FC2ブログ

週末の午後 

今週の日曜日(週が日曜から始まるという西洋式の数え方で)に、Tさん宅でピアノトリオの練習を行った。この練習、6月に始めて、これで4回目か・・・。1,2楽章をサクッと練習。チェロは、まだまだ個別に練習すべきところが多くあるのだが、アンサンブルとしては、あるプラトーに既に達したような気もする。だが、全体に、もう少しテンポを上げなくてはいけない。それに、テンポの変化をもう少し意識的に行う必要がある。最後に、二度ほど録音してお終い。

来月、とあるところで、二楽章だけ発表するのだが、3、4楽章にもチャレンジしようということになりそう・・・。いよいよお仕舞いのところで、スメタナのト短調のピアノトリオの譜面を持ち出して、「ちょっと弾いて見ない?」と切り出した。「うっ」と引かれるかと思いきや、バイオリンのTさん「これ、弾いてみたかった~」という反応。ピアノのNさんも初見だが、早速弾いてみることに・・・冒頭のバイオリンのソロ、Tさんの骨のある演奏が素晴らしい。バイオリンの主題提示が終わったところで、チェロが対位法的に絡み、ピアノが主題を受け継ぐ。冒頭からテンションの高い、緊張感のある音楽。今回の初見大会は、第一主題提示部まで。第二主題に、チェロに甘美な旋律が与えられている・・・その後、弦は、かなりシンドイ動きを要求される・・・。第一楽章の出だしのところだけだったが、初見でこれだけ弾いてしまうのだ、と感心させられた。この曲が、次の曲目の第一候補になるかもしれない。

今朝、14メガに少しだけ顔を出した。かのピアノ弾きのMike W7LPVが、呼んできてくれた。出勤時間が迫っていたのだが、しばらく近況報告をしあった。彼は、教会でのボランティアとして、ピアノ演奏を続けている様子。弦楽器奏者を見つけて、室内楽にチャレンジしてみたらと言ったら、その積りでいるとのことだった。我々の練習をCDに落して送るからと、夏前に彼に約束していたのを思い出し、つい、「そろそろ送るから・・・」と言ってしまった。最近の演奏の録音を送る積りだったのだが・・・今日、ICリコーダーに収めた演奏記録をPCに落そうとしても、転送できないことが判明。何か、手続きの間違いなのかもしれないが、とりあえず、6月の演奏をCDに落して送る手はずを整えた。John 9V1VVも聴きたがっていたので、彼のために一枚焼いた・・・受け取るほうは、迷惑かもしれないけれど・・・ま、良いではないか。年末のご挨拶だ。

さて、仕事場に居残って、こんなことをしていたが、そろそろ自宅に戻ることにしよう。午後の急患は二名。H1N1も少し収まってきた様子。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1589-ac9f9803