FC2ブログ

アンテナ二題 

昨夜、7メガは凪のように静かになっていた。が、DXからの信号も弱い。夕方、日が落ちた頃、Fred K5FAが呼んできてくれた。QRQのきびきびした信号。以前から予定していた、ヨーロッパ・VK/ZL向けの二張のVビームを立てたらしい。一辺が80mで、地上高18mだそうだ。600Ωの自作の梯子フィーダーで給電している。フィーダーのスプレッダーは、PVCのチューブを利用した様子。以前にも話したかなと疑心暗鬼になりつつ(笑)、私も開局当時、ワックスで煮立てた箸をフィーダーのスプレッダーに用いていたことを話した。そのスプレッダーもそうだったが、PVCも、紫外線に弱いのではないか知らん。450Ωのフィーダーが、市販品であるらしいが、あえて自作のフィーダーを用いた辺り、ハムらしくて良いことだ。

現用のバーチカル(これも18m高らしいのでゲインはかなりあるはず)で、S7から9。JAは全くのサイドになる、VK/ZL向けのVビームにすると、S2から8程度。サイドなので、もっとばっさり切れるかと思ったが、かなりブロードなパターンなのだろう。平均のSにすると、それでもかなりの差が出ている。JA向けにも一基張るよ、というのはリップサービスかな。もう二つの辺をつけて、ロンビックにすることも考えている、とか。土地がたっぷりある、米国中部の田舎暮らしならではのプランだ。

寝る前に、Jim W7ZQが出現。今年の冬、アイダホに車で出かけるといったきり、信号を聞かなくなってしまったので、無事のお目見えに喜んだ。夏の間は、family reunionで忙しかったらしい。奥様の股関節の問題も快方に向かっているらしい。彼のビッグビームや現住所については、下記のサイトに説明と、写真が載っている。US CQの表紙に載ったもの・・・以前、このブログでも話題になった。

http://www.cq-amateur-radio.com/OnthecoveJuly2006.html

ローターの具合が悪く、アンテナのメンテも必要で、タワーに登らなければならないのだが、どうも(あちらの)今日は、天気が悪そうだから、予定を延ばすことにすると言っていた。アンテナのメンテのために、タワーに登らないのかと尋ねられたので、私にとっては、タワーに登るなど、悪夢でしかない、専門家にお願いしていると申し上げた。Jimの住む、wild westでは、そうした工事屋さんを探そうにも、いないので、自分でメンテをするほかない、とのことだった。以前のエントリーに記したことだが、80歳近く(もうなられたかもしれない)になって、50mのタワーに登り、7メガより上の多バンドクワッドのメンテをするというのは、凄い体力と気力だ。

Jimは、上記サイトの紹介文にもあるとおり、DXとのCWでのラグチュー、それもローバンドでのラグチューを楽しんでおいでだ。リタイアを何時したのか忘れてしまうほど、リタイアしてから時間が経った。リタイアをするのは大変良いことだが、唯一の問題は、歳をとることだと言って、笑っておられた。

クワッドはトップヘビーになり、他の固定のカーテンビームや、ワイアービームに比べて、メンテの機会が増えるのではないか、何故クワッドなのか伺った・・・彼は、昔からクワッド派で、鈴木肇氏の記された「キュビカルクワッド」という本の表紙裏に、鈴木氏がJimを訪ねた写真が載っていた。だから、この質問は、愚問かなと思ったのだが・・・。彼の用いている、エレメントワイアーと、ファイバーグラスのスプレッダーは、大変強靭で、メンテは八木ビームとさほど変わらない、それに、同一ブームで多バンドのアンテナにしても、シングルバンドのアンテナとほぼ変わらぬ動作を得られるし、ね、というのが、彼の答えだった。

彼は、交信を終えるときに、会えて本当に良かった、私とは、昔からの知り合いだから、と何時も言ってくださる(私だけでなく、世界中に、昔からの友人を沢山お持ちなのだと思う)。「そうですね、貴方がコロラドからW0HTHで出ていた時代からのお付き合いですものね」と申し上げて、交信を終えた。ワイオミングの草原に立つ彼のアンテナをいつか見に行きたいものだ。

コメント

80m/160mのDXが利いてくるようになりました。この休みには160mでOJ0BやGとのQSOができました。Wも良く聞こえております。小生はこれらのバンドに自作の直径5mのマグネチックループを使っています。そろそろ一度おろしてメンテナンスをしなけりゃいけないんですが、20Kg以上ある代物で、しかも分解しておろすことができません。エレベータつきのタワーでもかなりしんどいです。。

今月中旬から、秋のCONDXが本格的になりましたね。私は、スリルと労の多いローバンドは敬遠して、7と14を行ったり来たりしています。朝、14メガの北米東海岸が、とてもよく入感しています。

それにしても、直径5mのループとは、大きいですねぇ・・・。そのループで信号がノイズから浮かび上がって聞こえてくると、そのアンテナを上げる苦労も吹っ飛ぶのでしょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1086-f530ccae