘しています。

そして、「他人の機器に勝手にログインすることが犯罪行為とされているなかで、政府に特例を認める今回の事業は専門家の間でも意見が分かれてきた。政府は、調査結果を公表して透明性を保つとともに、慎重に運用することが求められる」と話しています。

機構「ルールにのっとり運用していく」

今回の調査に当たって、情報通信研究機構は、調査に使う発信元の「IPアドレス」を事前に公表しています。

また、セキュリティーの弱い機器が見つかった場合、内部に侵入はしますが、機器の種類を特定するなどの通信は一切行わないとしています。

さらに、調査で得られたデータの管理を厳重に行い、情報の保護につとめるとしています。

情報通信研究機構サイバーセキュリティ研究室の井上大介室長は、「目的以外のデータを得たり、調査で得たデータが外に漏えいすることが一切無いように厳格なルールを設けている。この調査は国民の安全安心のためのものなので、ルールにのっとって運用していく」と話しています。

IoT標的の攻撃 世界で相次ぐ

IoT機器は、家庭や企業などさまざまなところで普及が進んでいる一方、サイバー攻撃の標的となるケースが国内外で相次いでいます。

こうした事態を加速させた要因の1つが、2016年に見つかった「Mirai」と呼ばれるコンピューターウイルスです。

このウイルスは、初期設定のままだったり単純なパスワードにしたりしているIoT機器に感染し、これを遠隔操作してより大規模なサイバー攻撃を引き起こします。

実際、Miraiに感染した世界中の10万台を超えるIoT機器が何者かに操られてアメリカの通信会社が大規模なサイバー攻撃を受け、大手IT企業のサービスが停止するなどの被害が出ました。

日本では、ここまでの被害は確認されていませんが、大学に設置された複合機でスキャンしたデータがインターネット上から見られる状態になっていたり、病院にある水処理設備の監視モニターが外部から侵入できるようになっていたりするなど、セキュリティーの管理が行き届いていないのが実情です。

政権の広報戦略 

25日の首相動静

午後3時4分 新聞・通信各社の論説委員らと懇談
午後3時34分 在京民放各社の解説委員らと懇談
午後3時56分 内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談
午後7時42分 「赤坂飯店」内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談


昼食も内閣記者会加盟報道各社キャップと一緒に摂っていた。

懇談はなぁなぁの内に進行する。つばぜり合いとなる公的な記者会見(わが国ではこれもまず見られないのだが・・・)とは、全く異なる。

これで、報道の中立、権力監視は守られるのだろうか。

政権が電通を人事・規制を通して支配、電通が広告差配を通して民間企業を支配するという構図とともに、首相がこのように報道各社の記者と「懇談」することで、報道機関を自らの宣伝広報機関として利用しているのだろう。懇談は、首相が一方的に、自らの見解を述べ、政権・首相の主張を報道機関に押し付ける場になっている。そこでは、記者クラブという同業利権集団が機能する。

我々は、このような政権の広報戦略に晒され続けている。

「JARL広報大使」任命  

JARLが、二人のお嬢さんをJARL広報大使に任命したと、でかでかとfacebookで報じていた。きれいな服を着た二人の女性が、恐らくJARLの幹部と思われる中高年の男性の両脇に立っている図柄。JARLのサイトにもでかでかと載っている。こちら。

このどうしようもなく、時代遅れのPRに、脱力せざるを得なかった。女性を何とか大使に任命して、アマチュア無線の興隆を図ろう、というマーケテイングの古めかしさ、ピントのズレまくりの広報戦術。

JARLは、規制緩和を当局に迫り、包括免許を実現すべきなのだが、それとは真逆の方向に向かっている。JARLの理事OBが、JARDに天上がり、有給幹部職員になっているという現状。官僚の天下りを習ったエゲツないやり方だ。官僚は、規制強化し、それをもとに民間から甘い汁を吸い上げている。以前から記しているが、医療機能評価機構の医療機関の評価、競争的交付金による大学の競争(東京医大問題の本質はそこにある)、日本専門医機構による専門医試験等々、書き出したら切りがない。

JARLは、もっぱら自己訓練のために行う利益追求の伴わないアマチュア無線という趣味の世界を対象としつつ、規制強化により、利益を追求する。JARLの天上がり組織であるJARDは、養成講座という免許取得講座で各人から2万円前後の料金を取る。世界的に見ても類を見ない、ぺ―パー上の「保証認定」によって数千円の金をふんだくる。このような滅茶苦茶な規制は外国にはない。外国の例を持ち出すまでもなく、ペーパー上の保証認定とは、一体だれがだれに対して何を保証するのか、その保証が実際上外れていたら、誰がどう責任を取るのか。今度は、ITUのスプリアス規制により再び紙の上の「保証認定」である。このスプリアス規制は、諸外国でアマチュア無線(の少なくとも免許者)には、行われていない。わが国だけである。この「保証認定」は、JARL会員は値引きするのだという。国の免許取得に、特定の社団法人会員に「値引きする」という制度は可笑しいではないか。

こうした利潤追求のJARLは、世界的に「類を見ない」アマチュア無線連盟になっている。官僚と並列に並べると、官僚が怒りだすかもしれない。こんな滅茶苦茶はやらない、と述べて。実際、これらのアマチュア無線に関わる利潤追求は、ヤクザのしょば代稼ぎと同類のあくどいやり口なのだ。JARL・JARD幹部は、最終的に、アマチュア無線の衰退に最後の一撃を加えている自覚がない・・・否、彼らは、アマチュア無線の将来等どうでも良いのである。自分たちが利潤を上げることだけに汲々としている。

規制強化による利権追及に熱心な官僚たちが、この国をどんどん困窮化させるのと同じに、JARLもアマチュア無線を衰退させ続ける。

厚労省内部での監査?? 

これほど長期にわたって行われ、かつ厚労省が主張するには最初の7年間のデータが失われた改ざんについて、早速特別監査委員会が中間報告を出し、手はずよく、官僚の処分まで公表した。彼らの結論は、「組織的隠ぺいなし」である。

これは、結論ありきのでっち上げ調査だろう。

この特別監査委員会という組織は、外部の有識者からなるということだが、委員長の所属する「労働政策研究・研修機構」は、厚労省傘下の法人だ。予算は厚労省が握っている。そこの理事長を委員長にした監査委員会というのは、まるで犯罪者にその共犯者が判決を下すようなものだ。

繰り返すが、この改ざんが誰の指示で、何を目的として行われたのか。その結果がどうだったのか。また、厚労省内部でこの犯罪的改ざんが行われたわけだが、同じような改ざんが内部で常習的に行われているのではないのか。こうした問題をしっかり明らかにすることでしか、問題の解決はない。

以下、引用~~~

統計不正、組織的隠蔽は否定 厚労省・特別監察委「担当者が踏襲」

2019年1月23日05時00分

 「毎月勤労統計」の不正調査で、厚生労働省が設置した外部の有識者らでつくる特別監察委員会(委員長=樋口美雄労働政策研究・研修機構理事長)が22日、検証結果の中間報告書を発表した。担当部署の課長級職員らが間違ったやり方だと知りながら漫然と前例を踏襲し、部長級や局長級の職員は実態の適切な把握を怠っていたとして、ガバナンス(組織統治)の欠如があったと指摘。焦点となっていた組織的な関与や隠蔽(いんぺい)については認められなかったとした。

 ■次官ら22人処分

 これを受け、厚労省は22日、関係者の処分を発表した。根本匠厚労相と副大臣、政務官の計5人は就任時から4カ月分の給与などを自主返納する。鈴木俊彦事務次官と宮川晃厚労審議官を訓告、元職員を含め政策統括官ら15人を減給、元統計情報部長5人を戒告相当とし、処分対象は現職6人を含む計22人に上った。

 中間報告書によると、この統計は従業員500人以上の大規模事業所についてはすべて調査するのがルールだが、厚労省は2004年1月から、東京都分の調査対象を勝手に約3分の1に絞る抽出調査を始めた。

 きっかけについて、「(全数調査の)企業から苦情が多く、大都市圏の都道府県の負担軽減への配慮だった」と認定。その上で、調査変更の手続きを踏むことなく担当課だけで判断したとし、「不適切な対応だった」とした。

 その後、長年この不正な調査が続き、その間担当者の中には不正と気づいた職員もいた。だが、「変えた方が良いと思ったが、統計委員会や審議会にかけると問題がある」などとして、放置されてきたとした。

 18年1月から不正なデータを本来の全数調査に近づける「データ補正」が公表せずに行われていたことについては、当時の担当室長が、同月に実施される対象事業所の入れ替えがこのままだとうまく機能しなくなると考え、部下に補正を指示してシステム改修させていたとした。担当室長は、補正による調査結果への影響は「誤差の範囲」と判断して上司に報告せず、公表もしなかったという。

 この問題では、04~17年に比較的賃金の高い東京の大規模事業所の調査数が減ったため、正しく調べた場合より低い賃金の結果が出た。この影響で毎月勤労統計をもとに給付水準が決まる雇用保険や労災保険などで給付額が少なかった人が延べ約2015万人出た。

 樋口委員長はこの日の会見で、権限のある立場の管理職が不正を認識しながら意図的に隠していたとは確認できなかったとして、「組織的な隠蔽はなかった」とした。特別監察委は16日に設置され、会合が開かれたのは22日を含めて2回。東京都への聞き取りなどもしていないが、経緯や原因についての検証はもうしないという。

 ■中間報告のポイント

 ◆04年に不正調査を始めたきっかけは、都道府県からの負担軽減の要望だった

 ◆18年1月からのデータ補正は、不正調査を認識する担当者が補正が必要と判断したため

 ◆幹部職員の監督責任は問われる。ただし組織的関与や隠蔽は認められない

 ◆安易な前例踏襲や管理意識の欠如で、不正調査を認識しながら長年続けられた

 ◆総務相に承認された調査手法に従っていなかったのは統計法違反にあたると考えられる

 ◆04~11年の再集計値の算出に必要なデータがないのは文書保存の規定などに反する

 憲法学者が辺野古新基地建設反対の声明 

辺野古基地建設の是非を問う県民投票は、「どちらでもない」という選択肢を加え、三択の投票とすることで話がまとまりそうだと報じられている。何としても、辺野古基地建設を否とする結果を潰したいという政権与党のいじましい動きだ。だが、投票が行われることになること自体は、歓迎すべきことだ。ぜひ、沖縄県民にあっては、辺野古基地建設に否の意思表示を行っていただきたい。

131名の憲法学者が辺野古基地建設反対の声明を出した。辺野古基地建設が、憲法に定められた民主主義・地方自治の原則に違反するということだ。元来、沖縄に関する日米行動委員会SACOでは、普天間基地の移設場所は特定されていなかったものが、いつの間にか(おそらく外務省の米国隷従主義者が策動して)、辺野古に決められてしまった。元来、その基地は15年間の使用期間限定の基地であり、会場のヘリポート案を、わが国の政権は想定していたはずだ。鳩山首相の県外移設案も、外務省の策謀により潰された。辺野古に基地を作ることにより大きな利権を得る人々が、政官業に存在する。彼らは、憲法に違反している、と憲法学者が断じているのだ。

辺野古基地建設に現実問題として軟弱地盤の存在が明らかになった。建設計画を練り直し、沖縄県の許諾を得る必要が出てきた。この基地建設には、2兆5千億円以上の費用が見込まれ、少なくとも13年間以上かかるものと見られている。この問題の根底に、憲法違反がある。憲法を踏みにじり、自らの利権のために基地建設を強行しようとしている。これだけの問題を抱えた基地を、ごり押しでも建設したいという政権は、異常である。

断じて、この基地建設を認めるべきではない。憲法学者のこの声明を支持する。

以下、引用~~~

1月24日付琉球新報 
「民主主義、地方自治の侵害」「辺野古唯一は欺瞞」 憲法学者が辺野古新基地建設反対の声明 131人が賛同

【東京】稲正樹(いな・まさき)・元国際基督教大教授ら憲法学者の有志一同が24日、都内の衆院議員会館で会見し、辺野古新基地建設の強行に反対する憲法研究者声明を発表した。24日時点で131人の憲法研究者が声明に賛同している。会見に出席した憲法学者らは「沖縄の県民の基本的人権の問題であるのと同時に、日本国の民主主義の問題だ」などと訴えた。辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票の結果が出るまで工事中止することも求めた。

 稲氏によると、辺野古新基地建設問題に対して憲法学者の有志が声明を出すのは初めて。国内には憲法学者は500~600人いるとみられる。賛同者は引き続き募る。

 声明は「安倍政権の辺野古新基地建設強行は、民主主義、地方自治を侵害するものだ」と憲法上の問題点を指摘している。さらに「辺野古が唯一の選択肢という安倍政権の主張は欺瞞と言わざるを得ない」と示した上で「憲法研究者有志一同は、平和で安全な日本、自然豊かな日本を子どもや孫などの将来の世代に残すためにも、辺野古新基地建設に強く反対する」と訴えている。

 稲氏は「辺野古の基地建設は日本国民にとっての問題だ。住民の意思を一顧だにしない基地建設は住民自治という憲法の地方自治の本旨に反する」と指摘した。県民投票は「沖縄の本当の民意とは何かを明らかにする大事な機会だ」と述べた。

 笹沼弘志静岡大教授は「民主主義の根幹に関わる問題。われわれが辺野古の問題を日本国民全体の問題として議論せず、放置することで沖縄の人の人権を傷つけ踏みにじっている」と強調した。

 志田陽子武蔵野美術大教授は「県民の反対は憲法が保障する意思表明の在り方の一つで、決して軽視、黙殺してはならない。無視した土砂の一方的な投入は憲法の許容する限度を超えている」と述べた。県民投票の結果については「国政担当者は少なくとも民意がどのようになるか誠実に聞く必要がある」と求めた。

 石川裕一郎聖学院大教授は「基地建設の合理性ではなく、明らかに沖縄への嫌がらせ、ハラスメントの要素もある。性暴力にも似ている。圧倒的な力で弱い者に有無を言わせずする手法は、現政権のさまざまな局面を思い出させるもので、辺野古はその象徴的な場として表れている」と話した。

 飯島滋明名古屋学院大教授は「安倍自公政権が沖縄で行っているのはまさに『法の支配』の蹂躙で、中国などに対して法の支配を順守せよと主張する資格はない」と強調した。

 声明は内閣と防衛省、外務省、自衛隊、沖縄県など公的機関に加え、全政党に送付する。さらに今後、賛同者で何らかのアピール行動も検討している。【琉球新報電子版】

空想的平和主義?高村副総裁を嗤う 

現在の野党を左翼というなら、現在の自民党は極右国家主義政党だろう。

自民党の改憲案では、確かに平和主義を否定し、自民党現政権の外交政策は、日米安保ガイドラインに沿って自衛隊を海外派兵する手順を着実に踏んでいる。自衛隊の司令部を米軍のそれと合同にし、実際上自衛隊を米軍指揮下に入れている。航空母艦を作り、敵国基地を先に攻撃する体制を作りつつある。イージスアショアの配備は、ハワイ・グアムの米軍基地を防衛するためだ。わが国を米国のための盾にしようとしている。確かに、平和主義の否定だ。改憲案には、基本的人権、国民主権の否定も盛り込まれっている。国民よりも国家を優先し、国民は国家に隷属すべしとする、国家主義の憲法だ。

専守防衛の体制はすでに出来上がっており、戦後それが機能してきた。それを続けることが、現実的な平和主義の選択である。自民党改憲集団は、それを空想的だと言ってあざ笑っている。さて、どちらが正しいのか、国民は歴史から教訓を得て、正しく判断すべきだ。

以下、引用~~~

自民・高村前副総裁、憲法改正めぐり「左翼野党」などと発言

2019年01月23日 22時54分 TBS

 自民党の憲法改正推進本部で最高顧問を務める高村前副総裁は党のインターネット番組で、憲法改正に反対する一部の野党を念頭に「左翼野党」などと述べました。

 「左翼野党の中には、また空想的平和主義が復活しつつあるような場面もある」(自民党 高村前副総裁)

 自民党のインターネット番組に出演した高村前副総裁は、自民党と社会党が対立したいわゆる「55年体制」に関する解説の中で、当時の社会党の安全保障の考え方について、「抑止力があるから戦争になると考える空想的平和主義」と指摘しました。

 その上で「いまの左翼野党の中には、また空想的平和主義が復活しつつあるような場面もある」と述べました。(23日20:41)

防災レーダーよりも、米軍軍事レーダーが優先される国 

福留高明氏は、秋田大学で教鞭を取っておられた方で、秋田地方から優れた論考をfacebookに公開しておられる。

彼は、イージスアショア配備の持つ意味を精緻な議論で明らかにした。こちらこちらそれにこちら

防災電波よりも軍事用電波、ことに米軍が使用する電波が優先されており、沖縄、山口、秋田(その大部分)では、防災レーダーが他の地域に比べて不十分であることを、福留氏がfacebookで示している。

イージスアショアは、グアム、ハワイの米軍基地を防衛するための施設である可能性が高い。その施設を運用するために、これら三県の防災レーダーシステムが他の地域よりも劣ったままにされている、ということだ。まさにわが国は米国の盾にさせられているのである。

台風・大雨は、わが国にとっては極めて差し迫った自然災害だ。それを的確に捉え、予報するためのレーダーが、一部地域で米軍のために設置できない、その状況を放置する政権とは一体だれのために仕事をしているのだろうか。日米安保ガイドライン等によって、自衛隊がどんどん米軍の指揮下に入れられ、米軍の世界戦略に組み込まれている。それだけでなく、わが国・国民が米国の盾にされているのだ。

わが国は米国の属国なのである。

以下facebookより引用~~~

福留高明

防災用電波より軍事用電波を優先!?

 気象庁「高解像度降水ナウキャスト」システムによる予測精度には目を見張るものがある。このシステムはCバンドおよびXバンドという2つの周波数帯域のレーダー電波を使って解析をおこなっている。このうちCバンドは気象庁レーダー網で観測をおこなっているが、Xバンドは国交省のXRAINレーダー網からデータ提供を受けている。これら2つのバンドにより互いの短所を相補っているのである。とりわけ、250mメッシュでの高解像度降水予測ができるようになったのは、Xバンドでの観測ができるようになったためである。Xバンドでの観測が始まったのは2010年で、4年後の2014年には38のレーダー局が整備され、全国をカバーするXRAIN観測網が完成した。ところが…である。沖縄県・秋田県・青森県についてはなぜか未整備のまま放置されてきた(附図参照)。とりわけ、沖縄は言わずとしれた台風銀座。全国でむしろ最も優先的にXRAINが要求されている地域である。しかるに、なぜ? この3県には、整備を拒む何らかの重要な理由が存在するのだろうか?

 ――沖縄には米軍基地、青森には米軍車力通信所が存在し、そして秋田は地上イージス予定地。共通するのは、いずれも米軍のための基地(予定地)、ミサイル防衛を目的としたレーダー施設が設置(予定)されていることである。例えば、車力通信所にはXバンドレーダーであるAN/TPY-2レーダーが配備されている。秋田に予定されているイージス基地でも当然ながら車力通信所と同じXバンドがメインとなることは間違いない。沖縄米軍基地については情報を入手できていないが、同じくXバンドを用いていることは想像に難くない。

 つまり、軍事用レーダー電波として防災用レーダーと同じXバンドのレーダー電波が用いられているのである。もし同じ帯域の電波を発射すれば何が起こるか。当然ながら、電波どうしの干渉が起こり、どちらかがあるいは双方が妨害を受けてしまう。したがって、上記3県に防災用レーダーが整備されないのは、何らかの圧力がかかっているのではと疑念を抱くのは私だけだろうか?
 (ちなみに、XRAINについては昨年夏に鷹巣局が開局しやっと秋田県の一部をカバーできるようになったが、なぜかイージス予定地の秋田市周辺はいまもって観測空白域のままとなっている。)

統計調査のでっち上げ問題、なぜに処分を急ぐ? 

毎月勤労統計調査のでっち上げ問題、処分を行い早々に幕引きをしようとしている。

問題は、2004年から、誰が、何の目的で、このでっち上げを始めたのか。

その結果、国民にどのような不利益を生じたのか。

次に、2018年に突然統計処理の仕方を変えたのは、誰が、何の目的で行ったのか。

その結果、国民がどのような不利益を得たのか。

ということである。さらに、各々のプロセスで、重大な変更というか、統計法に触れる変更であったにも拘わらず、省内の内輪の通達だけで行われている。このようなことが横行したら、恣意的な行政が可能になってしまう(現に、高プロ法とか、入管法改正とかは、行政レベルでいかようにも内容が変更できることになっている)。その恣意的行政の問題を明らかにする必要がある。

行政統治機構が、劣化し、何者かがそれを恣意的に運用し、恐らくはその者が利権を得ようとしている、としか思えない。この検証は、行政機関以外の組織、人間が行うべきだろう。

このように処分を急ぐ厚労省は、何かを隠そうとしているようにしか思えない。この際、徹底して問題を明らかにし、システムを改革すべきだ。

TBS NEWSより引用~~~

不正統計で処分発表、次官含む幹部ら22人を処分 大臣ら政務三役も給与返納

 厚生労働省が実施する「毎月勤労統計調査」で不適切な方法が行われていた問題で、根本厚生労働大臣は、鈴木次官など幹部ら22人を処分すると発表しました。

 「本日、関係職員の処分を行いました。このような事態を招いたことについて改めておわび申し上げますとともに、組織をあげて再発防止に取り組んでまいります」(根本匠 厚労相)

 毎月勤労統計調査で不適切な手法がとられていた問題で、根本厚生労働大臣は22日午後、鈴木事務次官と厚生労働審議官を「訓告処分」、そのほか元担当課長などの20人の職員に対しては「減給6か月相当」、などの処分を発表しました。また、根本大臣と副大臣らも就任時からの給与4か月分を自主返納するなどとしていて、「統計への信頼損失や国民への影響を考慮した」としています。

グローバリズムが非正規雇用社会を推し進める 

1980年代から金融自由化が米国で始まり、それは90年代のグローバリゼーションの進展につながる。企業の価値が、株価と配当で判断されることになった。企業経営者は、労働分配率を下げ、非正規雇用を多く雇いこみ、その結果、内部留保を最大化し、経営者の収入はうなぎ上りに増えた。グローバリゼーションが、経済格差の拡大をもたらしたわけだ。

その典型が、このZOZOTOWN。前澤社長は、派手に女優との交際を喧伝し、宇宙旅行に行くと公言している。ネットで金をばらまき、皆に夢をあげたのだと述べている。だが、同企業の「儲け」は、非正規社員を多く雇うことによって生まれている。彼は、労働分配率を上げる努力をしているのだろうか。

下記の論考で述べられていることは正論だ。だが、一歩進めて、グローバリゼーションの問題点を検討し、それに対する対策を取らないと、根本的な解決にはならない。資本主義は、利潤を上げる地平を、地理的なところから、バーチャル空間に移し、そこでも十分な利潤を上げられなくなった今、被雇用者からの搾取を進めている。

以下、引用~~~

ZOZOTOWNの非正社員比率は67%ー派遣や非正社員に過度に依存する企業体質からの脱却をー
藤田孝典 | NPOほっとプラス代表理事 聖学院大学人間福祉学部客員准教授
1/20(日) 17:11

ZOZOTOWNの非正社員比率は約67%と高い

昨日はZOZOTOWNにおける派遣労働者や非正規労働者の問題に焦点を当てた。

多くの方から反響があり、足元の労働者を大切にするべきではないか、利益を労働者に還元するのは当たり前ではないか、月に行ったりお年玉企画するより賃金上げろ、など多数の賛同もいただいた。

実態を見れば、なぜZOZOTOWNが利益を上げられて、前澤社長などが豪遊できるのか見えてくる。

その内容については僕がZOZOTOWNの非正規労働者の賃上げにこだわる理由ー日比谷公園年越し派遣村の教訓と派遣労働者ーを参照いただきたい。

2018年の有価証券報告書によれば、(株)ZOZOは2,764名の従業員のうち、1,860名が派遣等の非正社員である。

平均なので実態としてもう少し多いと思うが、単純に計算してみると、非正社員比率は約67%と極めて高い。

派遣労働、非正規雇用に依存している経営といえる。((株)ZOZO有価証券報告書2018)

ZOZOは労働者3人のうち2人は派遣を含む非正社員で成り立っている。

非正社員と比べて賃金も高く、安定雇用である正社員の少なさは特徴的だ。

日本の労働者のうち、非正規労働者は37,3%(厚生労働省2018)である。

ZOZOTOWNの非正社員比率67%という数字は異様に高いことがわかる。平均の1,8倍だ。

前澤社長を含む役員、株主などへ利益を配当するために働く現場は、非正規雇用に支えられていることは明らかだ。

時給1,000円程度の大量の非正社員の奮闘があり、低賃金労働者を使いながら利益を上げるビジネスモデルと言える。

何度もいうが、儲かっていないから賃上げできないのではない。

一部上場企業で衣料品のネット販売最大手のリーディングカンパニーでこの有り様である。

なかには、正社員や無期雇用への転換を希望する者もいるはずだし、後述するように生活苦のなかで働いている労働者もいるだろう。

今後、読者の方には前澤社長の豪遊ぶりがメディアで映し出された際に、彼の足元にいる非正規雇用で働く労働者の姿、そこへの想いを寄せてほしいと思う。

生存すら難しいワーキングプアの増加と非正規労働問題

いまでは非正規労働者の数は2,036万人にもおよぶ。

30年前と比較しても、正社員の人数は一貫して横ばいであるが、非正規労働者の数だけ増え続けている。

ざっくりいえば、平成にあたる30年間の経済対策や雇用政策で増えたのは正社員ではなく、非正社員だけだった。

平成期を象徴する非正社員の急増を受けて、同時に増え続けるのはワーキングプア(働いている貧困層)、相対的貧困率である。

日本の相対的貧困率は15,7%であり、子どもの貧困は13,9%とOECD先進諸国ではともに高い水準にある。

なかでもひとり親世帯(主は母子世帯)の相対的貧困率は、50,8%と世界最悪の水準を記録している。

特に、シングルマザーは8割以上が働いているのにも関わらず貧困なのである。

その就労形態で多いものは派遣、パートなどの非正社員だ。

要するに、企業による非正社員、派遣労働の拡大は確実にワーキングプアや子どもの貧困を生み出し、社会に深刻なダメージを与え続けている。

シングルマザーの母が低賃金ゆえに仕事を掛け持ち(ダブルワーク)し、子どもと向き合う時間がなくて、虐待に発展する事例も散見されている。

全国で拡大する子ども食堂や無料の学習支援塾ができたとしても、根本的な親の所得が上がらなければ貧困は改善しない。

社会問題の背景にワーキングプアを含む労働問題が横たわっている。それを生み出してきたのは企業の低賃金労働者に依存する甘えだろう。

生活困窮の相談に至る方の多くも非正社員を経験し、貯蓄や資産形成のゆとりすらない中で働かされている人々だ。

企業は一貫してゆとりがあるにも関わらず、安定雇用を増やさないできた。そのツケが全国各地で噴出している。

このように、まさに平成期は非正社員と貧困の急拡大の時代だった。

新興産業におけるZOZOTOWNが、いくら新しさを打ち出しながらパフォーマンスを展開しても、結局はこの30年間の雇用構造を打破するには至っていない。

むしろ、率先して雇用構造に甘え、非正社員に依存する形態で利潤を上げて、労働者に還元しないのは残念というほかない。

このように非正社員とワーキングプアを生み出しているのは日本の企業なのである。

ここに向き合わない限り、次の時代に人々が安心して働き、暮らせる社会にはなり得ないだろう。

例えば、ZOZOTOWNに限らず、「非正社員の多い会社」トップ500ランキング(東洋経済)でも指摘される企業やその労働組合には、日本社会のワーキングプアや子どもの貧困を生み出す構造をどうしていくのか、大きな責任があることを自覚してほしい。

普通に働いたら普通に暮らせるように、そろそろ日本の雇用構造を転換していきたいものである。

ZOZOTOWNから非正社員に甘えて、誰かが豪遊するのではなく、共に豊かになる働き方を提示し、日本社会をリードしていく存在になってほしいものだ。

「やむを得ない」という選択肢を政府は沖縄県民に強制してきた 

沖縄県民の方々は、米軍基地・米軍軍人の存在・振る舞いに関して、「やむを得ない」という態度を取らざるを得ないように、政府によって強制されてきたのではないのか。

政府は、札束で県民の頬を叩き、また理不尽な法律運用によって、県民に「やむを得ない」という感情を生まれさせてきた。

県民投票にまで「やむを得ない」という選択肢を設けさせようというのは、同じ強制を県民投票にまで広げようということだ。

県民投票を妨害しようとする地方自治体の長は、県民が利害関係から離れてシングルイッシューについて態度表明ができる県民投票を認めるべきだ。これが認められないというのであれば、改憲の国民投票も行えないことになる。

以下、引用~~~

1月20日付沖縄タイムス+プラス 
木村草太の憲法の新手(96)県民投票への不参加問題 市の主張、法律論にならず

一部の市が県民投票不参加を表明した。前回から続ける予定だった校則問題は次回以降にして、今回は、そうした市の主張に正当性があるかを検討したい。

 問題の核心は、県民投票の条例が、住民投票を実施するか否かの選択権(裁量)を各市町村に与えているかにある。

 この点、宮崎政久衆院議員は16日の記者会見で、市町村に投票事務執行義務があるとの「断定的な判断ができない」と主張した。しかし、同条例4条1項は「県民投票は」「実施しなければならない」と定め、同13条も、投開票事務を「市町村が処理する」と断言している。つまり、県や市町村が県民投票の実施を怠ったり、妨げたりすることは認めていない。条例を読む限り、どう考えても、投票事務遂行は義務だ。

 とはいえ、条例自体が違憲・違法なら、事務遂行の義務付けは無効だ。では、県民投票不参加の市は、条例の違憲・違法の説明に成功しているか。

 不参加を表明した市長らは、第一に、「賛成・反対」の2択は不適切で、「やむを得ない」や「どちらとも言えない」などの選択肢を設けるべきだと主張する。しかし、「やむを得ない」は「賛成」の一種だし、「どちらとも言えない」なら白票を投じればよい。そもそも、「県民投票に多様な選択肢を設けねばならない」と定めた憲法・法律の規定はない。したがって、2択だからといって、条例は違憲・違法にはならない。

 第二に、地方自治法252条の17の2は、県の事務を条例で市町村に処理してもらう場合に、事前の「協議」が必要だとしているところ、今回は、市町村が同意できるだけの事前協議がなかったので、条例は違法だとする趣旨の批判もある。

 しかし、地方自治法が要求するのはあくまで「協議」であって、市町村の「同意」までは要求していない。県は、市町村との協議を踏まえ条例を制定しており、法律上の瑕疵(かし)はない。

 第三に、県民投票は、憲法が保障する市の自治権侵害との批判もある。確かに、投票事務遂行が、市に過酷な財政負担を課したり、他の事務遂行を困難にしたりするのであれば、そうした主張も成り立ちうる。しかし、今回の県民投票では、地方財政法28条に基づき、各市町村に県予算が配分されるから、市の財政的負担はない。また、例えば、大規模災害の直後で災害対応に手いっぱいといった事情があるならともかく、今回の投票事務遂行によって、他の業務が大規模に滞るなどの主張は聞かれない。

 第四に、不参加方針の市長はいずれも、事務執行予算の再議を否決した市議会の議決は重いと強調する。しかし、仮に、市議会が、「女性県民の投票事務に関わる予算」を否決したとして、市長が「市議会の議決は重い」として男性だけの投票を実施すれば、違憲であることは明白だろう。市議会には、憲法が国民に保障する平等権や意見表明の権利を侵害する権限などない。市議会の決定ならば、県民の権利を侵害してよいなどという理屈は、民主主義の下でもあり得ない。

 このように不参加方針の市の主張は、いずれも法的な事務遂行義務を否定する法律論になっていない。各市は、一刻も早く、投票事務の執行に取り掛かるべきだ。(首都大学東京教授、憲法学者)

年2000時間の時間外労働 

途方もない残業時間である。医師には、年に2000時間までの残業を認めようと厚労省が言っている。

1990年代に、厚労省は、それまで充足しているとしていたのを急に不足していると、医師数の見方を180度変え、医師育成数を増やす方向に舵を切った。救急医療等での医師不足を解決するために、医学部を増やし、定員を大幅に増やした。医師数は、その後4割弱増加した。

だが、医師不足が叫ばれている救急医療・地域医療の中核を担う、外科・小児科の医師は減少傾向にある。

これは、厚労省の医師数をただ単に増やす政策が失敗だったことを意味する。

厚労省は、専門医資格を取る際に、地域医療従事を義務化しようとしているが、それもうまく機能しない可能性が高い。

まずは、人手不足の医療現場の労働環境・待遇を改善することだ。医師数を増やしたり、強制人事を行うことで解決しない。

その上、この非人間的な時間外労働の認可となると、救急医療・地域医療はますます崩壊することだろう。

以下、引用~~~

朝日新聞デジタル

医師ユニオンと過労死遺族、残業年2千時間案に反対
姫野直行 2019年1月17日23時40分

 医師の働き方改革を検討する厚生労働省が、一部の医師の残業上限時間を年1900~2千時間とする案を示したことを受け、勤務医の労働組合「全国医師ユニオン」が17日、緊急声明を出した。憲法や労働基準法に違反する可能性がある働き方改革は許されないとしている。

 声明は、厚労省案が法の下の平等を定めた憲法14条や「生存権」を定めた憲法25条のほか、労働基準法にも違反すると指摘。「医師不足や医師の偏在は医療政策の失態。医師個人に責任を転嫁することは言語道断」と批判した。同ユニオンが2017年に行った勤務医労働実態調査で4割の医師が健康に不安をもっており、51・6%が労働時間規制に賛成していたという。

 過労死した医師の遺族も反対を表明した。小児科医だった夫を過労自殺で亡くした「東京過労死を考える家族の会」の中原のり子共同代表が会見に同席。遺族からの「働く医師たちの命を守るためではなく病院が罰則を受けないでいいように検討された案にしか思えない」や「医師の過酷な勤務を知っていたら娘を医師などにはさせなかった」などの意見を紹介した。(姫野直行)

基幹統計の改ざん アベノミクスの結果のでっち上げ 

姜尚中氏がテレビ番組で指摘していたが、統計statisticsの語源は国家stateと同じである。

統計が正しく現実を表していなければ、国家の状態が正確に把握できない。国家、国民のための正しい政策立案が出来なくなる。さらに、政策の効果・妥当性を検証できなくなる。

今、日本は、行政の記録である公文書の改ざん・廃棄が頻繁に行われるだけでなく、国の基幹統計自体が改ざんされ、隠蔽されている。

我が国の行政統治機構が、機能していないということを意味する。

行政統治機構が、ごく一部の統治者、行政・政治に携わる人間、その取り巻きのためにだけ働く、という状況になっている。

この後のわが国の歩みに破壊的な影響を及ぼすことになる。

以下、引用~~~

1月18日付田中龍作ジャーナル
 「賃上げ偽装」 なぜか総裁選直前に高い伸び

昨年3月、自民党大会で安倍首相は誇らしげに語った―

 「地方に行った時、ある青年から言われたんですよ。安倍さん、給料が上がったんで、発泡酒じゃなくてビールが飲めるようになったんですよ。外に飲みに行けるようになったんですよ・・・」

 ウソで塗り固めた作り話であることはミエミエだった。現実は逆だからだ。メーカーの主力製品は発泡酒よりもさらに安い第3のビールだ。地方に行けば飲み屋街からネオンは消えている。

 この年の秋、総裁選があることは誰もが知っていた。もちろん霞が関の役人たちも。

 自民党大会から3ヵ月後の6月、厚労省の毎月勤労統計に異変が起きる。給与総額が3・3%増(前年同月比)、実質賃金が2・5%増(前年同月比)となったのだ。

 「21年ぶりの高い伸び」とされた、6月の統計結果(速報値)が発表されたのは8月。自民党総裁選の前月だった。安倍首相の選挙演説のために用意された数字とタイミングだった。

 毎月勤労統計の不正操作は2004年に始まったものだが、2018年1月からはアベノミクスの成果を作り出すための偽装となった。18日、野党議員は厚労省や総務省などからのヒアリングで「いくつも下駄を履かせている」と指摘した。下駄は主に以下3点だ―

▼抽出調査していた500人規模以上の企業の入れ替えにあたって、賃金の高い企業をピックアップした。
 
▼上記の手法で高く出た賃金に3を掛けた。(これは厚労省自らが明らかにしている)

数字そのものがデタラメ。昨年の通常国会で厚労省は「裁量労働制」「高プロ」法案を通すため、データを偽装していた。偽装はお手のものである。

 野党議員たちが「元のデータ(生データ)」の提出を強く求めたが、厚労省は「調査中」として拒んだ。

 福島みずほ議員が官僚らにたたみかけた。「なぜ、だれの判断か? 役人だけの判断なのか? もう実は分かってるんですよ」。

 ~終わり~

Don WB6BEE 人生は旅路 

昨夜遅く、7メガでDon WB6BEEが呼んでくれた。彼は、コールをする頭に、BTとかVとかを打つ。そのキーイングで、彼がIDを打たなくても、彼であることが分かる。少し角張ったバグキーのキーイング。彼にそれを言ったら、次は、私のコールのあとにDE VVVと打ってみようかと言って笑った。個々のバグキーの癖・特徴というよりも、やはり送り手の送信の特徴なのだろう。いわば、声の質にも似ている。こんな単純なコミュニケーション手段なのに、各人を特徴づけるものがあることに改めて驚く。

彼の奥様は、不動産取引を仕事にしている。この週末も、二件引き合いがあり、open houseをするということだった。しかし、昨年体調を壊してからは、少し仕事量を減らすことも考えているらしい。60歳代に乗ったのだし、それは穏当な判断だろうと思った。

どういう話の続きだったか・・・私が、太平洋岸の見晴らしの良いところに移住したいとかねがね考えていたが、年齢と、現在住んでいる土地、家内の仕事のことを考えると少し難しいかとも思っている、と話した。すると、彼自身、そう遠くない将来、アリゾナかヴァージニアに移り住むことを考えているとのこと。気候が温暖で(アリゾナは暑いわけだが)、住みやすそうな場所に移住したいのだ、とのことだ。ヴァージニアは、奥様が生まれ育った場所で、是非老後はそちらで暮らしたいと言っている由。彼は、どこでも良いのだが、HOAによるアンテナ規制のないところが良いなとあくまで無線中心。

カリフォルニアからコロラドに移住した彼の決断は、良かったではないかと昔の話を振った。すると、本当はカリフォルニアでの仕事を続けたかったのだ、と彼は言う。彼は、米を輸出・売買をする企業の責任者を任されていたのだが、その企業が売却され、買主に企業運営のノウハウを3年間教えて、できればその後も契約を継続してもらいたかったのだが、そうはならなかった。不本意ながら、カリフォルニアからコロラドに移住したのだ、とのこと。長く経験を積んだその業界であれば、自分で事業を起こしたら良かったのではと尋ねた。だが、起業には億円単位の資金が必要で、当時の彼には無理だったとのこと。コロラドの現在地に移り住んだのが、57歳の時。それから14年が経ったわけだ。

でも、コロラドに移ってから、無線を思い出し、再開した。それで、私に会うことができたのだから、悪いことばかりではなかった、と彼が言った。本心かどうか分からないが 笑、人生は旅路なのだと改めて思った。旅のときどきで出会う人がいる。そうした出会いを大切にして行きたいものだ。

水増し、虚偽まみれの政権 

主要全国メディアでは、安倍政権の支持率が軒並み40から50%である。どのようなスキャンダル、改ざん、隠蔽が起きようとも、支持率低下がなかなか生じない。各々の政策・法案に対しては、反対の声の方が断然多いのに、政権支持率は高止まりしている。

ところが、高知新聞が県下の世論を調査したら、安倍政権支持率は26%、不支持率は47%という数値であったという。印象でしかないが、こちらの方が実態を表しているように思える。

安倍政権は、GDPを操作してかさ上げし、労働人口の減少による求人倍率上昇をあたかも景気改善を表すと主張し、さらに毎月勤労統計を昨年になって操作して賃金上昇が生じたかのように装った。こうした虚偽まみれの政権が、主要メディアに働きかけて、世論調査の結果を政権にとって都合よく水増しさせている可能性は十分にある。

米国でも、大統領による偽装工作が頻繁に行われているようだ。トランプと相性の良い安倍首相が、同じ類のことをしている可能性は、極めて高い。

以下、引用~~~

〇トランプ氏、世論調査の工作指示か=元弁護士が証言

2019年01月18日 00時41分 時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領の元弁護士マイケル・コーエン氏は17日、2016年大統領選前にトランプ氏から世論調査の工作を指示されたとツイッターで証言した。

 この疑惑はウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)が同日報じた。同紙によると、コーエン氏は15年初め、大統領選出馬を控えていたトランプ氏に世論調査で好ましい結果が出るよう調査会社に不正工作を依頼した。 【時事通信社】


〇トランプ氏、弁護士に偽証指示か 弾劾可能な重罪の疑い

2019年1月19日 5:20 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ]

【1月19日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump )米大統領が自身の弁護士に対し、ロシアでの高層ビル建設計画について議会で虚偽の証言をするよう指示していたとの衝撃的疑惑が報じられたことを受け、野党・民主党は18日、大統領が重罪を犯したかどうかを調査すると約束した。

 米ネットメディア「バズフィード(BuzzFeed)」の報道によると、トランプ大統領の元弁護士マイケル・コーエン(Michael Cohen)氏は捜査当局に対し、2017年に上下両院の情報特別委員会に対しモスクワでのトランプタワー(Trump Tower )建設計画について偽証するようトランプ氏から直接指示されたと供述した。

 米ホワイトハウス(White House)はバズフィードの信頼性を疑問視するとともに、コーエン氏は過去にうそを繰り返していたと非難して疑惑の払拭(ふっしょく)に努めたが、疑惑そのものには直接言及しなかった。コーエン氏は昨年、詐欺と偽証の罪で有罪判決を言い渡されており、トランプ大統領は「刑期を減らすためにうそをついている!」と主張した。

  バズフィードの報道は、この件の捜査に関わる匿名の連邦捜査当局者2人への取材に基づいている。報道が事実であれば、大統領の行為は重罪の偽証教唆罪に相当し、弾劾可能な犯罪となる。疑惑は他のメディアにより確認されていないが、民主党は深刻に受け止めている。

 米下院情報特別委員会(House Intelligence Committee)委員長のアダム・シフ(Adam Schiff)議員は、「米大統領が捜査打ち切りや、ロシアとのビジネス関係の隠蔽(いんぺい)のために当委員会での偽証を教唆したとの疑いは、これまで浮上した疑惑の中で最も深刻なものの一つだ」と話し、「これが事実であるかを明らかにするため、われわれは必要なことを行う」と表明した。

 民主党のジェフ・マークリー(Jeff Merkley)上院議員はツイッター(Twitter)に、報道が事実と確認された場合、「トランプ氏は重罪を犯したことになり。辞任するか、弾劾されなければならない」と書き込んだ。(c)AFP