FC2ブログ

Chuck K0RF、 Suan W7KFI/MM、 Geo W0UA 

最近は、睡眠薬を用いても、5時間半きっかりに目が覚める。朝5時半、外は大分明るくなっている。庭仕事も一段落なので、無線機の前に座る。北米・カリブ方面が良く開けている。

最初はChuck K0RF。久しぶりだ。S9+の強力な信号。鋭角的で流れるようなキーイング。ついさっきまで、コンテストをいつも一緒にしているGeo W0UAが、WW SSB参加のための準備をしていたのだが、帰ってしまった。まだいるかと思って、彼に声をかけたが、戻ってこなかった、とのことだった。

K0RFは、私の記憶する限り、1980年代から毎年コンテストの常連局で、コロラドという地理上のハンディキャップがあるにも関わらず、強力な信号を送り出し続けた局だ。Chuck自身は、コンテスト以外では、160・80mに専ら出ている様子。Chuckは、66歳、若いと思っていたGeoも59歳になったとのこと。高校生である、二番目のお嬢様Kimが、バレーボールの選手で、これから試合がある、といってQRTされた。

その直後、Chuckを呼ぶKH6/W7KFIがいたのだが、Chuckから応答がない。Chuckは、QRTしたと思うと彼女(この直後交信したAl N6ZIから、この局のオペが、「かの」Susanであることが判明した・・・というか思い出した)に申し上げるた。彼女は、これからKH3 ジョンストン島と、V7に向かう。KH3では、WW SSBに出る積りだと、Chuckに言いたかったのだとのことだった。・・・「かの」Susanと申し上げたのは、彼女が、太平洋を一人でボートを操り、航海中であることを、数年前に7メガでお会いして聞いていたからである。彼女は、70歳代前半。7メガでお目にかかった時は、確かメキシコ沖を航行中で、これからハワイに向かうと言っておられた。失礼ながら、彼女の年齢と女性であることで、すごいチャレンジだと驚いた記憶がある。彼女は、そうそうに引っ込んでしまった。どのようなボートで太平洋一人ぼっちの旅をしているのだろうか・・・。

しばしば交信するAl N6ZIが、QRQで呼んで来てくれた。その後、Geo W0UAが、自宅から出現。Chuckが、私が14メガに出没していることを、電話して教えたらしい。

Geoは、この2年間あまりアクティブではなかったとのこと。理由は、末期がんであった母上を看護していたため。母上を看護する人間が、いないため早期退職をして、看護にあったらしい。母上のアパートまで車で15分、看護師が定期的に訪問してくれて、最後まであまり苦しませずに、見送ることができたらしい。末期は、モルフィネを用いて、量を増やしていってコントロールした様子だ。

母上の看護を終え、落ち着いたので、無線にまた出てきたということだった。WW SSBにはシングルオペで、K0RFを運用するので、ローターのコントローラーだけで12台、アンテナ切り替え器5台すべてを一つのオペレーションデスクに集める必要があり、準備作業が大変だったとのことだった。私が良く出ている7メガの周波数・時間を教えると、是非そちらでも会おうとのことだった。

Chuckの二人のお嬢様を、彼女達が赤ちゃんの時から良く知っている。バレーボールの花形選手であるKimは、大学からも引く手あまただと言って、「名誉叔父」であるGeoは、自慢していた。ロンドンオリンピックでは、Kimの姿を米国チームの中に見ることができるかもしれない、と。Geoは、Kimの試合を、Chuckと一緒に見に行くといって交信を切り上げた。

FOCの挨拶161ではなく、160.5だと言って笑っていた・・・FOCをドロップアウトしたことを自虐的に表現しているのだろうか・・・。盛んに、自らのキーイングをQLFと謙遜するが、どうしてどうして、昔どおりのとてもキビキビとしてキーイング。QLFと自ら述べるあたり、キーイングについて拘りがあるのだろう。どことなくChuckにも似ているのが、少しおかしかった。

短い朝の時間だが、様々な人生を送っている友人達とお目にかかることが出来て、充実した朝になった。

コメント

検索したら、QRZ.comで、Susanの情報が・・・

http://www.qrz.com/callsign/W7KFI

一緒に航海するクルーを募集しているそうです・・・。

しかし、凄いガッツだなぁ・・・。

I will make it...文章からも溢れんばかりのバイタリティーが感じられますね。41歳の若者...が部屋の中でくすぶっている場合ではない、と目が覚めました。

時間をかけて、ゆっくり航海しているようですが、当初会った時には、まさかハワイまで行かれるとは想像していませんでした・・・仰ってはいたのですが。恐るべし、70歳代ということでしょうかね。私も頑張らねばという気持ちになります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1110-6187a43c