FC2ブログ

マスコミは、権力を監視するはずではないのか? 

検察とマスコミ(新聞)の問題について、syunpoさんという方がブログで優れた論説を展開されている。少し前の記事だが、ここ。「西松事件と新聞」というタイトルのエントリーだ。

小沢一郎氏の問題は、彼が民主党党首を辞任するまでは、マスコミもしつこく追及していたが、辞任が決まると同時に潮が引くように、マスコミは問題にしなくなった。同じ構図の自民党二階大臣の問題も、検察審議会が不起訴不当として再捜査を検察にさせたが、結局不起訴で終わった。

一体、どんな力がどのように働いたのだろうか。マスコミは、検察や、時の権力の代弁者にしか過ぎないのだろうか。この問題における、検察の動きは公正さを著しく欠くもののように思える。

syunpoさんのブログに紹介された東京新聞の奮闘振りを知り、東京新聞に注文し、しばらく取っていなかった新聞をとることにした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1484-c8de3f55