FC2ブログ

リハの医療事故の原因は、医療機関だけの責任か? 

高齢者のリハビリテーションは、対象がもともと運動機能の障害を持っていることが多く、事故の起きる可能性は低いとは言えない。それは、自宅であろうが、医療機関であろうが同じだ。

高齢者のリハビリテーション中の事故数を、また、日本医療機能評価機構が報告している。医療事故の数それ自体は、どれほど目の細かい網を、どれだけの範囲にかけるかによって多寡が変化する。したがって、トータルの数は少ないに越したことは無いが、大切なことは、一つ一つの事例の原因を明らかにし、それを再発防止に役立てることだ。

日本医療機能評価機構の担当者のコメントは、医療を知らない人物の発言としか思えない。

そのコメントとは「多忙な中で漫然と危険性を見過ごしている医療機関もある」という発言だ。漫然と見過ごすいうことと、多忙を極めているということは並立しない。多忙を極めているのならば、漫然と見過ごすということではない。多忙になる理由は何なのかを突き詰めるべきではないか。ここ数年、リハビリテーションの診療報酬に成果主義が取り入れられ、それこそ漫然とはりハビリテーションを続けることはできなくなっている。さらに、リハビリテーションの診療報酬自体が毎回の改定時に引き下げられ、十分なマンパワーを充てられなくなっている。多忙の背景に、そうしたシステム上の問題がないのか、事故を起すリスクの高い高齢者のリハビリテーションに十分な医療行政上の十分な手当てがなされているのか、そのことをこそ、日本医療機能評価機構は問題にすべきではないのか。

リハビリテーションに日数制限を持ち込んだ官僚に対して、多田富雄東大名誉教授が激しく抗議したことは、既に記した。行政が、リハビリテーションを軽視し、貶めたことが、医療事故の原因になっていると、日本医療機能評価機構は何故指摘しないのか。個別の医療機関・医療従事者「だけ」の責任に押し付けるような、医療事故調査は無意味であるばかりか、真の問題を隠すことになる。



以下、引用~~~

リハビリ中の事故多発 「医療機関、予防策を」
08/08/14
記事:共同通信社
提供:共同通信社


 日本医療機能評価機構(東京)は13日、高齢者などのリハビリテーション中の事故が、全国約560の医療機関で2004年から07年にかけて計24件発生していたと発表した。機構は「報告以外にも相当数の事故が起きていると思われる。予防可能なケースが多く、各医療機関は危険性の調査をして事故防止策を検討すべきだ」としている。

 厚生労働省によると、リハビリ中の事故についての全国調査はあまり例がない。

 機構のまとめによると、24件のうちリハビリ中の運動に伴う骨折や筋断裂などが19件、やけど4件、原因不明による骨折が1件だった。障害が残った可能性が高いケースも1件あった。

 医療機関からの報告では「目を離したすきに患者がベッドから転落した」「患者の骨が想定以上に弱くなっていた」などが原因に挙げられていた。機構の後信(うしろ・しん)医療事故防止事業部長は「多忙な中で漫然と危険性を見過ごしている医療機関もある」と指摘している。

 ダウン症や脳性まひなどで療養する15歳未満の小児患者の事故も、同期間に37件起きたという。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1039-825104e5