FC2ブログ

四つのパス 

米国東海岸、それに恐らくはアフリカ西海岸への7メガのパスは四つある。ただし、3)4)の命名および解釈は、私の独自なもの。

1)ショートパス 文字通り最短のルートをとる。東海岸の場合。北東から北北東。

2)ロングパス ショートパスの180度反対向き。ショートパスの開ける時間帯と半日異なる時間帯に開ける。

3)偏位したパス(skewed path)その1 南太平洋周りのパス。磁気嵐が起きて、ショートパスが不調なときに、しばしば経験する。

4)偏位したパス(skewed path)その2 北極経由のパス。早朝に経験する。太陽面活動が比較的安定しているときに、稀に経験する。

今朝、6時頃、7メガで北米東海岸が聞こえていた。当然、時期からして、2)のパスと思ったが、インド洋方面にビームを向けると、信号が消えてしまう。

ショートパスでも若干弱くなる。真北、北極へ向けると、ショートパスに比べて、信号が少し強くなる。ただ、ビームの効き方は、ブロード。ヨーロッパも同じパスで入感する。信号は、僅かなフラッターを伴っている。聞こえてくるのは、リニアにビーム組が主体で、ベアフット・ワイアーアンテナでは少し厳しいかもしれない。やはり極地での減衰はあるのだろう。

このパスが消滅するまで聞き続けたわけではないが、恐らくロングパスと同じような時間帯に生じるのかもしれない。パスの距離が、ロングパスに比べて短い分、少し長めに開けるのかもしれない。

3)4)いずれのパスも、期待しうるパス1)2)が地球物理現象によって阻害されるときに生じる(ことが多い)ことも興味深い。電離層の電波反射要因は、トータルにある決められた「量」からなり、あるパスが閉じると、別なパスが活性化するという機序が働くのかもしれない等と想像を逞しくしながら、フラッターに彩られた信号に耳を傾けていた。

そういえば、昨日深夜に7メガでスコットランドからも呼ばれた。solar fluxは低値らしいが、CONDXは良さそう・・・。

さて、あと一人急患対応をして帰るとするか。大晦日なんて気分にはならないが、鮭で昆布巻きを作ってみる予定だ。

コメント

来年もお元気でお過ごしください!

ありがとうございます

元気いただいて越年できます。
どうぞ、良いお年を。

今朝方NUTさんがK1RM、K2AXXとQSOしていたのをワッチしていました。Beamを北極に向けているという内容を聞いていましたが、こうしたパスのことだったのですね。
今朝当局がQSOしたK2NG局は、CQを出していたときは559でしたが、当局をpick upしてくれた後に「NW LP, NW SP」とビームを切り替えて教えてくれました(SteppIRを使っているのでしょうか)。SPにしたら599にアップしました。それで今日の伝播はロングパスではないことを知りました。冬の明け方、21zころの東海岸はLPでつながるものだとばかり思っていましたがGP使用の当局にはなかなか理解できないことをNUTさんとK2NGに教えていただきました。ありがとうございました。


さて、先日QSLを見直していたら、2009年元旦(WAの2008年大晦日)に14メガで会ったW9FFU Glennさん(今年94歳、おそらく小生がQSOした最高齢のhamと思います)から届いたカードに ”Perhaps you know JA1NUT, a doctor in ……(最後の2wordsが達筆で読めず).”とありました。NUTさんもどこかでGlennのことを言及したことがありましたでしょうか?

ブログ楽しみに拝見しております。新旧取り混ぜてのお話、来年もよろしくお願いいたします。

Akiさん・ぽんさん

今年はありがとうございました。どうぞ良い新年をお迎えください。

WFFさん

しばらくぶりでした。

10月から11月頃にかけて、正真正銘のショートパスで米国、特に西海岸が、弱い信号でしたが、朝方入感しておりました。今朝は、それとはまた違うパスでしたね。GPで東海岸と交信なさるとは大したものです。

W9FFU、何度も交信した記憶があります。お歳を感じさせない、かくしゃくとしたオペレーション振りだったように思います。が、この1年間位聞こえないなと思っていました。元気でいらっしゃるのでしょうか・・・。私が自己紹介して仕事のことに言及したのか、私のカードの記載を見たのか・・・いずれにしろ、貴兄と同じ地域と分かったのでしょうね。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

あけましておめでとうございます。

昨夜の交信で仰っていたのは、このことだったのですね。
ショートパスでもロングパスでもないパスは経験したことはありますが、深く考えたことはありませんでした。

相変わらずヘボオペですが、今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。

7MHzでの(3)(4)のパスの経験はないのですが、21のだと似たような経験はあります。

(3)は北極回りのパスが、調子がいいときに、W9から北欧が、W9の日没後、北欧では深夜までできました。

(4)は逆に北回りのパスが調子の悪いときに、赤道付近が、パスの両端から開いていて、前方散乱のようです。

おぉ、NRIさん

お久しぶりです。無線をまだやっていますか?コンテスト専門?

太陽が元気なころ、21メガでは、夜間全世界に同時に開けることがあったなと思い出しました。

W0AIHも聞こえなくなってしまいましたね。W0UAに尋ねたら、一応出ているようですが・・・時間が経ちました。XU0AAにキーヤーをドネートしてくれた、W9KNIも最近余り聞かなくなってしまいました。James 9V1YCは、ミッドウエー(K4M)に行ったり、元気のようですが、専らDX専門のようで、私は話をしばらくしていません。

またお立ち寄り下さい。お元気で。

ustさん

あけましておめでとうございます。

味のあるバグキーで、素晴らしいですね。

こうしたskewed pathは、様々なものがあるのかもしれません。短波帯の伝播等、あまりcutting edgeなテーマじゃないのでしょう。論文等であまりみかけません。

今年もよろしくお願いいたします。この一年も元気にお過ごし下さい。

ご挨拶の順序が前後してしまいました。

一応ときどきは無線はやってます。2009年はJO1ZEJ, JA8RWU, JH4WBY, 8N4HQ, 8N1ARDFからでてました。
もっとあちこちでかけたいところですが、7月に人事異動で責任だけが若干重くなり、以前はドタバタだったのが、ジタバタ飛んで回ってます。今日はJA3-JA1-W9-6Y-W9-F-OEにでかけるところです。飛行機で飛んでると、short passがどんなところで反射するのがよくわかります。

つくばと東海村の仕事が増えそうなので、またおじゃまさせてください。

W9KNI

仕事でウィーンにきています。週末は時間があるのでJH4RHF田中さんにお願いして、4U1VICで遊ばせてもらいました。夕方から40m CWで100局くらい交信しました。そのときにW9KNIに呼ばれました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1607-3ff15b27