FC2ブログ

犬飼光博氏のこと 

私は大学受験をする前後しばらく、無教会主義の聖書研究会に日曜日ごとに参加していたことは何度か記した。高橋三郎先生という素晴らしい指導者の下、老若男女多くの方が参集していた。私は、その後キリスト教信仰から離れてしまい、高橋先生の弟子とは到底言えない者だが、その集まりで知己を得た方々には忘れがたい方が多い。

その中の一人が、犬飼光博氏だ。彼は、当時、同志社大学・大学院で神学を専攻し、学生時代からかかわりを持つようになった、筑豊の炭鉱町で伝道者として働き始めたところだった。個人的に話をした記憶はないのだが、毎年、正月と夏に行われる泊りかかりで開催された聖書研究会にいつも参加なさっておられた。彼の述べたことを思い出すことはできないのだが、カネミ油症の方々とともにカネミへの抗議活動を始められたところだったのだろうか、自分のこれからの価値は生命だという意味のことを述べておられたことだけは覚えている。

伝道活動とともに、というかそこから自然に導かれるように、筑豊の子供たちとの生活、カネミ油症の抗議活動、そして在日韓国人・徴用工達への謝罪と援助の活動等、長い期間地道な活動を続けてこられた。彼の半生が、6年前にNHKの番組で取り上げられ、放映されたことを最近知った。その番組自体は見ていないのだが、内容の記録がネットに残っていた。

こちら。

いつもにこやかで温厚そうな方だった。その表情がいつも光り輝いていたように覚えている。

その番組内で、高橋先生とのやり取りのエピソードもあり、そうだった、高橋先生はこうした方だったと、こころ打ち震える想いで、思い出した。とても怖い先生だったが、何事にも全力で当たり、私たちに細やかな配慮を忘れぬ愛情深い先生だった・・・。

当時、30歳前後でいつも元気そのものだった犬飼氏も、46年間に渡る筑豊での活動を終え、今は長崎でやはり牧師として生活なさっている様子。もう80か81歳になられたはずだ・・・。

炭鉱の人々は、政府のエネルギー転換の影響をもろに受け、いわば棄民された方々だった。カネミ症患者の方々、在日韓国人の方々も同じような境遇にあった。そうした人々のなかに入って人生を送ってこられた彼、誠実な人生を送られたのだろうと改めて思う。世の中で注目されることは少なかったかもしれないが、本当に光り輝いた人生を送られたのだろう。

翻って、私は・・・比較すること自体おこがましいが、何といい加減で自分勝手な人生を送ってきたことかと改めて感じる。それに気づくのが少し遅すぎた嫌いがあるが、これから残された時間を彼が歩んだ誠実さに少しでも近づけるように努力したいものだと思った。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/10015-98123291