FC2ブログ

医療機関経営破たんの先に来るもの 

かんぽの宿は、宿泊料を極めて低廉に抑えられていた。その結果、経営状態が悪化し、民間への売却価格が低く抑えられた・・・という説がある。売却先も政官に食い込んだオリックスという会社に事前に決められていた。すべてお膳どおりに運びそうだったが・・・少し、ずっこけているらしい。

そうした民間への売却を早め、また売却価格を抑える施策が、医療機関に対しても行われているように思える。民間医療機関、病院の1/4、診療所の1/3が赤字だというデータだ。一方、公的医療機関は8割近くが赤字というデータも出ている。こうしたデータは、昨年の診療報酬削減前のデータなので、現在はこれよりも悪化しているものと推測される。

公的医療機関を独立法人化しようが、民間委譲しようが、赤字化する可能性が極めて高い。

民間市場で赤字が続けば、経営破たんである。恐らく、民間医療機関の半数以上、それに公的医療機関の大半が経営破たんする。

で、その後に日本の医療を担おうと虎視眈々としているのが、オリックスのような政商の経営する資本、それに外国の資本である。彼等は、医療機関を安価に仕入れ、そこで巨額の利益を上げる積りなのだろう。それで「効率化」が実現すれば、国民にとっても良いことなのかもしれない・・・が、そうはならない。効率化とは、利益を上げることと同義なのだ。そして、生命を扱う医療を民間が経営すれば、そのコストの上限はなくなる。国民の内、ごく一部の持てる層以外には、医療にかかることは容易なことではなくなるはずだ。それに、高価な民間医療保険に入らなければならなくなり、民間医療保健会社との支払いの交渉に多大な労力と時間を割かねばならなくなる。

さて、そうした方向に向かっていることを国民はどれだけ理解しているのだろうか。


以下、引用~~~

民間病院の4分の1が赤字 日医総研WP、診療所では3分の1
09/04/13
記事:Japan Medicine
提供:じほう

 日本医師会総合政策研究機構はこのほど、「赤字民間医療機関のマネジメント上の課題」をテーマにワーキングペーパー(WP)をまとめた。2007年度の決算データから、民間の医療機関のうち病院では約4分の1、診療所では約3分の1が赤字だったと指摘。日本の医療提供体制は「民主導」であり、民間医療機関が国民の健康を維持するため極めて重要な国家戦略上の資源になっているとし、医療費抑制策の見直しなど、売上総利益の確保に向けた政策的対応が求められると提言した。

 WPは、TKC全国会発行の「TKC医業経営指標(M-BAST)2008年度版」から得られた民間の病院685施設、診療所3178施設の07年度決算データを調査対象に分析した。TKC全国会は会員数約9600人の税理士・公認会計士の全国ネットワークで、株式会社TKCの会計システムを使用した財務データに基づき、TKC医業経営指標を集計している。

 病院は、黒字が509施設(74.3%)、赤字が176施設(25.7%)で、赤字病院は全体の約4分の1。診療所では、黒字が2104施設(66.2%)、赤字が1074施設(33.8%)で、約3分の1の診療所が赤字だった。赤字医療機関は病院・診療所ともに、事業規模が黒字医療機関よりも小さかった。赤字医療機関の従業員数・医業収益高・総資産はすべて黒字医療機関を下回る結果を得た。

●赤字病院の生産性高い

 一方、赤字病院の従業員1人当たりの生産性は、黒字病院をわずかに上回ることも明らかになった。ただWPは、仕入れや人件費などの面で、赤字病院は黒字病院と比べて効率性を損ねていることがうかがえると指摘している。

 従業員1人当たりの売上総利益を見ると、赤字病院は黒字病院との比較で96.5%にとどまり、従業員1人当たり人件費は赤字病院が黒字病院を上回った。

●赤字医療機関で過大な借り入れ

 赤字医療機関は黒字医療医機関よりも過大な借り入れをしていることも分かった。WPは、経営不振に陥る民間医療機関から「過去の過剰投資に対する弁済が経営を圧迫している」と指摘する声が多く上がっていると指摘。今回の分析データはそれを裏付けているとした。

 ただ、民間の医療機関の資金調達は金融機関からの借り入れなど間接金融にほぼ限定され、特にバブル期に過大評価された土地建物を担保に安易な融資が行われていた側面もあると指摘。別途検討する必要があるとした。


コメント

No title

潰れた医療機関をオリックスや外資に安く売るんでしょうね。それを買った金貸し共が医療を食い物にするという構図が見え見えです。

No title

仰られるとおりですね。加えて、官僚が医療支配を企てています。医療は、すべての点で、崩壊する方向に向かっているように思います。今できることは、その過程を記録し、発信しておくことだけでしょうか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1363-ef2c6041