FC2ブログ

電波利用料、悪事がばれて、バーゲンか 笑。 

アマチュア無線でも電波利用料を徴収される、ということになった時、何故、免許料を上げて、その財源にしないのかと訝しく思ったものだ。しかし、ほどなく、電波利用料が、当時の郵政省が独自に用いることの出来る特別会計になることが分かって、なるほど、当時の郵政省の官僚達は自分達で自由に使える金が欲しかったのだろうと、納得した。

大体において、500円の電波利用料を請求するのに、請求書を送りつけ、さらに未納の場合、督促状を送りつけるなどという不経済なことをやっている。その手間と、郵便費用を考えると、実質の収入は殆どないのではないか。もしかしたら、請求書や督促状の印刷会社が、官僚の天下り先になっているのかとも考えた。現在は、電波利用料の大きな収入源は、斜陽のアマチュア無線ではなく、携帯電話らしい。400円の料金を、携帯端末の費用に上乗せされている。

結果、電波利用料の規模は数百億年に上ることになった。

そして、今春、総務省での電波利用料を裏金に利用した事実が判明総務省職員のレクリエーション費用や、野球観戦費用に化けていたのである。案の定だ 笑。

その悪事がばれたためか、アマチュア無線の電波利用料は年間300円にバーゲンされた。300円では、請求・督促の書類印刷費用・手間を考えると、まずは赤字のはずだ。それとも、私のような馬鹿正直な電波ユーザーのように、銀行の自動振込みにしている人が多いのか。銀行の自動振込みであっても、現在は、数百円の手数料がかかる。官僚にとっては、徴収する仕事だけを増やすことに意味があるのか。印刷屋や、請求業務を委託する業者(というものがあるのかどうか分からないが、アウトソーシングされている可能性もありそう)の利益確保を第一に考えているのか。一体どうなっているのだろうか。

この電波利用料と同じように、仕事の上でも、官僚絡みの様々な団体に会費やらなにやらを上納させられている。それらも、官僚の飲み食いや、野球観戦の費用になっているのかと思うと、何かやるせない気分になる。正当な税金はきちんと払うのにやぶさかではないが、透明性のない、こうした上納金の類は一切止めてほしいものだ

コメント

料金は無料がいい

全部税金にすればいいのです。予算は国会で監視、使途は会計検査院が監視。これがいやだから官僚は税の範疇に入らない特別会計や何とか保険料などの財源を欲しがるわけです。ですから日本の総国家予算は実際は250兆円あるのですw

この電波利用料バーゲンセール、収めすぎた方には、「200円」還付されるそうです。振込みの連絡を受けたハムが、振り込め詐欺じゃないかと騒いでおられました・・・後で、がっぽり取られるのではないかと。この還付手続き、振り込み手数料を考えると、怒りを通り過ぎて、馬鹿馬鹿しくなってきます。

特別会計を取りやめること、単年度会計を止めることが必要でしょうね。

公務員の裏金には徹底してメスを入れてもらいたいものです。そういえば、大阪のほうで、検察の裏金の内部告発をしようとして、別件で逮捕されてしまった検察官がいたなぁ・・・。警察・検察は特に裏金に関して酷い状況だと聞きます。

川柳

少しタイトルが字余りなので、

「電波賃、悪事がばれてバーゲンか」

失礼しました。
それにしても経費のほうがたかそうと500円の時代から私も思ってましたwww

最初、郵政省にちょっとしたプロテストをしようと、督促状を送らせてから、支払っていました。が、その内、家人がいつの間にか銀行振り込みにしてしまいました。

電波賃・・・官僚のお駄賃じゃないのだから、ね 苦笑。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1168-72d11253