FC2ブログ

ブログ開設後3年目に突入 

来月でブログを書き始めてから、丸2年になる。最初の頃のエントリーを読み返してみると、一日に七つも投稿したりして、凄い勢いで書いていた。思わず苦笑だ。何か表現したい意欲が高まっていたのだろう。福島県立大野病院事件の衝撃が、そんな風にさせたのかもしれない。

それ以降、段々とマンネリ化しつつあるような気もする。もともと乏しかった自分の感性と知性は衰えるばかり。ブログを通して、何事かを訴えるなど、私の力量では難しい。これから書き続けるとしても、言ってみれば、公開日記ないし公開備忘録程度の内容になってしまうかもしれない。その意味では、感じたこと、考えたこと、見聞きしたことを、私という大きなバイアスをかけて記録することしかできないのではないかと思う。何時まで続けられるか分からないが、もうしばらく続けてみよう。

この2年間で変わったこと・・・仕事が大分暇になってきた(ただし、拘束時間は結構長い)、診療報酬が下げられた影響をもろにかぶった、医療の崩壊への流れは、政治・行政・マスコミすべてが作り出しているが、結局国民がそれを知って、それに反対する意思表示をしなければ止まらない、この数年間が世界的な一種の経済的バブルであったことが判明した、オケやアンサンブルで弾く機会が増えたが、チェロの実力はさっぱり上がらない、小児気管支喘息の治療の切り札と思われてきたステロイド吸入も長期予後を変えることが出来ないという報告が、この2,3年いくつか上がってきた、無線に費やす時間が少し多すぎる、夏の間の庭仕事がだんだん大変になってきた、そして僅かながら、料理を週末にするようになった(家人がこれまでやってきたことに敬服・・・)、リタイアを現実のものとして考えるようになってきた(開業するときよりも難しい判断を迫られる)。

この次の2年間は、少しでも良いことの増える2年間であって欲しいものだ。お読みくださっている方には、これからも、また同じことを吼えているではないかと言われそうだが・・・私のキャパシティの足りなさで、読み過ごしていただきたい。

コメント

3周年おめでとうございます

2年続けばブログ界では老舗になります。日本のブログは数千万とも言われていますが、実質稼動しているのは200万程度といわれ、ほとんどは開店休業状態です。

また稼動200万の条件も「月1回以上」てな定義ですから、貴ブログはactivityが非常に高いものと称賛できます。

 >段々とマンネリ化

これは頭の痛い問題で、うちも同じです。一つのテーマで書き込んでいけば嫌でも煮詰まりますし、煮詰まれば金太郎飴のような結論ばかりになりマンネリ化します。

それでも「継続は力なり」ですから、無理しない範囲で続けていただいたらと願っています。

マンネリ化は御指摘の通りですが、少しづつ新しい流れは出ています。もっとも良い流れなのか、悪いものなのかはわかりませんけどね。

これからも続けてください。

毎朝の日課のように読ませて頂いております。
昨今の医療行政の酷さなのか、取巻く環境の悪化に毎月通院している身で心を痛めています。
せめて先生の発言がもっと世に知られたら!と痛感する毎日です。

話変ってHAMの世界、あの欧文CWですらすらと会話通信されている由、HAMに熱中していた時もあった身として感歎しています。

インターネットの時代になっても、変らず続けていらっしゃること自体大したものだと感じますし、懐かしい7メガとか14メガなどの雰囲気がよみがえってきます。

私のNTT時代の先輩で健在ですが、電信オペレーターから転職された方が、私が作ってあげた7メガ専用10Wの無線機で世界中と交信されずっと続けていました。現在やられているかどうか聞きそびれましたが、私達のマンドリン演奏会にも次の島田フィル演奏会にもずっと聴きに来てくれました。

先生はチェロも弾かれて結構な腕前と聞いていますが、ほんとうに素晴らしい人生を送られていますね。
植物を愛されているのも心が安らぎます。
私は来年2月で満70才、この秋はオケも引退とかオケHPも引き継いだとか、色々のことで区切りの時期を過ごしていて、何か気持ちがこれまでと違ってきています。

どうか今後もご健康でご活躍のほどお祈りしております。

これからもよろしく

3周年ですか。いつもお疲れ様です。仕事、無線、音楽その他と多彩な領域で楽しんでおられてうらやましい限りです。前二者は私もやってますが、とてもNUTさんのレベルではなくまるで小僧っ子みたいです。いつかNUTさんのように全世界を相手にラグチューを楽しめるようになりたいものです。CWはもう上達しそうもないので、せめてPSK31でもと思ってます。

皆様、励ましの言葉をありがとうございます。本当に、独白のようなブログですが、これからも何とか続けて行きたいと思っています。

医療の行く末が、本当に気がかりです。これからは、年齢的に、受診する立場になりますし。ネットでの、私のこんな発言が、何か意味を持つのかと考えながらも、身の回りのこと、感じたこと、考えたことを記して行きたいと思っています。

無線にもどっぷり浸かりすぎかと最近反省しておりますが、でも、外国、英語圏の方が多くなってしまいますが、の方々といろいろと話しをできるのは大きな魅力です。

チェロの方は、本当に一歩前進、二歩後退みたいな感じになっておりますが、アンサンブルの相手をして下さる方がいる限り、チェロを担いで出かけてゆきたいと思っています。

拙いブログですが、今後ともよろしくお願い致します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1143-5bfb36e9