FC2ブログ

病気になるのは悪いことらしい 

まぁ、マスコミ、それも全国紙の報道だから、まともに取らない方が良いのかもしれないが、麻生首相が、経済財政諮問会議で、病気になって医療保険を使う人のために医療保険保険料を払いたくないというニュアンスの話をなさったらしい。

前科を考えると、さもありなんという発言だ。それも、経済財政諮問会議の席上だからなぁ・・・。

まぁ、マスコミ、それも全国紙の報道だから、まともに取らない方が・・・以下、略。


以下、引用~~~

首相「何もしない人の医療費、なぜ払う」、諮問会議で発言

 麻生首相が20日に開かれた政府の経済財政諮問会議で、社会保障費の抑制を巡って「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが、26日に公開された議事要旨で分かった。

 与謝野経済財政相が社会保障費の抑制や効率化の重要性を指摘したのを受けて、首相は出席した同窓会の話を紹介しながら「67歳、68歳で同窓会にゆくとよぼよぼしている。医者にやたらかかっている者がいる」、「彼らは学生時代はとても元気だったが、今になるとこちら(首相)の方がはるかに医療費がかかってない」とも発言した。

 健康を維持し、病気を予防することが社会保障費を抑制することにつながることを強調する“麻生流”の発言とみられるが、病気になって医療費を支払う人が悪いとも受け取れる発言で波紋を呼びそうだ。

(2008年11月26日23時36分 読売新聞)

コメント

首相だけでなく

経済なんちゃら会議それ自体が、
「俺たち金持ちが病人の医療費肩代わりしたくない」
ってな雰囲気だったんじゃないですかね?

トヨタさんキャノンさん勢揃いなわけで

  • [2008/11/27 10:12]
  • URL |
  • 閉塞性動脈硬化症
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

仰られる通りですね。社会保障の負担を減らしたい財界と、増税をしたくてたまらない官僚と、それに合わせた積りの麻生さんと・・・。

下記の記録11ページに発言全部が載っています。

http://www.keizai-shimon.go.jp/minutes/2008/1120/shimon-s.pdf

やはり、酒を飲みながらの与太話レベルだなぁと思いました。

麻生さんが、経済財政諮問会議で行った発言全容;

67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる。彼らは、学生時代はとても元気だったが、今になるとこちらの方がはるかに医療費がかかってない。それは毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている。たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ。だから、努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブがないといけない。予防するとごそっと減る。 病院をやっているから言うわけではないが、よく院長が言うのは、「今日ここに来ている患者は 600人ぐらい座っていると思うが、この人たちはここに来るのにタクシーで来ている。あの人はどこどこに住んでいる」と。みんな知っているわけである。あの人は、ここまで歩いて来られるはずである。歩いてくれたら、2週間したら病院に来る必要はないというわけである。その話は、最初に医療に関して不思議に思ったことであった。 それからかれこれ 30年ぐらい経つが、同じ疑問が残ったままなので、何かまじめにやっている者は、その分だけ医療費が少なくて済んでいることは確かだが、何かやる気にさせる方法がないだろうかと思う。

健康人の本音ですねw

我々の税金を生保につぎ込むとはけしからん。という気持ちと同じですね。でも国のトップがそういう気持ちでいて、なおかつ大勢の前で公言する国家とは、、、、寒々としたものを感じます。

驚くのは、

この発言を擁護する人が意外に多いんですよね。
たぶん、恵まれている人なんだろうと思います。
一般人からも「病院行ってないのに保険料払うのは馬鹿馬鹿しい」というような発言を何度も聞いたことあります。
健康でいられる、病院に行かなくて済むという幸福を分からない人が増えてるんだなあ、と。
だいたい、努力するだけで健康でいられるなら苦労はないです。
もちろん、出来る範囲での努力は必要でしょうし、尊いと思いますけどね。

健康人の本音・エゴを通していたら、健康保険等成立しなくなってしまいますね。病気や障害も、人間の多様性を示す現象で、多様性があるからこそ、人間社会が存続しうるということ、それに弱者をそうでないものが支える(そして、誰もがいつでも弱者の立場に陥ることがある)ということ、これが受け入れられない方が増えているのでしょうかね。

麻生さんは、正直で、思っていることをペロッと喋ってしまうのでしょう。自分の立場を弁えていない。これが彼の個性だと、官房長官は庇っていましたが、それでは首相の職務は遂行できないでしょうね。

このような知性の方しか、首相にすることが出来ぬ政権与党の問題ですね。麻生さんは、もう変わりようがないでしょう。

>この発言を擁護する人が意外に多いん>ですよね。

ネット上ではそのように思えますね。医師専用の掲示板でも、そういった主旨の発言、さらに麻生首相よく言ったといった発言が結構目立ちます。

自分が病人に明日にもなるかもしれないことを分かっていない、子どもじみた発言ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1180-8d74589c