FC2ブログ

キーイングは声・・・。 

今朝も14038ネットを覗いてみた。Don W7HCHがチェアーマンで、W7NTとJoe W7QNが、ラグチューをしていた・・・と言いたいところだが、後二者は互いにスキップしている様子。大分冷え込んでいる様子で、水道配管を防寒処置するといった話題を話しておられた。DonがJohn N7AVXを呼びかけたが、応答なし。そこでネットが早々に終りになった。

私は仕事場に出かける時間が迫っていたが、ブレークをDonにかけた。彼等の年齢を尋ねた。John、Joe、それにDonは、各々88、87さらに86歳とのことだった。凄いOTネットである。アリューシャン列島で仕事をしていたのは、戦争中(WWII中)だったのだから、当然のことか。

N7AVXとは、1981年に初めての交信をしていることが、記録を見て分かった。先日、彼のバグキーを聴いた時に、以前に耳にしたことがあると微かな記憶があったのだが、この記録を見て、1980年代前半にしばしば彼と交信していたことをまざまざと思い出した。流したようなゆっくりとしたキーイングだ。このことをDonに申し上げて、くれぐれもよろしくと伝えてくださるようにお願いした。キーイングとは、CWマンにとって、声のようなものなのだ。

キーイングといえば、この2,3日、Nathanが中古のMM3キーヤーを手に入れて送ってくれる手はずになった。現用のMM3キーヤーは、1990年前後に手に入れたもので、一応動作するのだが、時々ハングアップしてしまう。他のキーヤーは気に入ったものがなく、MM3の中古品で入手できないかと常々考えていたのだ。Nathanが、ネットで検索し、お買い得の中古品を見つけ出してくれた、というわけだ。彼から、何故MM3がそれほど気に入っているのか、尋ねられ、返答に窮した。キーイングが気に入っているから、ということなのだが、どのような点を気に入っているのか、それ以上の説明は難しい。美しいキーイング、整っているキーイング・・・なんとも無味乾燥な形容になってしまう。カツミのEK160のキーイングも気に入っていたのだが、いつの間にかカツミという会社自体がなくなってしまった様子だ。Nathanが手に入れてくれたMM3キーヤーは、一生ものの宝物になる予定だ。

コメント

このような話を聞きたかった

NUTさん、今晩は。
CW初心者の私には、・:ーが1:3以外知りませんので、オペレーターとキーヤーのコンビネーションで醸し出される独特の味というものがある、ということは頭の中だけで理解するのみです。極めれば極めるほどに微妙の「妙」を楽しめることになるのでしょう。たいへんおもしろいお話を聞かせていただきました。またお願いいたします。
話は違いますが、10万羽以上のペンギンコロニーでの話です。母親が海中で獲物をとって胃袋に入れ、島にもどり、鳴き声だけで何万羽の中から自分の供を捜し当てるのだそうですね。人間の可聴領域での音声解析(現在のソフト)では鳴き声の違いは分からないそうです。NUTさんのお話から、ペンギンを思い出しました。分かる人には分かる、分からない人には説明のしようがない、違いが分かるのは極めた人の特権です。益々のご発展をお祈りするとともに、CWファン育成に、CW達人のお話を聞けたら有り難いです。

MSUさん

CWは、キャリアーの断続という単純な通信方法ですから、キーイングに、それほど微妙な違いが生じるわけではないのでしょう。しかし、キーヤー、リグそれに送り手自身の能力が、やはりCWの個性を生んでいますよね。

特に、バグキーによる送信は、丁度指紋のように千差万別だと思います。

ペンギンの母親ほどの感受性はありませんが、バグキーですと、特に相手のコールを聞く前に、相手が誰であるか分かってしまうことが多いですね。

このような楽しみ方をする方も少しずつ少なくなって行くのでしょう。

ご自宅から電波は出されないのでしょうか。その内、お目にかかりましょう。

あこがれのCW,そのわけ

NUTさん、今晩は。
確かにCWで会話ができるハム(本邦ではもともと数は少なかったと思いますが)は国内では数える程しかいなくなったのではないでしょうか。私の中学時代、ご近所にJA8AEさんがおりまして、毎晩7メガでK6DV(現在のK6DVは別人)とCWで5分から15分ほどスケジュールQSOをしておりました。もちろん私には話の内容は分かりません。遊びに行くたびに、そのBobとの語らいがいかに楽しいか語ってくれました。私もそうなりたいな、というあこがれを持ちつつ50年近くになります。英会話と同じで、きっと毎日1時間でも続ければ上達するのでしょうが、言い訳になりますが、新聞も読む間が無くて・・・。FOCメンバーの中ではNUTさんはかなりの若手でしょう。どうぞ、末永くご活躍ください。ぜひお会いしたいです。

追伸

NUTさん
ご質問にお答えしませんで、失礼いたしました。自宅から電波を出せますが、リグの前に座るのは深夜0時過ぎです。たまにCQで呼んでくれるのはUAくらいです。ANTが直径1.2mの磁界ループ、ここは7階建て、北と西がそれぞれ15F、13Fのビルに遮られております。activityはきわめて低くQRTに近い状況です。定年後ANTを郊外に建てたいという夢は持っております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1203-a48f72a5