FC2ブログ

ジェネリック薬品の使用促進は正しいことか? 

先日、ある患児のお母さんが、企業の保険組合から送られてきた手紙を見せてくれた。これこれの薬を、こちらの薬(所謂、ジェネリック・後発品)に変更すると、これだけ薬代が安くなるという通知である。

ジェネリック薬品は、特許期間の切れた薬剤を製品化したものだ。「同じ薬」で「安価である」として、盛んに宣伝され、財務省を始めとする行政もその使用を促進させる政策を打ち出している。国と行政が、ジェネリック薬品の推進を進める理由は、ただ一つ、医療費の公費分を引き下げるためだ。保険組合にとっても、支出を減らすことができる。

さて、果たして、ジェネリック薬品が同等で、安価ということがいえるのだろうか。残念ながら、否である。ジェネリック薬品は、先行薬品と同じ量を人に投与して、類似の血中濃度曲線が得られた場合に、認可されると聞いている。生物学的同等性というのだそうだ。しかし、実際の効果・副作用等のチェックは行なわれない

そもそも、同じ内容とはいえ、その成分の化学的性質(例えば、結晶化されているかどうかといったこと)が異なる可能性がある。また、重要なことなのだが、添加物は異なると考えた方が良い。また、これはあくまで噂に過ぎないが、生物学的同等性を見る検査データが信頼置けるかどうか、疑問を感じざるを得ないものが結構あるらしい。

実際に、私自身の経験でも、ジェネリック薬品の一部は、先行薬品に較べて、効果が劣ったり、副作用が出やすかったりすることが、時に認められる。勿論、ジェネリック薬品には、先行薬品に全く見劣りがしない、またはむしろ投与しやすいという薬品もある。ジェネリック薬品全般をすべて否定する積りは無いが、ジェネリック薬品を、あたかも安価な素晴らしい薬であるかのように宣伝するメーカー、その使用を促進させようとする保険組合・行政・政府は、患者さんのことを考えているよりも、自分の財布のことだけを考えているように思えてならない

という話を、その患児のお母さんに手短にして、使用中の薬を変えるかどうか意見を求めた・・・答えは、否であった。

ジェネリック薬品の信頼性を高め、副作用情報などを充実させることが、ジェネリック薬品の使用を増やすためには必要だろう。さらに、先行薬品にも目が飛び出るほど高価な薬品も多く、それらを値下すれば、公的な負担も減るはずだ・・・製薬企業の企業活動に口を挟む積りは無いが、大手製薬企業は、数百から数千億円規模の黒字を毎年計上しているのである。よもや大手企業の権益を確保させつつ、医療費の公費負担を減らしたいというだけで、ジェネリック薬品の使用を進めていることはないだろうね、と行政・政府それに一部の調剤薬局には尋ねたい。

保険組合も、もう少し正確な情報を組合員に出すべきではないのか。やがて、保険組合が、診療内容に直接口を出すようになる日も近いように思える。彼等の目的は、ただ保険組合の出費を抑えることだけだ。そうした目的を持ち、臨床現場の状況を分からぬ組織が、診療に制限を加えるようなことになるとしたら、恐ろしいことだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1021-048b72bd