FC2ブログ

民主党衆議院選挙候補者現る 

今日、民主党の衆議院選挙立候補予定者が、仕事中の私を訪ねて来た。患者さんが切れたところで立ち話。

彼が、医師に挨拶回りしているのは、当県の医師会が、日本医師会の意向に反して、民主党支持を打ち出したからだろう。彼の演説会に出かけたときに、参加者として記帳をしたために拙院に立ち寄ったのかもしれない。

彼は一言挨拶をしただけで立ち去りたそうにしていたが、まぁまぁと言って引き止め、私の要望を申し上げておいた。

○過日の、彼の演説会の内容では、医療崩壊の現状を理解していると言い難い。彼の専門は、農業政策らしいので無理からぬことだが、現状をよく勉強し理解してもらいたい。

○民主党の医療政策は、一枚岩とは言えない。統一した医療政策を提示してもらいたい。

○某参議院銀は、勤務医と開業医を並列にして論じ、勤務医の窮状を救うために、開業医の労働条件を低下させると主張しているが、勤務医・開業医を並列に論じるのは誤りだ。

○官僚支配の構造を打破する政策をしっかり打ち出してもらいたい(彼は、元キャリアー官僚・・・)。

このようなことを、率直に申し上げた。彼は、低姿勢に聴いていたが、はてどこまで受け止めてくれたのやら・・・。

今週末に、上記の某議員(某大学医学部の准教授だった方)と共に、近くで演説会をするらしいので、出かけてみようかと思っている。選挙前は、選挙民は神様、選挙が終われば、単なる納税者というだけでは困る。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1260-f0290032