FC2ブログ

An Elmer 

今年の夏から、Nathan KO6Uに7メガでしばしばお目にかかるようになった。南カリフォルニア、サンペドロ在住の32歳。10代に無線の免許を取ったが、長い間無線から離れていた。この夏に、カムバックを果たした方だ。奥様が、日本人の方で、このブログを探し当てられて、読んでいると仰っていたので、あまりいい加減な紹介は出来ないなと、今まで彼について記さずにいた。

昨夜お目にかかった時に、無線を始めた頃の話題になった。彼のElmerは、Roy K6XKだとのこと。当時、住んでいた、恐らく実家のすぐ近くにRoyはおり、よく無線の相手をしてくれたらしい。Nathanは、既にかなりの腕前のCWオペだが、それを仕込んでくれたのは、Royだったということだ。Royは、その後、アイオワに転居してしまったということだ。Royを知っているかとNathanに尋ねられた。勿論だとも、とお答えした。7022付近で、北米中部に開ける頃、とても正確かつ、高速のCWでラグチューをしておられる方だ。私も、1年に1,2度程度だが、以前から相手をして頂いていた。Nathan自身カムバックしてから、Royに何度も会っている様子だ。10数年ぶりの再会で、お二人とも嬉しかったに違いない。

アマチュア無線界では、初心者を指導し、薫陶を与える人間を、Elmerと呼ぶ。仕事を離れて、利益の絡まぬ趣味を通しての、人間関係では、後輩を暖かく遇し、自分の知識や技術を彼等に伝承することが上手く成立する。アマチュア無線もその例外ではない。Royは、CWの初心者だったNathan少年に根気強く相手をし、Nathanを現在のような熱心で立派なCWオペに育てられたのだと思う。そうしようと意識していなかったのかもしれない。丁度、子どもを育てる親の愛情にも似た気持ちを持つものなのだと思う。その薫陶を受けたハムは、その先達を敬意を込めて、Elmerと呼ぶのだ。

私も、Elmerと呼べる方を何人かすぐに思い浮かべることができる。大いにお世話になり、目指すべき対象でもあった方々だった。すでに別なところで書いたこともあるので、個々のコールは記さないが、決して忘れることのできぬ方々だ。

Nathanは、数年前、英語教師として日本に滞在していたことがあり、その時に奥様と知り合いになったらしい。結婚する際に、奥様が米国での生活に馴染めなかったら、二人で日本に移り住むと、奥様のご両親に約束をしたらしい。当面、その移住は、全く必要が無いようだ・・・。年に二度ほど奥様の実家に里帰りすることにしているようだ。

彼は、CWが上手で、CWでのラグチューの手腕も優れている。話題のキャッチボールが上手くできる方なのだと思う。彼との交信は、いつも楽しみだ。仕事にでかける前に、早起きして、無線機に向かうのが楽しいと何時も言っておられるが、これから何十年とCWを続けて、CWでラグチューを楽しむ少数派の希望の星であり続けていただきたいものだ。

コメント

彼の100W+DPの信号は私にはちょっと弱すぎてノイズレベルの高い当地ではゆっくりお話ししたいのですがなかなかうまくいきません。
CQを出すとWの似たような設備の局がよく呼んできてくれます。向こうには良く聞こえているようなので、くやしい(X_X)

トップが6m、両端が3mのダイポールとしては、結構良く聞こえているのですが、こちらのノイズレベル等受信条件が良くないと、厳しいかもしれませんね。今度、小さなアンプを入手すると言っておりましたが。ゆくゆくは一戸建てに引っ越したいと・・・。

An Elmer

高松に続き、今日倉敷でもまた午前2時に目覚め、ホテルの一室で楽しく読ませていただいています。

OMのブログ、まさに英知の結集、語彙の宝庫ですね。Elmerという語を初めて知りました。a Canon, an Edisonなど固有名詞に不定冠詞をつけた例を見かけますが、この場合、元は人名に由来するのでしょうか。語源に興味があります。

先ほど読んだ、Noraという名の猫からノラ猫を連想されるなど、お茶目な一面も。そのギャップがまた魅力です。愛猫、愛ちゃんでしたか。元気ですか。うちの元捨て猫「大河」は家出して早1年半。どこかで素敵なガールフレンドと仲良くしてくれていればと。

Re: An Elmer

おはようございます。高松から倉敷ですか。それにしても、夜遅い、というか朝早いですね。

elmerは、たしかに人名から由来していると、思います。でも、最近はあまり聞かなくなりましたね。elmer自体が少なくなったからでしょうか。

我が家の愛ちゃんは、すでに数年前に亡くなりました。あと二匹いたのですが、一匹すずめちゃんは病没、もう一匹みちること、みっちゃんはある日忽然と姿を消してしまいました。みっちゃんは、どうも運送業のトラックに飛び乗ってしまったのではないか・・・と想像しています。それぞれが、楽しい時間を与えてくれました。

大河という名前に思わず頬の筋肉が緩みました。CWを通した知り合いの方の息子さんと同じ名前です。猫は、姿を消すことがありますね・・・。

どうぞ帰路、お気をつけて。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1140-22068f25