FC2ブログ

崩壊をくい止めるつもりかもしれないが・・・ 

1999年、小児科の医師が、過重労働によって自殺した。管理責任のあった病院に対して、遺族が、損害賠償請求を求める高裁での民事訴訟控訴審で、判決が下された。過重労働によって、うつ状態になったことは認めるが、病院の安全配慮義務はないという判決だ。同じような過重労働で自殺した電通社員のケースでは、会社側に安全配慮義務違反があったという判例があるが、この小児科医のケースでは、それが当てはまらないという。

何故なのだろうか。

行政訴訟では労災が認めらたのに、民事訴訟でこのような判決になるのは、何故なのだろうか。

これでは、医師の過重労働を見過ごしてよいというお墨付きを与えることになってしまう。

高裁は、医師の過重労働によってようやく成立している医療を崩壊させることを恐れて、病院側の責任を認めなかっただろうか。だとしたら、それこそが、医療を崩壊に追いやる判断だ。

こうした医療システムの誤りを、誰が正せるのだろうか。このままでは、誰も正すことなく、崩壊が進行するだけだ。


以下、引用~~~

10月22日13時18分配信 医療介護CBニュース

小児科医中原利郎さん(当時44歳)がうつ病によって自殺したのは、最大で月8回に及ぶ当直勤務をこなすなど過重な業務が原因として、遺族らが、勤務先だった病院を運営す る立正佼成会の「安全配慮義務違反」などを理由に損害賠償を求めた民事訴訟の控訴審判決が10月22日、東京高裁であった。鈴木健太裁判長は、民事訴訟で東京地裁が否定し た「過重な業務とうつ病との因果関係」は認めたものの、「病院側が(中原さんの心身の変調を)具体的に予見することはできなかった」として、原告側の訴えを棄却した。(山 田利和・尾崎文壽)

判決は、中原さんが1999年3月に月8回、週当たり2回の割合で当直を担当し、翌4月には、6回の当直のうち、当直を挟んで通常勤務や半日勤務を行う連続勤務が4回あっ たことを挙げ、「3月と4月の勤務は過重で、著しい身体的心理的負荷を与えたというべき」などとして、中原さんの業務の過重性を認めた。

また、中原さんが勤務していた立正佼成会附属佼成病院(東京都中野区)の小児科の部長が退職したのを受け、中原さんが部長代行になった直後の同年3、4月ごろ、常勤医や日 当直担当医の減少という事態に直面したことについて、「部長代行としての職責から、問題解決に腐心し、見過ごすことのできない心理的負荷を受けたというべき」と指摘した。

これらを踏まえ、「主として、99年3月以降の過重な勤務、加えて、常勤医の減少などによって大きな心理的負荷を受け、これらを原因とした睡眠障害または睡眠不足の増悪と も相まって、うつ病を発症したというべき」などとして、過重な業務とうつ病との因果関係を明確に認めた。

一方、「安全配慮義務」については、過労で自殺した社員の遺族が電通の責任を求めて提訴した「電通事件」で、最高裁が2000年3月24日に出した「使用者は、雇用する労 働者に従事させる業務を定めて管理するに際し、業務の遂行に伴う疲労や心理的負荷などが過度に蓄積して労働者の心身の健康を損なうことがないように注意する義務を負う」な どとした判決を引用。

しかし、中原さんについては、「過重な勤務であっても、病院側が、中原さんの疲労や心理的負荷などを過度に蓄積させて、心身の健康を損なうことを具体的客観的に予見するこ とはできなかった」などとして、病院側の「安全配慮義務違反」には当たらないとする見解を示した。

中原さんの訴訟については、07年3月14日の行政訴訟の判決では、「うつ病は過重な業務によって発症した」と労災認定したが、同29日の民事訴訟の判決では、「うつ病と 業務との因果関係が認められない」と、同じ東京地裁が“正反対”の判断を示していた。行政訴訟では、厚生労働省が控訴せず、労災が確定していただけに、高裁が、医師の当直 勤務の過重性や病院の「安全配慮義務」について、どのような判断を示すかが注目されていた。

コメント

労基法

おそらく、医師に対してタイムカードを正式に採用している病院はごくわずかだと思います。タイムカードを使用すれば、当然残業時間は把握されることになり、過労死に対する予見可能性が問われるからでしょう。タイムカードの存在が問題になったかどうかは知りませんけれど、こんな姑息なことを高裁は追認したようなものです。そしてそうしなければ日本の医療は崩壊することを恐れたのだというのも、NUTさんのご指摘のとおりであろうと思います。かつて厚労省のお偉いさんが、国会で、労基法を遵守すれば救急医療は崩壊すると答弁されました。ちゃんと現状をご存知だったんです。厚労省の「労」は飾り物だったんですね。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-fc85.html

うーん??

「こんな長時間労働を強いられていたんだから、安全配慮義務違反を認めてしかるべきだという考え方ももっともな感じもしますが、そうすると下手をすると、全国の病院の小児科医、産婦人科医についてはみんな安全配慮義務違反の状態にあるということになってしまうかもしれません。実際そうじゃないか、という気もしますが、例えば」

  • [2008/10/23 23:51]
  • URL |
  • 言ってることは似たような
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

明白なダブルスタンダードなのでしょうね。

しかし、低医療費と医療訴訟の多発という状況下では、それではやって行けない、ということなのだと思います。

混合診療を解禁する動きもさらに出てきました。

医療が、簡単には受けられぬものになるしか、解決方法はないのでしょうか・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1127-4d1fcbab