FC2ブログ

よほどきちんとした理屈をたてなければ・・・ 

よほどきちんとした理屈をたてなければ、マニフェストで判断し投票した、国民の努力が報われなくなる・・・笑。

復習・・・事業仕分けは、財務省主計局が立案、実施した。

対象事業は、全体の15%のみ。

財務省関連の特殊法人は、たった一つが対象になっただけ。

特別会計への切り込みは、はなはだ不十分


民主党政権は、半世紀続いた自民党政権で溜まった澱とヘドロとを白日のもとにさらすことだけが、その役割なのかもしれない。戦前から続く、官僚制には何も手をつけることはできないで終わるのか。

あまり言いたくはないが、国民が、この事業仕分けとやらを支持するのであれば、医療を崩壊させるという結論で良いのかもしれない。これ以上医療が締め上げられたら、保険診療制度自体が崩壊する。公的保険がなくなり、医療介護が保険資本の草刈場になって初めて、現在ようやく保たれている医療体制の有り難味を国民は知ることになるのだろう。我々医療人は、それでも困らない。困るのは、大多数の国民だ。


以下、読売新聞より引用~~~


鳩山首相、長妻厚労相の対応批判…事業仕分け
12月3日21時44分配信 読売新聞

鳩山首相は3日、行政刷新会議による事業仕分けの評価結果の一部を長妻厚生労働相が受け入れないと表明したことについて、「よほどきちんとした理屈をたてなければ、事業仕 分けの努力が報われなくなる」と批判した。

長妻氏は2日、仕分け対象となった厚労省所管の51事業のうち、診療報酬など19事業について「評価結果通りの対応は困難だ」とする見解を発表し
た。

コメント

あれ、確かマニフェストには医療費増額をうたってたはずなんですが。ばかばかしくて確認する気も起こりません。鳩山総理にとってはマニフェストよりも財務官僚のほうがきっと重要なんでしょうね。

shinさんとはいつかきっとお会いしたいと思っております。

OECD平均まで上げると明確に記されていますね。

よほどきちんと理屈を考えて、説明してもらいたいものですね 笑。

医療を徹底して絞り上げる財務省の方針に、民主党が乗りかかっていることは良く分かりましたので、後は静観するのみです。

鳩山兄弟への、親からの財産分与の仕方をみると、こうして世襲政治家が生まれるのかと改めて思いますね。あまり関心が湧かないことではありますが、脱税を首相がしているとしたら、不味いですね。

先ほど、医師会から、「学校で」インフルエンザの個別的集団接種(笑)をしてくれと言ってきました。平日に、スタッフもこちらから出して・・・。アナフィラクシスを起こしたら、どうする積りなのでしょうか。

その内、のんびり同門会でも致しましょう。

ワロタ

>先ほど、医師会から、「学校で」インフルエンザの個別的集団接種(笑)をしてくれと言ってきました。平日に、スタッフもこちらから出して・・・。

ひょっとして受託診療機関外での接種の届出も「自分」でしてですか。出先とは言え、事務手続きは同じですから、接種済証の発行から、領収証、お釣りも全部用意して、出前集団個別接種とは畏れ入ります。自費カルテの作成も必要ですよね。

これで会場使用料を取られたら、笑いがとまりません。しかし神戸でも絶対言い出さないと限りませんから、笑い事ではないかもしれません。マスコミの称賛記事だけは期待できるかも・・・。

いえいえ、無料奉仕なのかもしれません。予防接種バイアルは、個別医療機関で購入とだけ記されていましたが、当日の費用徴収、人件費費用弁済の方法が何も書いてありませんでしたから。

副作用出現時の対応、その後の対応、それに費用の件を地区医師会長にFAXで問い合わせました。返事がなければ、私は参加しないことにします。

この「非常時」だから協力しろと記されていましたが、どこが非常時なのでしょうか。行政と、それにタッグを組んだ医師会の方がよほど非常時ではないでしょうか。

鳥インフルエンザの場合の混乱振りが今から予測できますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1581-cb8988be

神戸の新型ワクチンを巡るちょっとしたお話 2

神戸の新型ワクチンを巡るちょっとしたお話の続きと言うか、後日談です。少しだけ前回のお話を振り返ると、神戸市行政と神戸市医師会が集団接種計画に一旦合意しながら、突然否定的意見が行政側から飛び出して白紙状態に戻ったというものです。行政側の否定的見解を再掲して

  • [2009/12/05 08:13]
  • URL |
  • 新小児科医のつぶやき |
  • TOP ▲