FC2ブログ

東京ハムフェア2009 

昨日は、仕事を終えて、一路東京晴海のビッグサイトに向かった。東京ハムフェアが開催されているのだ。常磐道から湾岸線に向かい、すぐに到着。2時間弱の道のり・・・ところが、帰りにトンでもない渋滞に巻き込まれ、結局下の道で遠回りし、3時間もかかってしまったのだったが・・・。

ハムフェアにでかけた目的は二つ。ARRLのDXCCカードチェックのために来ていた、Dick K4XUに会うことと、長年お目にかかることが懸案だったJJ8KGZLeoさんとのアイボールを実現することだった。

会場に着いて、うろちょろしていると、Dickがフラッと目の前に現れた。7年ほどまえに、仕事の旅行で日本に来られたときに、我が家に立ち寄られて以来のことだった。少し、髪の毛が以前よりも薄くなったかと思ったが、とても元気そう。喫茶店に行き、しばらく歓談した。今回の来日が、突然決まった様子。仕事の旅行をやりくりして、やってきたようだ。

無線のこと、ご家族のこと、自宅の様子などを伺った。来月早々に、ある病気で、手術を受けることになっている由。様々な治療法を比較検討して、開腹手術に決めたとのころだった。病状自体は、大きな問題ではない様子。手術後3日目には、退院する予定だそうだ・・・凄い。

独立して間もないクロアチアに彼が行っていたことが話題になった。どうも民間の仕事以外に、政府の「仕事」も依頼されていたようだ。興味深かったのが、国連平和維持活動UNPKOの彼の評価である。UNPKOは、平和維持を進めるのではなく、むしろ、紛争を長引かせるように働く、というのである。とくに開発途上国から派遣されたUNPKO要員にとって、そこでの仕事での収入は母国での仕事に較べて、とても恵まれているために、ややもすると紛争長期化の方向に向かうように仕事をしている、酷い有様だったと言うのだ。

国連が官僚化し、硬直化しているとは時に耳にすることだったが、現場で国連組織の働きを直接眼にした彼の言葉には真実味があった。このような状況がすべてではないだろうが、UNPKOであれば、何も問題なし、支持すべきと反射的に考えることには問題があるだろう。

62歳になった彼は、無線に余りに費やしてしまったために、まだ退職は出来ないといって、悪戯っぽく笑っていた。後少なくとも3年は現在の仕事を続けるつもりらしい。また来年の春来日する予定なので、その時の再開を約してお別れした・・・最初、ARRLブースの仕事で15分の休み時間が取れたと言っていたのだが、1時間超話し込んで、大丈夫だったか・・・確か、幼馴染のK1ZZも一緒に来ているとのことだったので、大丈夫だったのだろう・・・。

喫茶店でDickと話し込んでいると、中年の男性が3名近づいてきて、私であるかと尋ねてこられた。Leo氏ほか2名、無線ではよくお世話になっている方々だった。Dickに紹介し、その後、FEAのブースに向かった。ほとんど初対面の方々が多かったが、数名の方々とご挨拶。Leoさんには、その昔、キューバからの来客Ed CO2MAが小さな無線機を持って帰りたいと私に依頼してこられたときに、ご自身の機械を融通して頂いたことがあって、一度直接お目にかかって御礼をと思い続けてきたのだった。実際にお目にかかると、御礼することはできず、雑談になってしまったが、旧友にお目にかかる気持ちであった。その他にも、ゆっくりお話ししたい方々もおられたが、宴会に出るわけにもいかず、ご挨拶程度で失礼した。ヘッドセットを以前ご親切にもお送りくださったIsaoさんとも殆どお話しすることができなかった。Sugiさんとは、数年ぶりに少し立ち話。会場が閉まる時間になり、JA1ELY草野氏にご挨拶して、帰路についた。

コメント

10年来の念願だった初めてのアイボールQSOがかない、とても嬉しかったです。
有難うございました。

こちらこそ、ありがとうございました。立ち話程度しかできませんでしたが、またゆっくりお目にかかりましょう。お疲れ様でした。

当方も土曜日に行っていました。後でTTG安部さん(午後少し雑談)からSHINさんと会ったと聞き残念な思いをしました。LeoさんのCWは時々7026近辺で聞いているのでぜひお会いしたいと思ってますが、土曜日に来られていたのですね。残念。

akiさんから、貴兄がいらっしゃっていたことを伺いました。お会いできたら、20数年ぶり、ほとんど30年ぶりの再会になるところでしたね。また、いつかお目にかかりましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1497-6a7a33da