FC2ブログ

無線に費やした週末 

この週末も、7、14メガともに絶好調のCONDXで、多くの印象深い交信を楽しめた。そのいくつかを記録しておこう。

土曜日、午後2時過ぎ、7メガ。Rich KE1B。サンノゼから太平洋側に向かった、丘陵地帯のLos Gatosに在住の56歳。東海岸で生まれ育ち、専門教育を受け、仕事で西海岸にやってきた。シリコンバレーでハイテックのエンジニアとして成功し、47歳でリタイア。その後、法学部で勉強し直し、弁護士資格をとり、今は、のんびり仕事をしているとのことだった。何と優雅な人生か・・・。太平洋の見える、丘陵の中腹から、強力な信号を送り込んできていた。

日曜日、夜7メガ、Tom K7GMF。しょっちゅう交信している親しい友人。以前、ここでも彼について、記した記憶がある。私はアトラス片手に、彼の現在地を詳しく尋ねた。アリゾナの南部、メキシコ国境の近くにお住まいだ。リタイアして、ニューヨークからそちらに来る際には、様々なルートでよく調べたらしい。20エーカーの土地で悠々自適の生活をしている。医療については、車で1時間程度のTucson退役軍人病院であまりお金をかけずに治療を受けられる、歯科だけは、お金がかかるので、メキシコに出かけて治療を受けるらしい。治療費が、米国内のそれの1/3程度らしい。彼の場合、老齢者向けのMedicareだけしか保険はないようだ。周囲が丘陵に囲まれ、粗い砂利のような土地に草が生え、所々に、小型のサボテンの生えた牧場地帯。アトラスを見ながら、想像をたくましくした。

Jim W6WGCとは、今朝、仕事に出かける前に、14メガでお会いした。米国では、日曜日の夕刻とあって、一度CQを出すと、数局が束になって呼んでくる。その中の一局だ。昨年、会っていることを覚えておられた様子。今年の6月まで、カリフォルニアのLake Arrowheadに住んでいたのだが、乾燥し旱魃が続き、野火の危険が高まったので、オレゴンに移住してきたらしい。10月には、彼がかって住んでいたその土地も野火で焼けてしまい、20軒の家が焼けてしまったらしい。そこの家を売るときには、値段はとてつもなく安くなってしまっていたらしい。ジェット気流の流れが変わったために、カリフォルニアの旱魃が生じているとのこと。また、現在進行している経済危機によって、退職生活にも影響を受けている。過度の財政面の規制緩和が、この危機を生んだ、と考えておられる様子だった。

こうした友人達の生活ぶりを身近に見聞きすることのできる趣味、やはり得がたいではないか・・・少し、時間をかけすぎかと反省しながらも、充実した時間であると自分に言い聞かせている。

コメント

今晩は、2週間前にQSOしたK7GMFを検索していたらShinさんのブログにつながりました。Tomとは数度QSOしていますが、今回は1時間近く?のラグチュウになりました。当方も地図(アメリカで売っている道路地図で結構詳細です)から話題を拾ってゆきました。確か71歳ですが、2000年にNYからQSYしてきて牧場に囲まれたFBなところと言っていました。家族も一緒と聞いたら、NYに戻ってしまい、今は犬と猫が同居人と。やはり年齢が言ってからの田舎?暮らしは大変だと思いました。 オレゴン州とCAの州境に近いところにいるKI6の局はShinさんと同い年くらいですが、同じく都会から田舎にQSYし、XYLとの二人暮らしを楽しんでいます。CWがNGなので14SSBでたまにQSOしています。(メールではよくやりとりしていますが) 先週日曜日にはWのOTがハリクラフターのSX117?にHT34とか言う50年前のリグからコールしてくれましたが(SSBで)、その局の年齢とリグの年齢が釣り合っていてとてもよかったですよ。 北米の局とのCW&SSBでの交信は冬場結構楽しめるのでFBです。 では 73 Taka

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1159-b4cc1465