FC2ブログ

本番終了 

昨日、午後某ホールでの本番終了。

午前中、急患を3名ほど診てから、チェロをかかえてTさん宅へ。昨夜、思いついた演奏法の変更を提案。
ご両親がご用意下さったオニギリを頂き、いざ演奏会場へ。

演奏会場は、とある地域の公的なホール。座席800席。ピアノはベーゼンドルファー。響きも良さそう。豪華なホール・・・こんなところにも、税金が湯水のように使われているのか、この地方自治体には似つかわしくないホールだな、などという感想がちらっと心に浮かんだが、そのような雑念は、すぐ振り捨てて、リハ室でもう一度、大切なところを合わせた。

どうも、この豪華ホールに閑古鳥が鳴いているので、使ってくださいという催しらしく、演奏者は結構多いのだが、聴衆は、関係者と思しき人々がチラホラ程度 笑。自分で曲目紹介をして、舞台に上がると、それなりに緊張。小さな事故がいくつかあったが、それなりに満足して弾けた。近くのイタリア料理屋で行った我々だけの打ち上げで、次は同じ曲の4楽章と決定。3楽章はあまりに難しそうなのでパス。スメタナが待っている・・・。

美女と野獣・・・。

2009 1 24 Brahms Trio Nr2

それにしても、疲れた・・・。

コメント

心地よい疲れなんですよね。多分。
二人のレディーとアンサンブルをするとWとお話されているのを聞いたので、お空でお会いしたら場所をお聞きしようと思っていましたがチャンスを逃してしまいました。
また聞きに行きたいです。

本番お疲れさまでした!

豪華すぎるホール・・・私の地元にあるような気が・・・であればなおさら、既に建っているからには、活用させて頂かないと、ですね。
次はスメタナのトリオでしょうか?一度、チェコの方の演奏で聞いたことがあります。中ごろのチェロの歌がたまらなく好きです。

Atsuさん

心地よくありませ~ん。若い時期には、心地よい疲労だったかもしれませんが、この年代になると、芯から疲れた~となります 苦笑。でも、達者なお嬢様方にお相手いただいて、愉しむことができ、ありがたいことだと思っています。まだまだ、更けられるか・・・という気分です。

近いうちに、このホールを何時間か借り切って、録音会をしようかと話し合っています・・・だけど、南関東からはちと遠いですね。機会がありましたら、お出で下さいね。

ククーロさん

あの規模の町の施設としては、豪華すぎではないかなと思ったのです。一頃、こうした建物を全国の自治体が競って建て続けていましたからね。せいぜい有効利用させていただこうと思いますが、気分は少し複雑です。

スメタナは、前から目をつけていた曲なのです。1楽章の第二主題が、チェロの可憐な旋律になっていますね。ViolinistのTさんも、音大時代に弾こうと思ってレッスンに持って行ったのですが、難しいと却下されたことがあったと言っていました・・・彼女の場合は、弾ける弾けないではなく、音楽的な表現の問題だったのでしょうが。過日、初見で少しだけ合わせたときの彼女のソロ、迫力がありました。シューマンのトリオなどという話も出ましたが、あれはアマチュアには辛い・・・。曲目を考えているときが、一番愉しいのかもしれません。

こうしてアンサンブルをしてくださる方々がいる幸せを噛みしめながら、また練習・練習です。何時まで続けられるかな、と思いながら。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1631-dadd3f48