FC2ブログ

カルテの整理 

開業以来、14年間、もうすぐ15年目が始まろうとしている。その間、毎年数百人の初診の患者さんを受け入れてきた。通い続けてくださる患者さんは、最初乳幼児だった方が、10歳代になっている。中には、勤務医をしていたころから診せていただいている患者さん、その当時の患者さんだった方が結婚し,自分のお子さんを連れてきて下さった方もいる。二代続けての主治医だ。

通い続けてくださる患者さんのカルテが、どんどん厚くなる。中には、3cm以上の厚さになるものもある。カルテが余りに厚いと、事務処理に邪魔になる。2,3年前までは、厚くなりすぎたカルテは、サマリーを記し、表紙をつけて、カルテの更新をしていた。旧いカルテは倉庫に収納され、真新しい更新カルテが出来上がるのだ。が、私の職場の将来が見えてきたこともあり、カルテの書き換え更新は控えていた。

が、カルテ棚をみると、あまりに厚いカルテが、数多くあり、棚がギュウギュウになっている。それで、またカルテの書き換え更新をし始めた。そのように付き合いの長い患者さんのカルテを見ると、こまでの10数年間の歴史がさっと目の前によみがえる。当時の患者さんの親御さんとのやり取り、診察のたびにぎゃんぎゃん泣いていたのに急にニコニコしてくれるようになったこと、小学校に入学する前後のこと・・・あまり大したことの書いてないようなカルテにも、歴史が詰まっている。お一人お一人の歴史を想い起こしながら、カルテの要約を記してゆく。カルテは、大切な財産なのだ。


IMG_0837-1.jpg

今年の日光連山には雪雲がかかっていることが多い。これを撮った日には、頂上にかかる雲がなくなり、ようやく全貌が見えた。陽の光に少し明るさが増しているよう。寒さはこれから数週間が山だろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1244-cc2da687