FC2ブログ

散歩 

最近、夜遅く、散歩をしている。万歩計をつけて、杖代わりの木刀を片手に、暗闇の道を歩く。最初は、いろいろな想念が去来するが、その内、木刀のコツコツ路面を叩く音だけが、聞こえるようになり、ただ無心に歩く。周囲の畑から吹き渡る風に、少し涼しさを感じるようになってきた。

アリゾナ南部に住む、Tom K7GMFは、根っからのローバンダーで、このところ聞こえてこなかったのは、CONDXがよくなかったためだとのことだった。しかし、初秋のCONDXが時々現れるに伴い、夜の散歩の時間前後に出現し、しばし言葉を交わすことが多くなってきた。

散歩するのは、彼の場合は、朝のようだ・・・朝陽を浴びて、草原をのんびり歩いているのだろう。だが、散歩に際して、めぐり合う連中がいるらしい。ガラガラ蛇、毒蜘蛛それに蠍・・・等々。先日は、ガラガラ蛇を一匹退治したと言っていた。さすがに、米国の南西部だ。捕獲したガラガラ蛇を、彼の猫ちゃんのオカズにしたのか尋ねたら、彼女は、飼い主に似て野菜だけしか口にしないのだとか・・・。

私が、護身用も兼ねて、wooden swordを散歩に持ってゆくと言ったら、「おぉ、BOKKUTOUを持って行くのか?」と間髪いれずに、突っ込みがあった。「そうだ、BOKKUTOUだ。」と答えた。さすがに蛇に出くわすことはないのは当然だが、(むしろ、人間様の方が怖かったり・・・)とこころの中で思ったが、口には出さなかった。

散歩は、健康に良いといった理由付けだけで続けられるものではない、少なくとも私の場合は。歩いた後の爽快なかるい疲れが心地よいのだ。散歩を他の方に勧める積りも無い。人間は、飽食と運動不足には耐えられない身体の構造になっているようだ。貴方はどのようにして、その我々の本性に対処しているのか、とそっと尋ねてみたい、だけだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1490-3baab7d1