FC2ブログ

実効再生産数 感染者数の推移 

東京都では、新型コロナウイルス感染者数が増加傾向にある。今日の感染者数は49名(東京都公表の34名に武蔵野病院での集団感染者数15名を加えた数)。

実効再生産数は、高止まりをして、6月1日時点で1.55である。これも、感染者数が増加する傾向を示唆しているわけで、注意する必要がある。

諮問会議の説明資料が公表されている。これは、5月1日付のもの。

こちら。

東京における実効再生産数と、推定感染者数のグラフがある(図4)。

実効再生産数のピークが、おおまかにいって二つあったようだ。一つは、2月中旬。もう一つは3月中旬から下旬にかけて。

各々のピークの後に、感染者数の増加が見られる(はず)。最初のピークでは、それがはっきりしない。実測値については、オリンピック延期が決まる3月24日まで、ことのほかPCR検査を制限していたためなのか。それとも、実際に感染集積を起こさなかったのか、これだけでは分からない。

一方、二つ目のピークは、その後、感染者数の増加を伴っている。推定感染者数は3月下旬に、実測の感染者数は4月9日をピークに増加している。

現在の実効再生産数の増加は、今後感染者数が1,2週間以内に増えることを示唆している。そして、実際に増え始めている様相を呈している。

図4を見ていて不思議に思ったことは、二つ。

〇緊急事態が東京で宣言された4月7日時点では、実効再生産数が1以下になっており、感染者数の予測も低下していたのに、何故緊急事態を宣言したのだろうかということ。

〇緊急事態宣言を行う際の、しっかりとした科学的根拠、数理疫学的な根拠が不明確なままだ。その根拠がしっかりしていないと、緊急事態宣言の解除も科学的根拠を欠くことになる。また、外出自粛・休業要請がどれほど効果があったのか判断しにくくなる。上記の通り、実効再生産数が1.0を下回っていたことを考え合わせると、この緊急事態宣言の意味が問題にされなければならない。

今起きつつある感染者数増加が一時的にとどまることを切望するところだが、第二波ということもありうる。今後の方針を明確な根拠を提示して国民に説明すべきだ。諮問会議は、もっと情報を発信すべきである。

行うべきことは、ブルーインパルス飛行や、レインボウブリッジを赤くライトアップすることではない。

それに、PCR検査を制限していたことにより、やはり適切な疫学情報が得られず、今後の施策を建てる上で障害になっているのではないだろうか。

もう一つ、夜間の歓楽街に出かけることを自粛せよと都知事が言っていたが、それと合わせて、混雑した通勤電車の問題を検討しなくて良いのだろうか。通勤電車が未知のクラスターの巣窟になっているのではないか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/10022-8a7386fb