FC2ブログ

トルドー首相の言葉の重み 

カナダトルドー首相が、隣の大国アメリカで進行中の人種差別による危機、トランプの異様な反応に対する感想を記者会見で求められた。

彼は10数秒間沈黙し、言葉を選んで、自国でも人種差別の現実があることを指摘した。それは、トランプが行っていることへの暗黙の批判でもある。

指導者としての言葉の重み。言葉の誠実さ。わが国の首相記者会見のように、予め決められた記者会見内容ではなく、プロンプターもない。首相が、自ら考えたことを自分の言葉で語る場だ。

こちら。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/10032-ad806a87