FC2ブログ

多忙な週末 

忙しい週末だった。忙しくなった理由は、土曜日の午後に東京で開催された室内楽の発表会で演奏するために、休診とせずに、無理矢理早朝に診療し、東京に日帰りの窮屈なドライブをしたため。仕事場では、以前から告知してあったこともあり、数名だけの来院だった。後で分かったが、この程度の人数の診療の収入では、スタッフの給与もままならない。小規模にしてしばらく仕事を続けるというのは非現実的で、徐々にフェイドアウトするのは経営的に難しいのかもしれない。

9時ちょっと過ぎに、仕事場を出て、いざ東京に向かう。常磐自動車道で都内に入る辺りまでは順調に進めたのだが、都内の高速はごった返していた。都の南部に行かねばならないので、湾岸線に回って、予定時刻を少し過ぎただけで、会場に着くことができた。あの混雑は、土曜日の午前中にはありふれたことなのだろうか。例の期間限定高速道路料金のバーゲンセールの所為ではなかったのか。ニュースでは地方の高速道路の交通量が二倍になったが、渋滞はでなかったと口をそろえて報道していたが、どんなものだろう。

ピアノを弾く方も、場所を間違えて、私と同じくらいに到着。早速、ピアノトリオのリハ。最初上がってしまい、ビブラートがかからない(笑。アマチュアの演奏者が聴衆としている前で弾くといつも自意識過剰になり、こうなってしまう。しかし、途中から調子が上がってきて、思い切り気分良く弾くことができた。テンポがこれまでの練習時よりもかなり早かったが・・・。それでも、聴いていてくださった方が、自然に拍手をして下さった。本番も、大きなポカを一箇所したが、それ以外はまぁまぁか。同年輩の共演者お二方とこころを合わせて弾くことができて、幸いなことだった。最近は、こうして弾くたびに、弾いている最中に、自分の人生のなかでこうして何度弾くことができるのだろうかと考えてしまう。共演者の方々と記念写真を撮影。打ち上げには出ないで、また仕事場に・・・。

二名の急患を診て、疲れのため、仕事場でしばらく呆然としていた・・・といってもネットを見て回っていたのだが・・・。

帰宅して、Randy W6SJと7メガでお会いした。奥様が、膝の手術を受けた。が、順調に回復していて、近いうちに、スペインに旅行に出かける、とか・・・。演奏会でメンデルスゾーンを弾いてきたと言うと、メンデルスゾーンのピアノトリオ1番を知っているかと、彼が尋ねてきた。その曲を弾いたのですよと答える(一部の楽章だけだったけれど)。彼は、「おおそうか、あの曲は愛らしい名曲だ」と応える。彼は、パシフィック交響楽団というプロのオケの名誉理事長でもあり、クラシックには詳しいのだ。

というわけで、メンデルスゾーンのかろやかな感傷に彩られた、美しい旋律が頭のなかで鳴り響くままに、眠りについたのだった・・・あぁ、疲れた・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1344-94ac5056