FC2ブログ

西室泰三氏からの手紙 

東芝の相談役、西室泰三氏から、封書が届いた。サインはあるが、本文・サインともにコピーされたもの。

先日、彼は、財政制度等審議会の座長として、社会保障予算の抑制を続けることを提言した。それに対して、東芝の子会社である、東芝メディカルシステムズ社のサイトから、批判のメールを差し上げた。それに対する、返答である。

私の出したメールは、記録がないのだが、恐らく、こんな内容だったのだと思う。

○社会保障予算の削減によって、医療は崩壊しつつある。財務省の諮問会議に過ぎない財政制度等審議会が、医療内容にまで発言することは許されない。

○社会保障予算は、国民すべてにかかわるもので、それを蔑ろにすることは、国民すべての社会保障を蔑ろにすることだ。

○日本経済は、内需をおろそかにし、外需頼みの構造になり、米国発の不況の波をもろにかぶっている。内需を拡充するためには、国民のセーフティネットである医療・社会保障を充実する必要がある。今回の提言は、それと逆行するものだ。

これに対して、西室氏の返答の骨子は;

○財政制度等審議会の座長として、委員の意見を取りまとめただけであり、この提言が、西室氏の個人的な見解ではない。

○西室氏は、東芝の相談役であり、東芝・東芝メディカルシステムズ社の意思決定には関わっていない(これは、東芝製品の不買も匂わせたクレームがあったための、言い訳のようだ)。

○意見は、今後の同審議会での議論の参考にさせてもらう。

こうした、行政のお膳立てした審議会・諮問会議の類が、結論先にありきの集まりで、行政の意向に沿った答申を出すことは良く知られている。西室氏が、自分へ批判が集中し、ましてや出身母体の東芝・東芝メディカルシステムズ社の売り上げに悪影響が出ては溜まらんと考えたのだろう。普通は、ネットを通しての批判など無視されるのだが、こうして私信の形で弁明を送ってくるところは、西室氏等財界の委員がこうした批判を無視できなくなっていることを反映しているのかもしれない。

審議会・諮問会議を通して官・財界が国を動かそうとするやり方は、目に余る。政治が直接彼等を監視すべきなのだが、それも上手く行っていない。我々にできることの一つは、影響力はまだまだ小さいが、直接企業に意見することなのかもしれない。勿論、西室氏の手紙にしても、単なる弁明に過ぎず、財界の動きが変わるとは毛頭思っていないが、彼等の思考・判断に、多少のブレーキをかけることになるかもしれない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1442-2e7cf839

西室泰三氏

ステトスコープ・チェロ・電鍵のnuttycellist氏(つづりが間違っていたらゴメンなさい)は医師ブロガーとして著名な方であり、きちんとした正論を常に主張されています。時に当ブログにもコメントを寄せて頂くこともあり、私もよく訪問させて頂いています。小児科の開業医と

  • [2009/06/23 07:50]
  • URL |
  • 新小児科医のつぶやき |
  • TOP ▲