FC2ブログ

消防庁の救急患者搬送対応新ルール 

救急医療が、需要は増え続け、供給は減少しているために、崩壊しつつある。

その状況を、救急患者搬送の段階で「改善」するために、消防庁は、新しい方策をとるらしい。

この新しい方策のポイントと問題点を挙げる。

一つは、救急隊員による、トリアージだ。救急隊員が、患者の重症度を判断し、搬送先を決めるのだ。これについては、幾つも問題があるが、救急システムの問題としては、トリアージの難しさ(特に、大規模災害時ではない平時のトリアージ)、それを患者側に受け入れさせる根拠、万一判断ミスがあった場合の責任問題等々がある。実際問題としては、大都市以外では、搬送先を選択できる余地があるのかどうか。地方では、救急に対応する医療機関自体が少なくなっており、いくらトリアージをしたところで、運ぶ先の選択肢は少ないのではないのか。

もう一つ、もっと深刻な問題は、救急ベッドが満床の場合にも、一時的に救急患者を運び込む医療機関を決めておくという対処。救急ベッド満床ということは、物理的にベッドがないということではなく、人的に、また病床以外の設備の面でも、一杯一杯になっていることが多い。大体において、医療機関で許可された病床以上に患者を入院させることは、医療保険上厳しいペナルティの対象になっているはず。医療機関に患者を押し込めば、後は医療機関の責任だという「ババ抜き」ゲームみたいな発想では不味いのではないのか。

では、どうすべきか。

一つには、救急医療の崩壊を、根本的に理解するために、「現場」の声を聞くことだ。「現場」の声ではなく、行政の机上、または医療機関管理者の発想だけでは解決しない。

救急の崩壊現象を加速しているのは、軽症患者の救急受診の増加だろう。患者教育をすること、そして軽症患者が救急受診を抑制する方策を取ることが必要だ。

表面上、患者サイドにだけ立つ、または/かつ行政サイドの負担を減らすことだけ考える行政の発想が、医療をますます危機的な状況に追いやることを、しょっちゅう目にする。この消防庁の救急医療への窮状への対応も、同じような対応に属するような気がする。


以下、引用~~~

容体に応じ医療機関を決定 都道府県ごとにルール化へ 救急患者の受け入れ改善
09/01/05
記事:共同通信社
提供:共同通信社


 医療機関による救急患者の受け入れ拒否問題の改善に向け、総務省消防庁は26日、都道府県ごとに医療機関や消防関係者が協議し、患者の容体に応じた搬送先をあらかじめ決めておくなど、受け入れ態勢のルール作りを進める方針を決めた。

 ルール作りの場として、すでに国の通知に基づき全国に設けられている「メディカルコントロール協議会」の役割を拡大するか、新たな協議会を設置。この協議会を法定組織に位置付けるため、早ければ来年の通常国会に消防法改正案を提出することも検討している。

 消防庁は来年、(1)救急隊員が患者の脈拍や心電図、けがの程度などから適切な搬送先を判断する(2)救急隊と医療機関の間で呼吸困難の程度など患者の容体に基づく伝達事項の優先度を定めておく-といったルールのひな型を協議会に提示。これを受け、各都道府県の協議会が地域事情を反映させながら、容体に応じた具体的な搬送先を決めていく。

 このほか救命救急処置を迅速に行うため、救急用のベッドが満床の場合にも、一時的に患者を受け入れる医療機関を当番制で決めておくことなどもルールに盛り込む。

 消防庁によると、重症患者の搬送に際し、2007年に救急隊員が医療機関側に受け入れを4回以上照会したケースは全体の約4%に当たる1万4387件に上った。

 現在、国は搬送先の選定について明確な基準を定めておらず、救命救急センターなど高度医療機関に患者が集中。受け入れ拒否の大きな原因になっている。ルール作りの素案は消防審議会が来年2月までにまとめる。

▽メディカル協議会

 メディカルコントロール協議会 救急活動の質を確保するため、主に救急救命士の搬送中の処置に関する事後検証などを行っている組織。医師や消防関係者、自治体職員らをメンバーに全国で287設置されている。現在は法定組織ではないことなどから、協議会によって取り組みにばらつきがあるほか、「問題が起きた際の責任の所在が不明確」などの問題点が指摘されている。

コメント

蓋をしめた後は

一見、患者のためだけのルール作りのようにも見えますが、個人的には総務省消防庁だけの独善ルールと見ています。総務省消防庁の責任範囲は病院に押し込むところまでですからね。

だから押し込んだ後はどうするかについて全く検討されていません。「ベッドが無い」ところに強制ルールを作って押し込んだら、一定の割合で治療に疎漏を生じます。これの責任についてはすべて医療機関が負う事になります。

強引に救急問題に蓋をしようとしていますが、力づくで蓋を閉めたら、次はどうなるか。誰でもわかりそうなものですが、きっと蓋が粉々に砕け散るまで分からないのが世の中の様な気がしています。

そうですね・・・消防庁としては、責任を医療機関・医療従事者に押し付けたいのでしょうね。

何か『救急安心センター』も作り、医師が24時間、救急電話相談に応じるようにさせるのだとか・・・救急安心センターというネーミングがなんとも言えず、微妙です。救急は安心の対極にある事柄なのですよね。その仕事を担当される医師に、様々なバッシングがなされなければ良いのですが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1241-cd41bcfa