FC2ブログ

近況 

日中、やはり仕事をし、夕方日の暮れる前に、自宅に戻った。7メガでヨーロッパがロングパスで聞こえることを期待していたのだ。7メガは南米に良く開けていた。7008付近でCQを出す。弱い局が呼んでくるのだが、同時にJF1某局がしつこく呼んでくる。2,3度QRZ DXを連呼して、ようやく、そのJF1氏は消えてくれた。この季節、7010以下はDXだけのために空けて欲しいもの。それに、DXの指定を無視する、ないしコピーできないのであれば、呼んでは不味いだろう。

で、呼んできてくれた局は、GA4までは取れたが、サフィックスまで了解できず。スコットランドの特別プリフィックスの局のようだ。信号は、時々ノイズレベルよりも僅かに浮かび上がる程度。今シーズンの7メガでヨーロッパをロングパスで初めて聴いた瞬間だった。たったそれだけのことなのだが、何かうきうきして来るのは、昔からのことだ。来年の1月位までの間、西ヨーロッパが日の暮れる頃に聞こえるようになる。昔は、G3FXB、GW3YDXそれにG4BUEやらがブンブンいわせて強い信号を送り込んできたものだが、最近は少なくともUKからの強力な信号を聞かない。

チェロがようやく弾けるようになり、音階練習、それに思い立って、フォーレの「夢のあとに」をさらい直している。フィンガリングを変えることで、フレージングが改善することを実感。チェロは、音が飛ぶのが苦手だが、それだけにフィンガリングの工夫で、演奏効果が大きく変わる。後半、ハイポジションで降りてくる音型の途中の音程が決まっていないことに気付く。繰り返し練習。11月3日のブラームストリオの練習に向けて、また練習をしなければ・・・。

オーディオスピーカーの位置を変更した。6畳弱の広さしかない私の居室で、KEFのトールボーイタイプのスピーカーを鳴らしているのだが、聞く位置がスピーカーに近すぎたために、音像を聞き取ることができなかった。スピーカーを聞く位置から離した。すると、しっかり音源の楽器の位置が聞き分けられるようになった。フローリングのためと、スピーカーの特性のためか、低音域が少ししまりなく伸びすぎのようだが、不快に感じるほどでもないので、そのままに。フォーレのピアノ四重奏曲、1,2番を聴く。2番をスコア片手に聴いたのだが、とても複雑な構成、リズム、調性の変化に改めて驚く。フォーレの音楽には、聴く者を引き込まずにはいない魅力がある。

のんびり進めている読書は、佐伯隆光著「市場主義の終焉」を読了。第三の道を目指さなければならないことを改めて教えられた。現在、盛山和夫著「リベラリズムとは何か」に取り掛かっている。マルキシズムが歴史的に退場し、その後リベラリズムに裏打ちされた新自由主義が出現した。リベラリズムの思想史的意義を十分理解する必要がある。それによって、「第三の道」が見えてくるのではないか・・・という思いで読み進めている。現在、金融経済の混乱にだけ目をやるのではなく、その背後にある思想的な動きに注目する必要がある。その意味でも、大きな変化の時代にさしかかっているようだ。

残された時間にどれだけのことができるのだろう・・・さて、明日からまた戦いだ・・・。

コメント

太平洋諸国のぺディションが盛んのようです。地震の直後にKH8が出てきたのにはびっくり・・・
ラグチュー派にはきっと迷惑な話なんでしょうね。皆さん20KHzくらい拡がって呼んでますから。

>残された時間にどれだけのことができるのだろう・・・
NUTさんほどいろいろなことはできないでしょうけど、まったく同感です。

VVXさん

アメリカンサモアの局が、3.5メガに出ていましたね。3D2CやらTX5やら賑やかなことです。FT5GAは、聞くだけでも聞いておきたいと思っていたのですが、それらしいのを数日前一度聞いただけでした・・・ニューワンではないのですが。今夜は、レユニオンのFR5BTが7メガでS8位振って入っていましたが、結局FT5GAは聞こえず仕舞いでした。一頃、CWでP5以外の全エンティティを交信してしまい、かつDXをやっている連中(の一部)に子供じみた行動をする方がおられるのを目の当りにして、DXにはすっかり関心が薄れました(二昔近く前の話です)。

ラグチューができなくなったら、キーボードのキーをポンと押して、パイルに参加しようかと思います。

いやいや、VVXさんは、まだお若いから、これからが楽しみですね。私は、老化防止のためだけにいろいろと手を出しては、中途半端に終わっているという状況です。本業ともども、ますます頑張ってください。

歳はNUTさんとそんなに離れてませんよ~。

えっ、そうなんですか。それでは、何時か同門会をお茶の水ででもやりましょう 笑。お会いするのを楽しみにしています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1529-3e0139e7