FC2ブログ

官僚達は、医師の士気低下を見過ごしている 

先日の東京での妊婦死亡事例を契機に、官僚・政治家からもマスコミからも「医師不足」の大合唱が起きている。関東の都県知事達が、国の責任で医師を増やせと発言している。

現政権・官僚は、医学部定員の増員を決め、実行に移している。

それに加えて、最近、開業医に救急医療を行わせる、夜間救急・産科救急等を病院に出向いて、勤務医の手伝いをせよという論調が目立っている。上記事例が生じた直後に、舛添厚生労働大臣も明言していたし、その後、私の知っているだけでも読売新聞・産経新聞が、明確にこの提言をしている。

まずは、医師が「不足している」という事態が何故起きたのか、徹底した検討をしていない、如何にも表面的な対策には苦笑いするだけだ。

開業医を救急に動員するという方策も、開業医の収入を抑えることと相俟って、開業医の労働条件を勤務医と同等にする、即ち、開業医の勤務医化を進めるということを目指しているのだろう。表面的には、それを目指さすとは口が裂けても言わないだろうが、結果は同じである。

勤務医の入り口を大きくし、出口を小さくして、結果として勤務医を増やす。医師を、ネズミか何かと勘違いしているのではないかと思えるような単純思考だ。

開業医が、どれだけ救急医療の戦力になるのか、官僚の繰り出すお手並みを拝見させていただこう。

間違いなく、この方策は、大失敗に終わることだろう。

彼等、官僚達が何を見逃しているのか。それは、医師の士気である。医師という仕事を通して、人のためになる、世の中の役に立っているという充実感によって、医師は過重な負担に耐えてきた。それを尽く潰す施策と、マスコミを用いた反医療キャンペーンを張り続けている。医師の士気という目に見えぬものを、彼等は見過ごしている、または過小評価している。医師は優れて専門的な職能集団だ。こうした集団の士気が落ちたときに、人の目にはつかぬ形で、医療の機能は低下することは避けられまい。

私も、救急医療にこれまで以上にコミットするように言われても、体力的にも、また意欲の上でも、参加できない、またしない。仕事量を減らして、顔見知りの患者さん達にベストの医療を実施することだけを目指そう。自分の生活が維持できるだけの糧を得るだけで十分だ。

それも許されぬということになれば、さっさと辞めるだけの話だ。

コメント

JA1NUT先生

はじめまして。

医師の評価
http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy/26862563.html

で先生のブログを紹介させていただきました。

ews*o*pyさん

ご紹介くださりありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1142-97412e7b