FC2ブログ

送別会 

今夜は、近くのイタリアンレストランで、今春退職されるお二方の送別会。二人共に、受け付け事務を受け持ってくださっていた。お一人は、先のエントリーにも記した、看護師を目指して進学される方。3年半仕事を一緒にして頂いた。優秀な人材で、辞められるのは、私の職場にとって大きなロスだが、彼女のこれからの人生を考えると引き止められない。

もう一方は、専門学校卒業後、すぐに私の職場に来て下さり、6年間、一緒に仕事をして来られた。彼女は、経済的にも困らない環境にあり、少し休みたいという意向で、退職を申し出られた。この方は、小学生の頃から時々私が診察をしていた患者さんでもある。まだ若い方なので、医療事務を一生の仕事とするために、入院も扱うような大きな医療機関で訓練を受けた方が良いだろうと思って、送り出すことにした。

思い返すと、色々とあったが、ただただ感謝あるのみ。

残る6名のスタッフ、それに送るお二人に、これからの医療が厳しい状況が続くこと、そして私の職場が何時まで続けられるか分からないが、ここで仕事を一緒にして良かったと互いに思えるように、これからも力を合わせて行こうとお話した。縁があって、同じ職場に集い、また何時か時が来れば、この職場から散って行くのだ。

4月から、以前7年間受付として仕事をしてくださった方が復帰して下さる。

大荒れの海原にお二人を送り出し、また自らも残るスタッフとともに漕ぎ出す船乗りのような気持ちだが、出来るところまで仕事を続けよう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1328-11673a57