FC2ブログ

晩秋 

我が家の西側の庭。大きな栗の木、中型の落葉樹それにまだ数mしかない銀杏の木が4本。それに小型のヒバや、どうだん躑躅。芝生も植えてある。春から夏にかけて、芝生の手入れが一苦労。昔は、今は亡き父が一手に引き受けてくれていたが、ここ数年は私が、朝起きてせっせと手入れしていた。今年の夏から、大学生になった次男が、手伝ってくれるようになった。木々や芝生がきれいな姿を見せてくれていると嬉しいが、これを老後ずっとは続けられないなぁ・・・。しかし、若い頃は見向きもしなかった庭の手入れをするようになったのは、自分でも驚く。どうもうつ病圏の性格の人間が、こうした植物の世話を好むらしい。木や草を見ると和むのだ。それだけではなく、一旦やり始めるとやり続けなければ気がすまなくなることも関係しているようだ。これから後何年庭仕事を続けられるのだろうか。

IMG_0145-1(40).jpg

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/13-d2caaa65