FC2ブログ

野菜畑 先輩の作品を音にする 

長かった梅雨のために、今年の野菜、ことにトマトはかなり傷害を受けた。黒く腐って行く病気にかかるのだ。カボチャも、蔦ばかり伸びて、実のなり方がイマイチだった。インゲンは、花を咲かせぬままに終わってしまうものもあった。

一方、モロッコインゲン、ししとう、ジャガイモは豊作だった。それにつけたしで植えた茄子が順調に成長し、今も実をつけ、焼き茄子の材料になっている。サツマイモと里芋は、収穫がこれから。梅雨が過ぎてから植えた、股芽のトマトはどれだけ実をならせてくれるだろうか・・・。

盛大に成長した栗の木のもとで草むしりをしていたら、小さな未熟な栗がいくつか、地面に落下していた。昨秋収穫して、冷凍してあった栗がまだ残っていることを思い出した。収穫したカボチャと、その栗で煮物を作ってみた。栗の風味はさすがに落ちているが、カボチャの深い甘味はそれを補って余りある。

IMG_5889-1_202008070530488c5.jpg

IMG_5890-1.jpg

もう実をつけなくなった野菜を順次引っこ抜き、畑地を整地した。また秋の野菜を植えるためだ。まだ、土中にしっかり根をはっているものもあり、生命の連鎖のなかで精一杯生きた・・・いや、それは野菜に意志があるわけではないのだが、生命の流れを担っているわけだ。野菜に向かって、そういうのはおかしなものだが、ご苦労様とこころで呟きながら、その作業を進めた。

姪が、都内の基幹病院の一つで婦長として働いている。その病院は感染症の専門病床は持たないのだが、都からの依頼で、彼女の仕事場が急ごしらえの新型コロナ病棟となった。退院が検査の陰性化を待たずに行われるようになり、回転が速くなり、毎日二、三人の新たな入院を受け入れている。

ピアノを弾く彼女、合唱を長く愉しんできた私の姉、それに私のチェロで、ある曲を演奏することを思いついた。学生時代にとてもお世話になったHさんが作曲し、恵与下さったもの。八木重吉の詩に寄せた曲で、静謐で懐かしい世界が表現されている。二人にその話をしたら、喜んでくれた。Hさんとも長い間連絡を取っていなかった・・・ご無沙汰をお詫びしなければならない。この曲を音にすること・・・20年程前に一度音にしたのだったが、それっきりになっていた、ピアノトリオとソプラノの作品も二つある・・・を、是非実現しておきたい。

IMG_5891.jpg

人生の終盤に差し掛かり、すべての雑念を払って、Hさんの音楽の世界に浸ることができるように・・・そうした日が早く来ることを望んでいる。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/10335-80dd15c2