FC2ブログ

都はお手上げ 

東京都の小池百合子知事は、新型コロナウイルスの感染者が増えていることに関し「ステイホームを続けるよりは、皆さんが気を付けて新しい日常をつくっていく過程だ」と述べた、と報じられている。

何も具体策のない意味不明の言葉だ。彼女は、新しい言葉を作り出し、それで何か対応しているかのように振る舞い続けてきた。

テレビに出て、こうした意味不明で内容のない言葉を連発する。それで、何か対策を打っているかのように受け取る視聴者がいる。

一つ明らかなことは、都としては新たな対策を打たない、打てないという意思表示をしているということだ。

都の財政調整基金を小池都知事はほぼ使い尽くした。コロナ禍がさらに酷くなっても、さらにべつな自然災害が起きても、都は新たな対策を打つ財政的な基盤がもうない。都税の収入も激減することが見込まれる。今後、コロナ禍、財政危機への対応が自由にできなくなる。

感染症病床を増床したと述べているが、以前のポストに記した通り、それは普通病床の名前を付け替えただけである。感染拡大を防ぐきめ細かな対策を打つ能力も余力もない、ということだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/10191-bdf517b4