FC2ブログ

検察の問題 

小沢民主党党首の第一秘書が、東京地検に逮捕されたという報道で、マスコミは持ちきり。企業から、政治家個人への寄付は、政治資金規正法で禁じられている。小沢氏個人への寄付が、西松建設からの金を個人を形式的に介した迂回寄付だったのではないかということのようだ。

事実がどうだったのか、小沢氏がそのことを認識していたのかは、すぐには判断できないが、自民党で同じく高額の寄付を迂回経路で得ていた議員が何人もいる。二階大臣、森元首相等々。彼等は、寄付金を返せばよいだろうと言っているらしい。今日の参議院予算委員会での、共産党小池議員の追及に、二階大臣は、800万円の寄付をしてくれたのが誰だか分からないと繰り返していた。彼等、政権与党の議員達も、この西松建設からの寄付金については、小沢氏と同じ立場にいるように思える。自民党の議員は、政権与党という利権に直接与りうる立場にあるのだから、説明責任は、小沢氏と同じはずだ。

この報道でとても気になることがある。『関係者によると・・・』といった報道がとても多い。それは、検察の主張に沿ったものであり、明らかに検察サイドからの情報の意図的なリークによるもののようだ。まだ捜査段階であり、こうした意図的なリークを、巨大な権力を背景に持つ検察が行うことに、何か危ういものを感じる。検察は、自らの捜査が正当なものであるという印象を世の中に与えたいと考えているのだろう。もしかしたら、それ以上の意図を持っているのかもしれない。マスコミが、繰り返し、こうした確定的でない情報を流すことにより、国民は、検察の意図通りにこの問題を捉えることになる。こうしたリークをただ垂れ流すマスコミは、自ら検証する作業を放棄し、権力に阿っているといわれても仕方ないだろう。

きっこのブログ」でも、この問題が同じ切り口で取り上げられていた。同ブログでも言及されていたが、大阪高検の検事が、内部の不祥事を告発しようとしたら、微罪で収監され有罪にされてしまったということが数年前にあった。また、別なネットの情報では、検事総長経験者の多くが、マスコミ・大企業に天下っている。さらに、検察に問題があることを教えてくれたのは、福島県立大野病院事件での福島地検だった。検察は、強大な権力を持ち、国の法秩序を成立させる一翼を担っているのであるから、もし問題があるとしたら、それを即座に解決し取り除くことが必要だ。

そういえば、「かんぽの宿」問題が何処かに吹っ飛んでしまったような気配だ。これが、小泉構造改革の闇の部分を浮かび上がらせてくれるはずなのだが・・・。

また、NHKがニュースでやっている、「関係者の話では・・・」と(苦笑。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1318-d6b6e420