FC2ブログ

互助組織 

Jim W6YAとの交信中、やはり休暇やリタイアのことに話題が及んだ。彼は、週4日の仕事にまで減らしている様子。休暇を2週間程度とって、別な趣味のダイビングをしに、南太平洋に行くことがあるらしい。

休暇を取る間、歯科医同士のネットワークで仕事の代りをしてくれる医師がやってきて、彼の仕事をカバーしてくれるらしい。彼が30年前に開業してから、既にその地域に存在していた、10から12名のメンバーからなる組織のようだ。メンバーはこの程度の人数に限定し、リタイアする等して欠員ができたら、それを補充するという形で運用しているようだ。明文化された会則等はないが、メンバーの誰かが体調を崩したといった場合、そのメンバーの仕事の一部をカバーすることになっているそうだ。ただ、軽症の症例だけに対応し、複雑な症例の治療は延期する。この30年間で、Jim自身4回、他のメンバーの手助けに駆けつけた。自身の健康問題で一度お世話になったらしい。

こうした医師・歯科医師の互助組織は、以前は医局だったのだろう。私も海外旅行をした20年近く前に、当時の病院に以前所属していた医局から代理医師を派遣してもらったことがあった。開業してからは、医局と疎遠になってしまったし、医局にも派遣できる人材がいなくなってきているのではないだろうか。

開業当初は、莫大な借金を抱えて、病気に倒れたらどうするか、ノイローゼになりそうになったこともある。開業医を助けてくれるはずの医師会も全く無力、というかこうした問題には無関心。開業医同士で互いに助け合う組織が必要なのかもしれない。経済的な問題がからむが、開業医としては自分の仕事場が一時的にせよ閉院を余儀なくされることはどうしても避けたいことだ。Jimの所属している組織のように、小規模で互いに顔の見えるような組織が望ましいのではないだろうか。

コメント

No title

彼は以前に3D2YAでQRVしたことがあります。
2008年に私が3D2YAでQRVした時に彼とQSOしました。

No title

Akiさん、一生懸命聴いていたのですが、残念ながら時間が合わなかったのか、聴こえませんでした。お元気で成果を上げてお帰りになられたようで何よりです。

3D2YAというコールで、彼が出ていたときに私も交信しました。ダイビングをするために、出かけた様子です。Akiさんと同じコールであることを、昨日思い起こしておりました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1461-9ff68031