FC2ブログ

El Camino Real Bob W9MAK 

一昨日、仕事に出かける前の僅かな時間、14メガに出てみた。北米には、幕が一枚張られたような様子だったが、一応入感していた。Menlo ParkのBob W9MAKが呼んできてくれた。Menlo Parkは、確かベイエリア・ペニンスラの中ほどで、El Camino Real通り沿いだったなと懐かしく思い出した
・・・スタンフォード大学に短期間の研修に出かけた折、その辺りを車で走ったものだった・・・と、Bobに話すと、いや~~その話は、以前に聞いたと言われ、相当ギャフンとさせられた(苦笑。

Bobはベアフットにワイアーアンテナらしく、強くないのだが、そういえば、2,3回お目にかかっているような気がする。以前の交信内容を良く覚えておいでで、感心しきりだった。ただ、奥様が日本人の方で、拙ブログを時々読まれているらしい。それで私の印象が、彼にとって強いのかもしれない・・・と自分を納得させる。いやぁ、やはりロギングソフトに交信内容をメモッておく必要が出てきたのかもしれない・・・。奥様には、ブログにコメントを下さるようにお伝えして欲しいと申し上げた。

El Camino Realは、サンフランシスコが北端にある半島の中心部を南北に走る道路という記憶だったが、その昔、スペインがこの地域を統治していた頃に、メキシコから、カリフォルニアのソノマまでの1000kmに及ぶ南北の道が作られ、それ全体を、この呼称で呼んでいたらしい。幹線道路であるルート101もその一部だ。私の記憶に残る半島を縦断するEl Camino Realは、途中レッドウッド(だったか)の大木が、両側にある、静かな通りだった。が、Bobによると、交通量が増えて大変だよ・・・とのことだった。私にとって、懐かしいベイエリアの中でもとりわけ記憶に残る通りなのだ。

ロスアルトスにいたEric W6DU、サンカルロスに在住していたMerle K6DCは既に亡くなり、1980年代に直接お目にかかったハムの方々の多くが、もう存命ではなくなってしまった。この1,2年のうちに、是非とももう一度ベイエリアを訪れて、旧い友人達にお会いしたいものだという気持ちに改めてなった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1084-21167572