FC2ブログ

東京女子医大事件 

マスコミ批判を主体に、健筆を振るっておられる岡田氏が、ご自身のブログ「噛み付き評論」で、東京女子医大事件に関して優れた評論を行っておられる。ここ。是非、ご一読を。

マスコミと検察が共犯関係にあるという指摘は、まさにその通りだ。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

いえ、フォーレやショーソンなども、一応ロマン派に属するのではないかと思います。バッハ等の古典も好きですが。ロマン派も、外延的といいますから、ひたすら規模を拡大し、美的な効果を追求する立場の作曲家群と、より内面に集中してゆく作曲家群がいるように思います。後者の代表が、ブラームスなのではないでしょうか。ワグナー、マーラー、リスト等は、前者に属するのではないかと思います。素人の見方ですが・・・そのようなわけで、ロマン派と一括りにすることは無理があるのではないかと思います。素人の独りよがりな意見です。

ただ、ロマン派全体を否定的にみる音楽家、愛好家もいらっしゃることは良く存じています。あの感情を移入する音楽に我慢がならないのでしょうね。厚化粧の音楽と思えるのでしょう。そうした方々は、所謂現代音楽と、バロック以前の音楽を好まれるのでしょう。そうした方々のお考えも良く分かります。

今後ともよろしくお願いいたします。

Re: Re: No title

訂正;

ロマン派も、外延的といいますから、ひたすら規模を拡大し、美的な効果を追求する立場の作曲家群>>

ロマン派も、ひたすら規模を拡大し、美的な効果を追求する立場の作曲家群

○○派という分類

いや、参りました。私よりずっと豊富な知識をお持ちですね。確かに、ロマン派などと一括りにするのは無理があります。学校で教えるには必要でしょうけど。
また、作曲家に対する好みは○○派という分類とは関係なく生じることもよくあるようです(私もそうです)。
私の関心は主に歌曲とピアノ曲ということもあり、どうも視野が狭いようです。

こちらこそよろしくお願い致します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1372-9e35c8be