FC2ブログ

ベートーベン後期弦楽四重奏曲 

ベートーベンの後期弦楽四重奏曲には、珠玉というか、絶品というべきか、空前絶後の作品が並んでいる。過去のすべての音楽作品のなかで、一つの頂点をなす作品群だと思う。

私は、特に作品131の嬰ハ短調、作品132のイ短調の作品が気に入っている。

劇暇な午前中の外来の合間に、前者を聴いていた。ライプチッヒ弦楽四重奏団の演奏。あやうく落涙しそうになるほどに素晴らしい。

今日は、晴れ上がっている。今朝、通勤途中、日光連山だけでなく、那須の山々もくっきりと青空に浮かび上がっていた。午後、これから思い立って、宮城の母を見舞いに出かける。

ベートーベンの後期の弦楽四重奏作品を聴きながら・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/1635-81af4800