FC2ブログ

Johnよりの返信 

季節の挨拶をお送りした、John 9V1VVからの返信の一節。格調の高い文章だ。そして、彼の理想主義にも感銘を覚える・・・理想主義というと、実現不能の思想のように思えるかもしれないが、こうした考えにパラダイムシフトをしなければ、格差の問題・国際紛争の問題などは乗り越えられないのではないだろうか。

以下、引用~~~

Regarding the medical profession in Japan - I am no expert - but
it seems to me that many countries in the so-called developed
world are suffering from the same problem of under-funding in
public health. Certainly the United States has not set a good example,
and more than half of their population are not covered adequately
by private health-care schemes. I find it difficult to understand how
such an apparently advanced society has such an under-developed
public health system.

Perhaps I could be accused of being a socialist, but it is my belief
that for any nation to claim to be "civilised" it shopuld embrace
the two ideals essential to a civilised state; free health and education
for all. If these two are acheived, the people can be truly free to
progress and realise their dreams.

Many would argue that this leads to high taxation, but high taxation is
not necsassarily unpopular. A recent poll undertaken by the BBC
found that Denmark was the "world's happiest nation", even though
tax levels are some of the highesat in the world. The Danes are free
from the stresses experienced by societies that have no affordable
health care and education.

And I could be accused of being a hopeless idealist when I say that
if even 25% of the money most countries spend on defense and we
aponry were diverted to heath and education, the insecurities and
stresses faced by our populations would disappear.

コメント

for any nation to claim to be "civilised" it shopuld embrace
the two ideals essential to a civilised state; free health and education


胸にしみる文章ですね。米国のWeikartらは,恵まれない環境下にある子どもたちの幼児期に教育的投資をすると40年後には,子どもたちにも,社会にも大きな差となって帰ってくることを社会的実験で示していますが(Perry Preschool Study),civilised stateなら,こういう実験の成果について立ち止まって考え,政策に反映させるべきではないかと思います。

仰られる通りですね。米国は、中東で、これとは対極にある行動を続けてきました。オバマ次期大統領も、アフガンに兵力を増派すると言っていますね。彼の地での、教育と福祉のために助力する方が、よほどテロリストの根絶に意味があるのでしょうに・・・。

日本も、教育の短期的な成果にだけ目を向けていますが、考えることを促す教育への投資がまだまだ少ないように思いますね。

Weikartの研究というのはどのようなところで目を通せるのでしょうか。良いお話をありがとうございます。

Weikartはミシガン州で40年前にPerry Preschool Projectを行い,その後の前向き研究の成果が近年報告されています。以下のサイトにまとめがあり,ここからプログラムのサイトにリンクしています:

http://www.evidencebasedprograms.org/Default.aspx?tabid=32

Heckman JJ. Science 312: 1900-1902, 2006には,経済学的な費用-便益の分析が書かれています。

多数のモノグラフも出ており,これから順次読もうと思います。教育としても,児童福祉という意味でも学ぶことが多いと思っております。

どうもありがとうございます。後でよく見てみたいと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1213-1eabc72e