FC2ブログ

HS6よ、さらば! 

HS6(写真左側)といっても、ご存じない方が多いかもしれない。ケンウッドから発売されていたヘッドフォーンのモデル名だ。通信用というか、要するにハイカットローカットの安価なヘッドフォーン。かれこれ20年近く、私の無線のお供をしてくれた。耳を守るクッションは、とっくのとうにちぎり取られ、裸のヘッドフォーンだったが、耳に負担は少なく、特にハイカットの特性からホワイトノイズで耳が疲れることが余り無かった。このヘッドフォーンのコードがどうも断線したらしく、時々片方しか聞こえなくなってしまった。そろそろお役ごめんの時期なのだろう。

早速、交代要員に選んだのは、一応オーディオ用のオーディオテクニカの製品。そんなに高級品ではない。密閉型ではなく、軽いところが気に入った。音は、HS6に比べると、ハイフィデリティなので、ノイズを受信機の側で切ることを考えなければならない。それに、コードが長すぎ、少し回りこんでいるような、低周波の音がキーイングに伴いしている。これも要チェックだ。

IMG_0822-1.jpg

コメント

幸せなHS-6

何と幸せなヘッドフォンでしょう。
NUTさんの優しさが伝わってきます。
23:00JST NUTさんのCQが519でかすかにここえました。NUTさんは589のレポートを送っておりましたが、当局では、お相手のDL1KDOさんの信号は全く聞こえません、その存在すらつかめませんでした。耳の差、ANTの差、でしょうか。

MSUさn

今夜は、CONDXが良くありませんね。しばらくCQ叩いていましたが、ヨーロッパ・北米がフラフラと入ってくるのみです。やはり、こちらは弩田舎の一軒家。ノイズがなく、さらに周囲が開けた場所なので、その差でしょうね。

新しいヘッドフォーンにやはり馴染めず、HS6を繋いでみましたが、やはりNG(笑。コードを短くし、サイドトーンモニターの音量を下げなければなりません。それに、音の感じがもう一つ違う・・・まるで古女房に逃げられた心境です。

前のコメントに書きそびれてしまいましたが、息子さんと親父の関係は、MSUさんの家のような関係が、より日本的で理想的なのではないでしょうか。我が家は、親子関係の距離が少し近すぎるのかもしれません。やはりびしっと筋を通した頑固親父が一番です。私は到底そのようにはなれないので、このまま、ありのままで行くしかないかと観念しています。

先日QSOでヘッドフォンをしておられるとお聞きしましたが,それがこれですね!
やはり無線には音楽用より通信用のヘッドフォンがいいのでしょうね.私も近くの電気屋さんで購入した数千円のヘッドフォンで聞いています.PCしたりプリンターのところにいったりするとき外さなくて済むよう,コードの長いものを使っています.以前赤外線によるワイヤレスヘッドフォンを使いましたが,弱い信号を聞くときに,ヘッドフォンのほうのノイズが気になって使わなくなってしまいました.
シャックにいる間ズートのノイズがBGMになっていることがあまります.耳に負担をかけないように時々外すように気をつけないといけませんね.

HS-6,ひょっとして手に入るかもしれません

数日中に連絡いたします。

MSUさ~ん

大丈夫ですよ。新しいオープンエアーのヘッドフォーンでしばらく頑張ってみます。お気遣いをありがとうございます。

何やかや、無線機を弄くっていて、寝たのが1時過ぎになってしまいました。機械の後ろにある、サイドトーンモニター音量調整のボリュームを、ブラインドでマイナスドライバーで回していたら、上手く回らず。結局、+ドライバーで回りました・・・無線技師とは到底いえない状態です。無線機の埃落としをしてあげなくてはと思いました。

Atsuさん

いや、あの時はHS6がまだ生きていました。本当に「成仏したな」という感じです。殆ど毎日使っていましたから。

そうですね・・・ホワイトノイズは特に耳への負担が大きいような気がします。できるだけ、連続運用は1時間で止めるようにしています。最近は、そんなことは関係なしに、根気が続かず、1時間で止めてしまうことが多いのですが。

ヘッドフォーンコードに回り込んでいませんか。私の新しいヘッドフォーンは、確実に高周波を拾っているような気がします。コードの長さの問題か、インピーダンスの高さが関係しているのか・・・とりあえず、コードを短くするように、プラグを買ってこなくてはなりません。半田付けは何年ぶりだろう(笑。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1225-6a4b1973