FC2ブログ

生命の流れのなかで 

先日、中学生の女子が、インフルエンザの予防接種を受けにやってきた。少し時期が遅いかと思ったが、受験生だということで実施することにした。

その子に、予防接種の効果・副作用について一通り話しをした。彼女の低いピッチの声・・・聞き覚えがある。それに、少し顔を俯き加減に話す様子。ほどなく、3年前に室内楽を一緒にした、当時高校1年生だったビオリストの妹さんであることに気付いた。名前で気がつけば良いものを・・・。

お姉さんは、今年大学進学のはず・・・某音楽大学にビオラ専攻で入学が決まったそうだ。中学生の頃から時々診ていたCさんが、プロのビオラ奏者の道を歩むことになると思うと、感慨一入だった。ビオラの勉強を続けたいと言っておられたが、その意思を貫くべく一つ壁を乗り越えたというところだろう。

この写真、アップすべきかどうか、迷っていたのだが・・・3年前に、近くのホールを借りて、室内楽をした時に撮ったもの。左端が、ピアノをお弾きになっていたのだが、先日亡くなられた小児科医の方。その右側が、かのビオリストだ。

IMG_0022-2.jpg




我々は、生命の大きな流れのなかにある。生命という実体の見えぬものの流れのなかで、ほんの一瞬生命を担って生きるのが我々の人生なのだ。若くして、この生命の流れに別れを告げる方、そして自らの生命をますます輝かそうとする方がいる。生命の流れを、我々は共に生きているということを改めて強く感じさせられたことだ。

Cさんが音楽家として研鑽を積まれ、大成されることを陰ながら祈念していたい。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1248-02f2b8d2